藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
大人のミュージカル『ノートルダムの鐘』開幕
2016-12-13 Tue 16:33
ノートルダムの鐘
劇団四季の新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』が、四季劇場・秋で開幕しました。再開発で劇場が一時閉鎖されために、来年6月までの期間限定プレミアム公演。チケット争奪戦はいつもにも増して厳しいのですが、そんな苦労をしてでも、ぜひ観ていただきたい舞台です。原作は『レ・ミゼラブル』で知られる文豪ヴィクトル・ユゴーの『ノートルダム・ド・パリ』。ディズニーが1996年に制作したアニメ映画で知られる名曲も登場するものの、テイストは大きく変えられ、原作により近い重厚で深い演出。2014年にアメリカで初演され、待ちに待った日本版の上演です。

物語の舞台は15世紀末のパリ。ノートルダム大聖堂の鐘突き堂に閉じ込められ自由を夢見るカジモドと、大聖堂大助祭フロロー、警備隊長フィーバス、その3人が愛してしまうジプシーの娘エスメラルダとの四角関係による愛憎物語です。これまでのディズニーミュージカルと違って、大きなセット転換もなく、被り物や特殊メイクもありません。全体的に暗くて重い印象ですが、それだけに登場人物の心情の奥深くまで感じ取れる大人向けの作品です。いたるとことに、いかにもな演劇的演出が散りばめられていて、シンプルながら深読みの楽しみもあるので、舞台好きなら何度も観てみたくなるはずです。

作品を効果的に輝かせているのは、クワイヤ(聖歌隊)の存在。時には悲しく、時には力強く歌い上げ、民衆の狂言回し的な役割も果たしています。衣装の着脱を見せながらキャラクターを変えていくアンサンブルたちもそう。ついつい舞台を観に行くとプリンシパル(メインキャスト)に目が行きがちですが、この作品は、アンサンブルやクワイヤの重要性をより感じさせます。そんなキャストの中に、身に覚えのある方々を発見。『レ・ミゼラブル』など、様々な舞台でキャリア十分の高舛裕一さん安部三博さん。今回が四季の初舞台だそうですが、さすが存在感があって、舞台がきりっとしまります。(レミゼにもいてほしいのですが・・・)

ヴィクトル・ユゴーは、『レ・ミゼラブル』でもいえるのですが、登場人物に美と醜、愛と欲、善と悪など相反する特徴を与えて、複雑で人間的なキャラクターを生み出しました。それが見方によっては表と裏が逆転して見えたり、どちらが正義なのか迷わせたりしながら、物語の深みへと導いていきます。そして最後には、観客にその回答を突き付けてくるような気がします。歌って、踊って、恋をして!というミュージカルではない、骨太ミュージカルもたまにはいいんではないでしょうか。

ちなみに、ディズニーと劇団四季のコラボは今作で6回目です。良質な海外作品を忠実にかつ日本人にも伝わるように咀嚼する四季の底力には敬服するばかりですが、一方で数々のオリジナルミュージカルやストレートプレイも大事にしてほしいというのは私だけでなく、多くの四季ファンの願いです。四季=ディズニー劇団と言われないためにもお願いします。

『ノートルダムの鐘』は、東京公演が開幕前に9割売り切れるという人気のため、いったん来年7月から京都に移した後、再来年2018年4月に神奈川で開幕が決定しました。ずいぶん先の話ですが、それほど今、注目されている作品です。西日本のみなさんは、京都公演に期待しましょう。

早くも、劇団四季版CD発売決定


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ミュージカル『美女と野獣』新ベルデビュー
2016-11-13 Sun 20:40
美女と野獣京都
劇団四季『美女と野獣』が京都劇場で開幕しました。四季とディズニーのコラボは数々あれど1995年、これが記念すべき第一作です。今では四季の定番ミュージカルとはいえ、ここ数年は広島、静岡、仙台、福岡と全国でロングランをしていたので、関西では前回の京都公演以来、6年半ぶりという久々のお目見え。私は2014年1月の名古屋遠征以来で、ほぼ3年ぶりにビーストとベルに会ってきました。

