FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
なめんなよ
2007-07-29 Sun 16:24
さっきもテレビで、あるサッカーのイベントのようすを放送していました。場所はモンゴル、ピッチを元気よく走る巨漢の男、中田英寿さんと並び、満面の笑顔で臨む記者会見・・・。腰の疲労骨折で「全治6週間」だからと、来月からの夏巡業を休場する横綱・朝青龍です。

朝青龍に関しては、ご存知の通り、以前から勝手な行動が問題になっていました。でも、今度の『骨折サッカー』は、相撲協会や勧進元、そして巡業を楽しみにしているファンをバカにするにもほどがあります。さらに日本を、日本人をも、おちょくられた気がします。巡業部は「今後、いっさい巡業に出なくて結構」との結論を出したいいますが、そんなことで決着はつかないはずです。

この件に関しては、朝青龍の横綱としての『資質』とか『品格』だとかが問われています。しかし、資質とか品格などというものは、一朝一夕に身に付くものではありません。「強ければ文句ないだろ」と思っている横綱に、いまさら「日本の相撲道とは、格式が、伝統が云々・・・」といっても、通じるはずがありません。これまで、相撲道を教えもせず自由気ままにさせてきた高砂親方、ならびに相撲協会の責任は小さくないはずです。今回のモンゴル帰国すら、親方は承知していなかったことには、あきれました。自覚のない横綱と、指導力のない親方に、あらためて、がっかり。

横綱とは、大相撲における最高位の格付け。本場所でいくら負け越そうが、何場所休場しようが、番付けが下がることがない特別な存在です。だからこそ、強いだけではいけないはず。なんだか、日本の真ん中に通る『芯』みたいなものが、どんどん抜かれている気がします。それにしても「全治6週間」の診断書って、いったい・・・。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/