藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
よっ、待ってました!
2008-07-27 Sun 11:23
去年、『看板俳優、退団のうわさ』というタイトルでブログを書きました。その中で、名前の上がっている役者さんについて、「今度、書くのは舞台に戻ってこられた時」と書いていたのですが、ついにその時がやってきました。

劇団四季の看板女優だった保坂知寿さんが、去年2月の『マンマ・ミーア!』大阪公演・千秋楽以来、実に1年半ぶりに舞台に帰ってきました。その復帰作が、今月5日からきょうまで、東京・シアタークリエで上演されているミュージカル『デュエット~They're playing our song~』です。アメリカの人気劇作家ニール・サイモンと、『コーラスライン』の作曲でも知られるマービン・ハムリッシュらによって1979年に初演された作品で、コメディーミュージカルに仕上がっています。6人のダンサーやシンガーも出ていますが、基本は石井一孝さんとの二人芝居。これは何をおいても観ておかねばいけないと、千秋楽迫った先日、ようやく保坂さんと舞台での再会を果たしました。

Duet.jpg
作品としては、決して大作ではなく、「小品」といった印象でしたが、元気で楽しい保坂さんの魅力を十分感じられるミュージカルでした。正直、最初に登場する場面では、ウルウルしてしましました。単に出てきただけなのに・・・。でも、復帰を待ち望んだ演劇ファンは同じように感じたことでしょう。

保坂さんが演じるのは売り出し中の作詞家・ソニア。普段から舞台衣装のお下がりを身にまとい、支離滅裂な言動をする“不思議ちゃん”なのですが、保坂節によるセリフや歌がぴったりはまっています。チャーミングであり、すごみもあり、繊細さも垣間見せる・・・。役に“魂”を吹き込んでいます。観客をぐいぐい作品に引き込んでいきます。そこには、まったくブランクを感じさせない「保坂知寿健在」を印象づけるものがありました。

退団後、引退も考えたこともあったそうですが、やはりこの人は、舞台で輝いているのが似合っています。私も同じ時期に組織を離れ、しばらくブランクがありましたが、今でも“喋る仕事、伝える仕事”ができていることに感謝しています。保坂さんも自分の居場所はここだと分かっているから、「舞台は楽しい、幸せ」という思いを抱きながら演じていたのでしょう。

それから、ソニアと共同で曲を作ることになった人気作曲家・ヴァーノン役が石井一孝さん。ソニアと違って神経質な男。でも、衝突しながらも引かれあっていくふたりの変化を巧みに表現していて、この人も良かった。石井さんのバルジャンも好きですが、新たな魅力を発見した気がします。それにしても、ものすごい汗での熱演。それを間近で感じられるのも、舞台ならではです。

芝居は私の栄養剤。今回も“元気”をもらって帰ってくることができました。そして今後保坂さんが、保坂さんらしく、そしてさらにフィールドを広げた仕事を楽しみにしたいと思います。何といっても、私に一番効く“栄養剤”なんですから。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
手筒花火の魅力
2008-07-22 Tue 23:46
きのうの手筒花火の放送をご覧いただいた方々から、数多くのメッセージを頂戴しました。ここで、あらためて感謝です。自他共に認める“怖がり”の私が、降り注ぐ火の雨に耐え、最後の爆発でもしっかり構えていられたことに、我ながら驚いています。実は、あとから映像を見たら、実際にやりながら感じていたよりも、激しい炎と大量の火の粉だったことにもびっくりしました。

「かっこよかったよ」とほめていただいたのですが、本音を言うと私は納得していないのです。全く話にならないくらいおびえていた私がやり遂げただけでも、よしとするところなのですが、私を受け入れてくれた西八町の皆さんの手筒花火を揚げるさまは、比較にならないほど美しく、かっこいいのです。あれを見てしまうと、自分のふがいなさを思い知らされました。

