FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
久間防衛相辞任に思う
2007-07-04 Wed 00:00
「原爆はしょうがない」発言で、久間章生防衛大臣が辞任しました。それこそ「しょうがない辞任」です。

私はこれまで、久間さんの演説や講演を何度も聞いてきましたが、発言は大変分かりやすく、ストレートで、そこから性格や人となりを感じていました。その一方で、

「大量破壊兵器開発を理由にしてイラク戦争を始めたのは、ブッシュ大統領の判断が間違っていた」

「私はアメリカに、あんまり偉そうにいってくれるな、日本のことは日本に任せてくれと言っている」

「アメリカは沖縄の人々の気持ちを理解していない」

など、過去にも、大臣として失言だと批判されたことがありました。たしかに閣僚としては軽率な発言ですが、私はどれも久間さんらしく、「アメリカ相手でも、堂々と信念を貫いた」という印象がありました。またそれらは、被爆県である長崎選出の国会議員だからこその発言だとも、思っていました。

それだけに、今回の「しょうがない」発言は、残念で悔しくてなりません。まさか伝えられている文字通りが本心だとは思いたくもありませんが、いずれにしてもお粗末すぎる発言、長崎県民の裏切られた思いは痛いほど分かります。

これまで「原爆投下は戦争の終結を早めるためだった」とアメリカ側が発言するたびに、アメリカとの埋められない距離を感じていたのに、今回、同じ発言をしたのが日本の大臣、それも防衛大臣で、長崎の久間さんだったことには、失望以外の何物でもありません。

さらに直後の安倍総理の「アメリカの考え方を紹介したものだ」という、とんちんかんな釈明が、ひどすぎました。今も、数多くの方が原爆の後遺症に苦しんでいることが、頭の隅にもありません。結局、日本の国にとって『平和』に対するスタンスは、こんなものだったと明らかにしてたようなものです。

言ってしまったものは取り返しがつきません。辞任しても済みません。今こそ、国には、この発言を打ち消すだけの、真摯で積極的な平和行政を求めます。決して久間さんだけの問題ではありません。態度で、行動で見せてください。

来月は、もう8月です。去年の平和記念式典で、亡くなった当時の伊藤一長市長が読み上げた平和宣言文を、閣僚はもとより、与野党すべての議員たちはもう一度、読み直すべきです。

 「人間は、いったい何をしているのか」と訴えた、あのことばを。


『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/