FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
まさかの再会
2008-02-06 Wed 01:37
アリバイ横丁長崎を離れてからも、ふと懐かしい味が恋しくなることがあります。大阪駅前の地下街の通路には、昔から全国のお土産を都道府県ごとにブースに分けて売っている『阪神ふるさと名産』という通りがありました。ここの別名は『アリバイ横丁』。旅行に行って買い忘れたお土産を入手したり、行ってもいない土地に行ったように、お土産でアリバイ工作をするために利用する人もいたので、そんな名前がついたようです。

先日、かなり久しぶりに『アリバイ横丁』に行ってみました。もちろん、目指すは長崎県。「再開発でアリバイ横丁が無くなったらしい」とも聞いていたので、期待半分だったのですが、まだありました。以前に比べたらブースの数が減っていて、全国各県はないようですが、長崎のブースは生き残っています!ただし、そこは佐賀や福岡土産もいっしょになっていて、長崎名物の品揃えはいまひとつの状態。何も買わずに、その場を後にしたのでした。

ヤマトヤシキそうしたら我が家の近くのデパートで『長崎県の物産と観光展』が始まりました。私もよく知っている店から初めて聞く店まで、数多くの業者が出展しています。それにしても、ちゃんぽん、カステラ、佐世保バーガー、角煮まんじゅう、大村寿司、くじらベーコン、ごんあじの開き、レモンステーキなどなど、並べてみると、改めて長崎っておいしい名物が多いことを思い知らされます。だから長崎にいたころは、出張先への手土産に困ったことがありませんでしたが、今は「何にしようか」結構、頭を悩ませているのです。

長崎物産この長崎展は、しばらくやっているようなので、とりあえず初日は『蜂の家のカレー&カレーパン』『桃太呂のぶたまん』をゲット。蜂の家は、佐世保市にある1951(昭和26)年創業の喫茶店。でっかいシュークリームが有名ですが、それと並んで人気なのがカレーなんです。そう辛くなく、コクがあってうまい。実はカレーパンは初めて食べましたが、パン生地がサクサクして、これもなかなかいけます。去年は東京・銀座にも店を出したと聞きました。

そして、長崎で「ぶたまん」と言えば桃太呂。創業は1960(昭和35)年。本店は長崎の飲み屋街の一角にあって、夜、飲んだ帰りについ買って食べたり、お土産に持って帰るお父さんたちで行列になっています。ここのは、ひとくちサイズが特徴で、具の肉はたっぷりジューシー。まさか長崎以外で、この味に再会できるとは感激。アリバイ横丁もこれくらいの品揃えがあったら・・・と無理なことを考えてしまうのでした。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | きょうの出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/