ところで挑戦する前は、「こんな危険な祭りが、どうして450年も続いているのか」と不思議でなりませんでした。でも、今はその理由が分かるような気がします。手筒花火は、単なる祭りのイベントではないのです。手筒を揚げる男衆は、数か月前から準備に入り、竹の切り出しから火薬の調合、詰め込みまで、自分の手筒は自分で作ります。そうしながら、手筒にはそれぞれの“魂”が込められていくのです。そして、地区の長老から若者までが助け合って、一緒に作業します。そこには神事に対する男衆の熱い思いと町の絆があるのです。それが450年の伝統のわけだと思うのです。また、そんな中に、分け隔てなく私を受け入れてくれた西八町の皆さんにも大感謝です。

取材のあとは時間がなく、あわてて帰らねばなりませんでしたが、こんどはゆっくり祭りについて語りあいたいと思います。西八町のみなさん、その際はよろしくお願いします。私が手筒花火を揚げている画像をアップしたいのですが、取材優先でしたから1枚もありません。そこで、放送の後、取材スタッフと撮った画像でも載せておきます。こちらも、とっても素敵で楽しい仲間たちです。
手筒スタッフ

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大変なことに・・・
2008-07-20 Sun 16:17
『手筒花火』って知ってますか?私は今まで知らなかったのですが、愛知県の三河地方などで、伝統的に行われている花火です。その上げ方がとんでもないのです。長さ80センチ、重さ10キロもある大きな筒に火薬が詰められていて、それを人が抱えたまま火を噴き上げるのです。顔のすぐ横から立ち上る炎の温度は1000度を越え、火柱は高さ数10メートルにもなります。雨のように降り注ぐ火の粉を浴びながら上げるその迫力は半端ではなく、子供用の手持ち花火でも苦手の私は、映像を見ただけで、恐れおののきました。

中でも、手筒花火発祥の地と言われるのが愛知・豊橋市の吉田神社。一昨日から今日まで、『豊橋祇園祭』がありました。その初日(18日)には、450年の伝統を誇る手筒花火が披露されましたが、なんと!この私も、挑戦してきたのです。てっきり祭りの取材だと思っていた私は、最初は大変なことになったとビクビクしていたのですが・・・。

手筒花火は、あげる人が自分で作るのが習わしで、材料となる竹の切り出しから、火薬の調合、火薬詰めまで、すべて自らやるのです。詳しくはココ。私も事前に、煙火取り扱い講習を受け、準備に忙しい地元の西八町の皆さんの仲間に入れていただき、“マイ手筒”を作って臨みました。

手筒放揚順
画像は、町の会所の前に貼られた手筒花火を放揚(あげる)する順番が書かれたお知らせ。朝、そこに自分の名前を見て、一気に緊張が高まりました。日中は、お神輿を担いで、町内を練り歩いたり、8つの町の神輿が集結して行われる合同練り込みでは、神輿の上に上らせてもらったりと、人生の初体験づくし。そして日が暮れると、究極の初体験!手筒花火となるのですが・・・。

その模様は、あす21日、『情報ライブ ミヤネ屋』で放送予定です。はたして、うまくいったのかどうか。ご覧ください。(放送日は変更の場合があります)

手筒花火の魅力
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
一件落着?新常用漢字
2008-07-16 Wed 09:07
「子どもに教えるべきなのか」と、もめた漢字「俺」も結局、“当選”となったようです。日常使う漢字の目安として決められている『常用漢字』1945字が27年ぶりに見直されていましたが、ようやくその内容が決まりました。文化審議会の漢字小委員会は、普段よく使う「誰」や「頃」「闇」「溺」など188字を新たに加え、一方で、あまり使われなくなった「銑」「錘」「勺」「匁」「脹」の5字を外しました。以前、このブログでも取り上げた大阪の「阪」、奈良の「奈」、熊本の「熊」など、府県名の漢字も、ようやく常用入りを果たしました。

