FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
長崎で損した?
2008-01-05 Sat 01:26
電車先日、長崎観光をして来たという人から「損した~」と、ちょっと聞きずてならないことを言われました。よく聞いてみると、「路面電車で100円余分に取られた」とのこと。これについては今後、長崎を訪れる方もいるでしょうから、ぜひ覚えておいてください。

長崎市内を移動するのに欠かせない交通機関が路面電車です。4つの路線があって、主立った観光地はほぼカバーしています。また、どこまで乗っても『おとな100円、こども50円』という安さも売り物です。1984(昭和59)年から現在まで続く全区間100円均一という運賃は日本一の安さ。降りるときに、運転席横の料金箱に入れます。ただし「どこまで乗っても」には注意が必要で、「損をした~」というのも、ここで失敗があったのでした。

のりつぎ券例えばJR長崎駅からグラバー園に行く場合、1番系統の電車で築町まで行って、そこで5番系統に乗り換えます。このように別の路線に乗り換えても、おとな100円でいいのですが(※乗り換えが認められるのは、築町電停だけ)、1番系統の電車を降りるときに100円を支払い、同時に運転手に「のりつぎ券ください」と申し出て、画像のようなチケットを受け取っておかなければいけません。そして乗り換えた5番系統の電車を降りるときに、『のりつぎ券』を料金箱に入れる仕組みです。

築町電停一応、車内では「乗りつぎの方はお知らせください」とアナウンスしてはいますが、はっきり言う運転手さんと、そうでない人がいるのも事実で、観光客ならなおさら、知らないと分かりづらいと思います。「損をした~」と愚痴っていた人も、のりつぎ券について分からずに、2度料金を払ったということでした。わずか100円のことのようにも思いますが、それでもせっかくの観光で不愉快になったのは間違いありません。

安さと便利さで長崎にとっては自慢の路面電車。ちょっとしたことでケチがつかないよう、案内はしっかりして欲しいと思うのと同時に、観光客の皆さんには、『のりつぎ券』のシステムを知ったうえで、大いに電車を利用していただきたいものです。長崎を離れても、長崎へのクレームを聞くのは悲しいので・・・。

ちなみに画像ののりつぎ券は去年の12月22日のものですが、今年1月1日からはデザインが変更になったそうです。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/