FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
これも大阪の文化や
2007-07-14 Sat 14:47
久々の大阪・ミナミです。タイガースファンが優勝を祝って、次々に飛び込み問題となった戎橋かいわいは、飛び込めない川に改造中。橋の周りは背の高い透明の柵で覆われ、いつ来ても工事現場のような味気ない通りになってしましました。おなじみグリコのネオン看板も、見えはするものの撮りにくく写メは断念。いわゆる『大阪のイメージカット』を撮るのに、取材カメラマンたちは苦労するだろうな・・・と、ちょっと同情。

大阪のイメージカットといえば、このあたりも有名どころ。

kuidaore.jpg
『くいだおれ』の看板人形、くいだおれ太郎

kanidouraku.jpg
『かに道楽』の動く巨大かに

zuboraya.jpg
『づぼらや』の巨大ふぐちょうちん

kinnryuu.jpg
『金龍ラーメン』の巨大龍オブジェ

どれもこれも、大阪らしく、街自体がテーマパークのようにも感じます。

大阪らしいといえば、ここ『ワッハ上方』
wahha.jpg

大阪府立の上方演芸資料館です。入場料400円で、なつかしの漫才、落語などの上方演芸が歴史を追いながら楽しめます。人生幸朗・生恵幸子、中田ダイマル・ラケット、海原お浜・小浜、島田洋乃介・今喜多代、若井はんじ・けんじ、フラワーショウ、宮川左近ショウ、Wヤング、上方柳次・柳太・・・などなど、子どもの頃、よく見ていた漫才は、今見ても笑えます。その『テンポと間』は、まさに名人芸。しゃべり手としても勉強になります。

また過去に放送されたテレビ、ラジオの演芸番組2500本が視聴できるライブラリーも併設されていて、ここだけの利用なら無料だというのは嬉しい限り。先日、映画「しゃべれども しゃべれども」でも引用された、桂枝雀さんの「饅頭こわい」を見てきました。うまいです。見事です。その表情の作り方が、何とも言えません。この人の落語は、音だけでなく、やはり映像によって、何倍も楽しめることを実感しました。

そんなことをしていたら、30分ほどのつもりで入ったのに、結局2時間も居座ってしまいました。いや、私の場合、ここなら一日いても飽きないような気がしますが・・・。

「笑いは大阪の文化」だというのを、つくずく感じます。大阪観光に来られる際は、観光名所や大阪の食文化はもちろん、笑いの文化もお忘れなく。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


スポンサーサイト



別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:3 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/