FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
初詣の意味
2008-01-03 Thu 10:45
鹿嶋神社今年は、お正月らしいお正月を過ごしています。元日には、初詣に行ってきました。ここは地元で一番参拝客が多い神社。身動きもままならない大勢の初詣客の波にもまれながら順番を待ちます。おそらく、どの人もこの時点で、数ある願い事の中から、一番のお願いをひとつ、選んでいるのでしょうね。

私は、この列の中で、ある人から聞いた話を思い出していました。それは「年始にお参りをしたら、年末には、必ずお礼参りをしましょう」という教えです。「私たちの願い事をかなえるために神仏は、いろいろと動いてくれている。そのことに感謝の気持ちを忘れると、願い事を次の年に持ち越してしまうことになる。“願”をかけっぱなしにしていると、次の願いも聞き入れてもらえない」というものです。

そんな話を聞くまでは、お参りに行けば「あれが手に入りますように」とか「あれがうまくいきますように」などという具体的なお願いばかりしていた私ですが、最近は素直に、健康で暮らせていることに感謝できるようになりました。そうやって打算なく無心に手を合わせていると、一瞬、心静かになれることがわかります。

神社仏閣にお参りに行くということは、神や仏を通して、実は自分自身に語りかけることかもしれないと思います。かつて、漫然とあれやこれやお願い事を選んでいるときも、「今、自分が何をしたいのか」「目標は何か」を整理することにつながりましたし、神仏に感謝できると「正直に、真っ当に生きること」を自らに言い聞かせられるのです。お礼参りは、自分の願い事=目標の総括なのでしょう。

「神仏は敬えども、神仏に頼らず」とは宮本武蔵のことばです。私はそんな偉そうなことは言えませんが、ぜひ、お願い事ばかりではなく、自分と向き合う初詣をしてみてください。今までとは違ったすがすがしい気持ちになれますから。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/