この京都公演では、新しいキャストに注目です。新ビーストになんと!田邊真也さん、新しいベルには五所真理子さん井上希美さんが名を連ねています。きのう初日は田邊ビーストと去年からベルを務めている平田愛咲さんのコンビ。そしてきょうはベテラン佐野正幸さんのビーストに、新・井上ベルの組み合わせ。開幕初日と二日めでメインキャストが変わるって珍しい気がしますが、今後、それぞれの組み合わせの妙も期待できるというものです。

私が観劇したきょうは、佐野&井上組。井上さんはベルデビューでした。いやデビューとは全く感じさせない伸び伸びとして、元気でキュートなベルでした。表情が豊かで、歴代そうそうたる先輩たちが演じた役ながら、すでに井上カラーも感じさせてくれて大満足。相対するビーストの佐野さんは、もう安定感、信頼感抜群。人間に戻った時にちょっぴり年齢差を感じてしまいますが、いいコンビです。そうなると田邊さん、五所さんなどほかの組み合わせも気になってしかたないですね。

『美女と野獣』京都公演は早々と延長が決まって5月21日までのロングラン公演です。でも「まだまだ先だ」なんて思っていると、チケット取りそこないますから、早めにゲットすることをおすすめします。私は30回以上観ている作品ながら、今回は新たな感動と発見をさせてくれるカンパニーです。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新演出版『ウエストサイド物語』
2016-06-29 Wed 23:59
京都ウエストサイド物語
劇団四季のミュージカル『ウエストサイド物語』京都公演が開幕しました。『ウエストサイド~』といえば、1957年ブロードウェイで初演され、61年には映画が大ヒット、その後日本版を劇団四季が初演してからでも40年あまりがたつミュージカルの王道的作品です。手直しの隙のないほど完成されたこの作品は、演出にほとんど手が加えられず今日まで来ましたが、いま上演されているのは、今年の東京公演から取り入れた〝新演出版〟。これまで幾度も観劇している作品ですが、新演出はいかに・・・

セットや見せ方が変わっているのはもちろん、全体的な印象として違って感じたのがテンポが良くなったことと、感情のぶつかり合いがストレートで生々しくなったこと。そのため舞台上の緊張感、緊迫感が以前よりも増しました。いがみ合い、憎みあう二つの若者のグループ。その対立をストレートに見せつけられるからこそ、誰も得をしない無益な争いの愚かさや悲しさが際立っていることがわかります。

また、これまでは若い男の子たちの対立軸に叶わない恋物語をからめたストーリーと解釈していましたが、新演出では周りの女の子たちの役割りも感じさせてくれます。心の奥底や感情の動きまで丁寧に描こうとしていて、中でも大きな存在感を見せていたのがアニタ役の岡村美南さんでした。存在感に加え、華があって舞台を引き締めています。私にとっての岡村さんは『ウィキッド』のエルファバであり『夢から醒めた夢』のピコでしたが、最近の『クレイジー・フォー・ユー』のポリーといい、今回のアニタといい、さらに演技の幅を広げて四季の看板女優の仲間入りです。

ミュージカルの魅力は〝歌〟と〝踊り〟と〝芝居〟が融合していること。だから「歌はうまいけどダンスがね・・」とか「踊りはいいのに演技が残念」という役者ではダメなんです。アニタの岡村さんは男性陣に混ざっても見劣りしない切れのいいダンスに感情豊かな歌唱、そして芝居の表現力と三拍子二重丸でした。

この作品は古いけれど、今に通じる話ばかり。EU離脱でイギリスの移民問題がクローズアップされましたが、そんなことも連想させますし、若者の行き場のないモヤモヤとか、民族間の抗争とか現代が抱える問題そのものです。まったく古さどころか、新演出で洗練され、シャープでエッジの効いた〝新演出版〟ウエストサイド物語。オススメです。ネタバレするので書けませんが、けっこうショッキングな演出も加わって、観劇後の余韻も楽しめます。京都公演は来月24日までですが、その後は年明けまで、北海道から沖縄まで回ります。

ちなみに先日、スティーブン・スピルバーグが『ウエストサイド物語』のリメイクを企画していて、自らメガホンを取って再映画化する可能性があると報道されました。実現したら、こちらも楽しみですね。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG | NEXT
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。