漢字小委員会は2004年から3年間、新聞や雑誌、書籍864点から漢字を全て抜き出し、よく出てくるものから順位を付け上位3500位までの中から、追加候補を選んでいました。私は文化庁の担当者に直接、話を聞きましたが、作業には大変な手間と時間がかけられています。その分析の結果、常用外にもかかわらず、一番頻度の高かった漢字は、私の苗字の一字「藤」。これは、主に固有名詞で使われていることから今まで外されていたそうですが、晴れて常用漢字となりました。
常用漢字調査

先日、『ミヤネ屋』の『ニュースアサ漬け』のコーナーで取り上げた際には、現在常用漢字となっていて除外候補になっている「匁」「錘」などについて、意見が分かれました。ゲストの松尾貴史さんや高木美也子さんは、文化的な意味もあるし「残すべき」との主張。一方、司会の宮根さんは「こんなん、どこで使いますのん?ひらがなで書けばよろしいやん」との意見。結局、当初は除外候補だった「斤」(パンを数えるときに使いますよね)は、食品業界で使われていることから残りましたが、他は除外となって、宮根さんの意見が通った?かっこうになりました。

かつて「漢字をやめてしまおう」という時代もありました(ブログ『もしも漢字がなかったら 』参照)。でも、新常用漢字選定のニュースのおかげで、改めて漢字について見直した方も多いのではないでしょうか。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
くいだおれ最終日のこと
2008-07-09 Wed 22:16
太郎と次郎
大阪・道頓堀の食堂ビル『くいだおれ』がきのう閉店し、およそ60年の歴史に幕を下ろしました。最終日ということで、店頭には名物の看板人形“くいだおれ太郎”と“くいだおれ次郎”が2ショットでお目見えし、終日、店の前は大混雑。そして女将の柿木道子会長も大忙しで、お客さんの対応や放送局の中継などに駆け回っていました。私は、そんなようすを、朝から閉店まで密着取材をしていたのです。

午後6時半からは、「最後の晩餐」と題して、得意客やゆかりのある人たちが招待されての宴会がありました。自身の創作落語にくいだおれ太郎を登場させたことのある桂三枝さん、30年あまり前にアルバムのジャケットに太郎との記念写真を使った上田正樹さんと有山じゅんじさん(このお二人のスペシャルライブもありましたが、むちゃくちゃ良かったです。復刻版CD聴いてみようと思います)、月亭八方さん桂きん枝さん中田ボタンさんぼんちのおさむさん、講談師の旭堂南陵さんら芸能人の皆さんも大勢駆けつけ、くいだおれとの別れを惜しんでいました。個人的には、小学校の時から深夜ラジオの番組を聴いていたパーソナリティの浜村淳さんや放送作家の新野新さんにお目にかかれたことに感激!していました。

浜村さんには、食事中にもかかわらずインタビューを申し込んで、快くこたえていただきました。マイクを向けると、これぞ“浜村節”という名調子で、くいだおれとの思い出を語ってくれました。20年ほど前に一度だけお会いしたことがあるのですが、いつまでも変わらぬ素敵な方でした。

そして最後は、蛍の光が流れる中、店頭の太郎&次郎の前で、柿木会長と山田昌平社長があいさつ。テレビでご覧になった方もいるでしょうが、この時の店の前は、異様なまでの盛り上がりでした。その際に浜村淳さんも一言を求められて、「くいだおれと太郎の名前は不滅です」とコメントされたのです。実にコンパクトで、しゃれていてうまいなぁと感じました。

でも、けさの毎日放送ラジオ『ありがとう浜村淳です』の中で、ご本人は「突然に(しゃべるように)ふられたので、何も用意していなかったため、子どもでも言えるようなコメントをしてしまった」と反省しきり。大ベテランでもそんなことを感じるのかと思いつつ、その言葉に、私も襟を正した次第です。

閉店後の太郎
閉店後、動きの止まった太郎は店の中に…。電気も消され、真っ暗な中にぽつんと立つ太郎。そこで携帯を取り出して1枚。自然に心の中で「お疲れさま」と声をかけていました。すると「おおきに」という返事が聞こえたような気がしました。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | お仕事履歴 | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑
いつの間にかCHANGE
2008-07-04 Fri 21:43
今、家に帰ってきて、さっそくDVDをチェックしました。録画した番組を・・・ではなく、DVDデッキそのもののチェックです。

「お!変わってる」

そう、本来の実施予定日が延期されるなど、紆余曲折があった『ダビング10』が、ついに今日スタートしたのです。買い換えたばかりの我が家のDVDレコーダーも、いつの間にか、ダビング10対応に変わっていました。かしこい!!

