FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
手筒花火の魅力
2008-07-22 Tue 23:46
きのうの手筒花火の放送をご覧いただいた方々から、数多くのメッセージを頂戴しました。ここで、あらためて感謝です。自他共に認める“怖がり”の私が、降り注ぐ火の雨に耐え、最後の爆発でもしっかり構えていられたことに、我ながら驚いています。実は、あとから映像を見たら、実際にやりながら感じていたよりも、激しい炎と大量の火の粉だったことにもびっくりしました。

「かっこよかったよ」とほめていただいたのですが、本音を言うと私は納得していないのです。全く話にならないくらいおびえていた私がやり遂げただけでも、よしとするところなのですが、私を受け入れてくれた西八町の皆さんの手筒花火を揚げるさまは、比較にならないほど美しく、かっこいいのです。あれを見てしまうと、自分のふがいなさを思い知らされました。

ところで挑戦する前は、「こんな危険な祭りが、どうして450年も続いているのか」と不思議でなりませんでした。でも、今はその理由が分かるような気がします。手筒花火は、単なる祭りのイベントではないのです。手筒を揚げる男衆は、数か月前から準備に入り、竹の切り出しから火薬の調合、詰め込みまで、自分の手筒は自分で作ります。そうしながら、手筒にはそれぞれの“魂”が込められていくのです。そして、地区の長老から若者までが助け合って、一緒に作業します。そこには神事に対する男衆の熱い思いと町の絆があるのです。それが450年の伝統のわけだと思うのです。また、そんな中に、分け隔てなく私を受け入れてくれた西八町の皆さんにも大感謝です。

取材のあとは時間がなく、あわてて帰らねばなりませんでしたが、こんどはゆっくり祭りについて語りあいたいと思います。西八町のみなさん、その際はよろしくお願いします。私が手筒花火を揚げている画像をアップしたいのですが、取材優先でしたから1枚もありません。そこで、放送の後、取材スタッフと撮った画像でも載せておきます。こちらも、とっても素敵で楽しい仲間たちです。
手筒スタッフ

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


スポンサーサイト



別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/