FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
「々」って、どうよ?
2007-05-28 Mon 00:00
今でこそ、多くの人たちがパソコンを前に、苦もなくキーボードを打っていますが、20年あまり前は、まだワープロの時代。しかも、わざわざ街のワープロ教室に習いに行く人も多かったのです。

何を隠そう、当時、大学生だった私は『ワープロ・インストラクター』をしていました。カルチャースクールやビジネス講座で、会社員や自営業、主婦、子どもたち相手にワープロの使い方を教えていたんです。

その時に、生徒さんたちから一番多かった質問が「“々”は、何て入れれば出るんですか?」というもの。素朴な疑問ですが、知っていなければ入力できません。「次々」「島々」「人々」など、漢字を繰り返す「々」。これだけを変換で出すには、「どう」または「くりかえし」と入力します。これで「〃」も出てきます。これらは文字ではなく『繰り返し符号』と呼ばれています。

私は、「くりかえし」より「どう」と打ったほうが短いので、もっぱら「どう」を使っていたのですが、たまたま「くりかえし」と入れてみると、「ゝ・・・繰り返し(ひらがな)」、「ゞ・・・繰り返し(ひらがな)[濁点]」、「ヽ・・・繰り返し(カタカナ)」、「ヾ・・・繰り返し(カタカナ)[濁点]」もあることに気づきました。

古い、それも手書きの文章でしか使われないと思っていた「ゝ」や「ゞ」が、パソコンに生きていることと、ひらがなとカタカナの符号が、微妙に違っていることが、なんだか新鮮に感じました。「ゝ、ゞ、ヽ、ヾ」は、たまに見ることはあっても、使うことはありません。放送局や新聞社でも、固有名詞の「いすゞ」などをのぞけば「々」以外は使いません。「〃」は図表には使っていいことになっています。

「々」自体に読み方はなく、前の漢字と同じか、濁音にして発音するわけですが、例外もあります。それが「云々・・・うんぬん」。「うんうん(unun)」と言うべきところ、後ろの「うん」の「u」が、前の「n」に影響されて、「nu」に変化したものですね。

後輩の記者が原稿を打っているときに、「々」を入力するのに、「ささき」とか「よよぎ」とかを変換させて、削除するという面倒なことをしているのを見たことがあります。「々」は「どう」でいいんですよ。どうですか、知ってましたか?

ホームページ始めました。こちらもよろしくお願いします。
『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/