FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
舞台は楽し~マンマ・ミーア!(2)
2007-07-12 Thu 00:00
(1)は、こちら。

初めてこの作品を観たとき「保坂さんに新たなはまり役ができた」ことを確信しました。保坂さんとは劇団四季の看板女優、保坂知寿さんのこと。初演からひとりで主役のドナを演じ続けて、2年後には主演500回を達成しています。

彼女はこれまでにも数多くの作品に出演していて、マンマ以前から、私の大好きな女優さんです。特に、『クレイジー・フォー・ユー』のポリーや、『夢から醒めた夢』のピコに代表されるように、元気でパワフルな女の子を演じれば天下一品、、彼女の右に出るものはいませんでした。

しかし、年齢とともに“女の子”ばかりを演じられるわけもありません。そんなときに保坂さん演じるドナに出会って、私は「マンマ・ミーア!は保坂さんのためにある作品だ」と感じたのです。 強くて、かっこよくて、、それでいてかわいいドナ。そんな女性を表現できるのが、まさに保坂さんの真骨頂なのですから。

日本で劇団四季の『マンマ・ミーア!』のとりこになった私は、本場ロンドン・ウエストエンドにも、二ユーヨーク・ブロードウェイにも観劇に行きました。それぞれ演出も微妙に違い、ダンスや歌唱では、さすがに四季より上だと思う部分もありましたが、ことドナに関しては、間違いなく保坂さんが一番でした。それだけ舞台での『ドナ=保坂』がしっくりきているのです。

mamma.jpg
米版も英版もパンフは一緒どんまい?


保坂ドナは何度観ても、クオリティが一定で裏切りません。舞台に立った時の存在感で、ほかのキャストを引っ張り、作品全体を磨き、完成させます。それ故に、ソフィが輝き、父親候補3人の個性が際立ち、またスカイやペッパーら島の青年たちも生き生きしてくるんです。日本語版マンマの成功は、この人のおかげだと言っても、言いすぎではありません。

そんな大好きなミュージカル『マンマ・ミーア!』の福岡公演が始まったので、先日久しぶりに観に行くことにしました。元気をもらうために・・・。

でも、正直がっかりしました。途中で、悔しくて涙が出そうになりました。

つづく

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/