FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
感謝至極に存じます
2008-02-08 Fri 17:21
きのう、私が講師をしているアナウンススクール『イントネーション』の授業をしました。イントネーションとは抑揚とも言われ、ことばの音の高低(音程)のこと。共通語において、単語ごとの高低(アクセント)は決まっていますが、イントネーションは話し手の感情や伝えたいことのニュアンスによって変わってきます。逆に変化がないと、『棒読み』です。そのため、イントネーションの訓練は、表現力を豊かにするのに欠かせません。

講義では、「ありがとう」を、「めいっぱいの感謝を込めて、嬉しそうに」とか、「痛み入って、申し訳なさそうに」とか、「ありがためいわくな感情を秘めて」など、ニュアンスを込めて表現する練習をしました。簡単なようですが、実際にやってみると、みんな苦戦しているようでした。イントネーションに頼りすぎるのもいただけませんが、普段の生活でも、どうせなら、心が伝わるように表現したいものです。

ところが、話しことばのようにイントネーションによってニュアンスを伝えられないのが、文字で書かれた文章です。「ありがとう」は、「ありがとう」でしかありません(だから携帯メールでは絵文字が重宝するのです)。その代り、日本語には微妙にニュアンスの違う、数多くのことばが用意されていて、使い分けができます。

類語辞典で『感謝』の項目を引いてみたところ、有り難がたい、謝する、謝意、多謝、万謝、深謝、謝恩、厚謝、御礼、謝礼、拝謝(謹んで礼を述べること)、鳴謝(厚く礼を述べること)、かたじけない、もったいない、恩にきる、感恩(恩に感じること)、感佩(かんぱい・深く恩にきて忘れないこと)、多とする(満足し感謝すること)、徳とする(ありがたいものと考えること)などなど、いっぱいあります。いくつ知っていますか。

ところで、1月19日のブログで長崎の『伊木力みかん』について書いた際、「誰か送って~」とメッセージを発信しておきましたが、何と!本日到着しました。段ボール箱にたっぷりと。

長崎みかん

何だか催促したみたいで(ちゃっかりしていましたね)申し訳ないかぎりです。こんな時こそ、上手に感謝の気持ちを伝えられればいけません。

三拝九拝

(何回もお辞儀をしてありがたがること。手紙の末尾に付して深い敬意を表す言葉)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/