『ダビング10』とは、HDDに録ったデジタル番組をDVDディスクにコピーすると、これまでは元映像が消えてしまっていたのが、9回までコピーができ、10回目で初めて、元のHDDから消えるというシステム。これでディスクの不具合でコピーに失敗しても、大事な録画内容が1度で無くなってしまうことがなくなりました。これで格段に便利になります。

でも、いったんコピーしたディスクからは、ほかのディスクにコピーすることはもちろん、HDDに戻すことすらできません。ディスクは再生を重ねていくと全く再生できなくなることがありますが、HDDに残っていなければ、バックアップをとることもできません。さらに将来、また新たなメディアが誕生した時、移しかえることもできないことになります。そのあたりが、まだまだ不安材料ではあります。

そう心配するのは、前にも書いたように、我が家には、要保存の『VHSテープ』、『8ミリビデオ』、『DVC』、『ミニDV』も『D‐VHS』も、焼き直さないまま残っていて、メーカーの規格争いに右往左往してきたからです。“老後の楽しみ”として自分の出演番組を保存しているんですが、はたして、おじいちゃんになった頃に、ちゃんと見られるんでしょうか。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舞台は楽し~レベッカ
2008-07-02 Wed 12:39
シアタークリエ
気がついたら、2008年も折り返し点を通過していました。演劇ファンの私としては、できればひと月に最低1本は、生の舞台を観たいと思っているのですが、そのペースもままならない半年でした。そんな中、どうしても観ておきたい舞台があったので、先月は久々に劇場を訪れたのです。

東京・日比谷のシアタークリエで4月6日から6月30日まで上演された『ミュージカル・レベッカ』がそれ。原作は、ヒッチコック監督の映画で有名な物語。それをミュージカルに仕立て、2006年9月にウィーンで開幕した新作で、今回が日本初演となります。
ミュージカル・レベッカ

『エリザベート』『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』のミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽)のコンビによるミュージカル最新作であり、日本版の演出は山田和也さん。さらに山口祐一郎さん、吉野圭吾さん が出演しているとなると、これは何としても観ておかないわけにはいきません。

サスペンスなので、ここではストーリーについては触れませんが、観終わった後の感想は、「シルビア・グラブさんの演技に圧倒された」こと。山口さんが演じる上流紳士の大邸宅で、家政婦頭をしているのがシルビアさん。嫁いできた大塚ちひろさんを、いじめる、いじめる。大げさな演技をするわけではないのですが、それがとてつもなく恐ろしいのです。シルビアさんの舞台も数々観てきましたが、これは『はまり役』と言い切れます。何でこんなに怖いんだろうと観ていると、見開いた眼がまったく“まばたき”しないのです。姿勢のいい立ち居振る舞い、低いけれどよく届くセリフ、客席をも圧倒する歌唱も相まって、すごみまで感じさせました。

作品としては1幕は、やや“たるさ”がありましたが、2幕からはテンポが出て、一気にクライマックスに引き込みます。また山口さんの独特の演技や歌は、この人だからこそ。『レ・ミゼラブル』のジャンバルジャンを思い出してしまう場面もありましたが、その存在感に脱帽です。大塚さんは出ずっぱりの熱演、巧い石川禅さん、寿ひずるさんが脇を固め、うさんくさい役も板に付いた?吉野さんもいい味でした。

この豪華な顔触れを、客席600あまりの、中規模劇場で観られるなんて、贅沢なひと時でした。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。