FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
伝わった「ごめんなさい」前編
2007-06-11 Mon 00:00
保身、執着、言い訳、責任転嫁・・・

社保庁にしてもコムスンにしても、トップのみっともない対応を見て、現場で働いている人たちはどう思っているのでしょうか。体裁だけの謝罪のことばからは、何も伝わってきません。ニュースを見ながら、ふと、ある出来事を思い出しました。

また演劇の話で恐縮ですが、6年前、休日を利用し、唐組の芝居を初めて観るために上京したときのことです。唐組とは唐十郎さん率いる劇団で、神社の境内や公園、空地などに紅いテントを建てて公演しています。観客席は地べたにゴザを敷いただけですから、座席番号などありません。劇団直売のチケットには整理番号が付いていて、その順番に入場するんですが、私のようにチケットぴあなどで買った場合は、当日の昼から発行される整理券(高校時代の食堂の食券みたいでした)を受けっとっておかねばなりません。

当時の私は、週末に長崎から上京すれば、土日に昼夜、つまり2日で4公演を観劇するのが普通でしたが、その時は整理券の件があったので、土曜日は、やむなく夜の唐組公演だけでした。まぁ、言い換えれば唐組に集中できたわけです。

公演場所は新宿副都心のビルの谷間にぽっかり空いた所。時間に間に合うように飛行機を予約し、配布30分前に到着。すでに数人が並んでいましたが、受け取ったのは「7番」ラッキーセブン。なにか、いいことありそう・・・と思ったのですが。

そのあと、開演までの5時間あまり、友人に会ったり、街をぶらぶらして時間をつぶしていたら、どしゃぶりになってきました。あわてて傘を買って、再び新宿副都心に向かったのですが、昼間と夜では雰囲気が違い、ましてや週末の夜でオフィスビルは閉まっているので、さんざん迷う羽目になりました。以前も書きましたが、私はかなりの方向音痴です。

ずぶ濡れになりながらも、ようやく到着したものの、なんだかようすがおかしいのです。まだ開場前のはずなのに、テントの周りにお客さんがほとんどいない。「もしかして、どしゃ降りなので、早く開場したのか?」[それならば、わざわざ昼間に取りにきたラッキーセブンの整理券はどうなるんだ!」と、不安に思いつつ近づいたら、現実はさらに悪いことになっていたのでした。

つづく

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/