FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
平戸大橋が私を成長させた?
2007-07-19 Thu 19:35
友人からの写メを着信。開いてみると・・・

20070719192540.jpg


「おー懐かしい!平戸大橋だ」

ん?なぜ?

本文によると、「きょう、橋の下を通過していた貨物船のクレーンが、高圧送電線を切断して、3万戸で停電している」とのこと。取材と中継のため、現場に入っているようです。この暑さの中で停電とは、地元の皆さんは、さぞお困りだろうと、案じながらも、画像を見ていると、青い海、緑の山々、そして真っ赤な橋のコントラストが鮮やか。私の頭にも、あの美しい景色がよみがえってきました。

平戸大橋は、九州本土と『歴史とロマンの島・平戸』を結ぶ吊橋。1977(昭和52)年に完成し、当時は国内最大級の吊橋と言われ、一大観光名所になりました。私も平戸や、その先の生月島の取材では、よく利用しましたし、周辺からも何度も生中継した思い出の場所です。

中でも、印象深いのが『ズームイン!!朝!』の生中継で、道路から高さ30メートルの平戸大橋のてっぺんまで、時間内に上って、絶景を見せようという企画です。当然、普段は一般の人が入れる場所ではありません。途中までは簡易エレベーターで、そして後は、はしごで、息を切らしながら、てっぺんまでたどり着きました。

20070719192554.jpg下を覗くと真っ逆さま。高所恐怖症の私は、いま思い出しても、背筋がぞくぞくするほど怖かったんですが、一方で、圧倒されるくらいの絶景だったことも、よく覚えています。事故を知らせる写メで、思い出に浸るのは不謹慎ですが、ふとよみがえった記憶です。

そういえば、『ズームイン!!朝!』では、動くロープウェイの天井に上って中継したり、ハウステンボスのシンボルタワー・ドムトールンの避雷針にしがみついてリポートしたり、ハンググライダーで空からのリポートなんていうのもやりました。振り返れば、あの数々の、体を張った仕事があったからこそ、今の自分が存在していることは間違いありません。だから平戸大橋にも感謝なのです。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』



スポンサーサイト



別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/