藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画『劔岳 点の記』を観て・・・
2009-07-26 Sun 11:10
こう見えて、高校時代は山岳部でした。この時季は20キロを超える荷物を背負って、日本アルプスを縦走したものです。まぁ、最近はぜんぜん登っていませんが、かつての“山男”にとっては、心震えさせる映画が公開中です。新田次郎の同名小説を映画化した、木村大作監督の『劔岳 点の記』。中学時代に映画館で観た『八甲田山』(監督・森谷司郎)の迫力ある山岳風景は、まだ目に焼き付いていますが、その時のカメラマンが木村監督で、これが初メガホンとなります。

明治末期、日本地図の完成を急いでた日本陸軍が、空白のままになっている未踏峰の劔岳山頂に測量隊を送り込むことから物語は始まります。正直言えば、ハラハラドキドキの劇的なドラマが展開するわけでも、想像を絶するクライマックスが待っているわけでもないのですが、2時間20分の長時間、まったく飽きさせず堪能できました。自分自身もこれは意外。こんな映画は初めてかもしれません。

まず役者が揃ったキャストがすごい。浅野忠信、香川照之、仲村トオル、宮あおい、夏八木勲、役所広司ら、個性派の豪華な布陣。特に山の案内人・長次郎を演じた香川さんが、すばらしかった。顔のしわ一本一本や日焼け跡までもが、長次郎の生き様を物語っているように感じさせる熱演でした。各映画賞では助演男優賞を総なめするかも。それから浅野さんの奥さん役の宮崎さん。彼女はほんとうに日本髪が似合います。出演場面は少ないものの作品の中での存在感はさすがでした。

心に残るセリフが散りばめられているんですが、何より魅力は画面の美しさと迫力でしょう。山の美しさ、雄大さ、気高さ、そして厳しさを、セリフではなく映像が語りかけます。一方、山を少しかじり、撮影現場も知っている身としては、どんなにこの現場が大変だっただろうと想像するだけで、ぞっとします。ただCGでは、これほど心を揺さぶらさなかったことは間違いないでしょう。最後に、エンドロールで、またジーンとさせます。役者もスタッフも協力者も、だれひとり肩書きはなく、皆、名前だけが流れていきます。“仲間たち”の文字とともに。この映画の言いいたいことが集約されているとも思いました。

あらためて「山はいいなぁ」と思います。そして、山の人々もいいんです。ぜひ、山男も山女も、そうでない方も、映画館の大スクリーンで観てください。木村監督のこだわりが詰まった名作です。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日食ウォッチングin動物園
2009-07-22 Wed 18:00
46年ぶり、今世紀最長の皆既日食。一躍有名になったトカラ列島・悪石島では、あいにくの天候で見ることができませんでしたが、各地では部分日食が観測できました。皆さんのところでは、どうでしたか?大阪では8割欠けるというので、マスコミもさまざまな場所で取材していました。そんな中、私が向かったのは、大阪市の天王寺動物園。

日食の影響で、動物の行動にも異変が起きる・・・かも??というわけです。“野生のカン”とか“動物の予知能力”は予想がつきません。過去には鳥がバタバタ暴れだしたり、異常な鳴き方をしたこともあったとか。きょうは、われわれ同様、そんな動物と日食を同時に観察しようという入園者も多かったのです。ところが・・・

午前9時47分ごろ、太陽が欠け始めたのは確認できたんですが、その後はずっと曇りっぱなし。ときどき、薄くなった雲の奥に三日月の形をした太陽は見えたものの、最大に欠ける時間には見られずじまい。あたりも、ちょっとうす暗く感じる程度でした。部分日食ってこの程度なのでしょうか。そして、肝心の動物たちの行動はといえば・・・

シロクマ
シロクマ
チンパンジー
チンパンジー
キリン
キリン
ゾウ
ゾウ
ライオン
ライオン

さらに頼みの鳥たちも、まったく変化なし。みんな暑さのためか、ダラダラしているだけでした。「一瞬、ライオンが鳴き始めた」という証言もありましたが、確認できず。動物園の担当者も「少しくらいは何か変化があるかとも思ったけど何もなかったですね」と肩透かしのよう。どうやら、日食でバタバタしたのは動物ではなく、マスコミのほうだったのかもしれません。ちなみに次に日本で皆既日食が見られるのは26年後の2035年9月、北陸や北関東です。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
圧巻!豊橋祇園祭
2009-07-21 Tue 03:31
花火を見て、感動で涙する・・・。そんなこと考えたこともありませんでしたが、実際にあるんです。場所は、愛知県豊橋市。そうです、去年、私が決死の覚悟で挑戦した“手筒花火”発祥の町です。あの時も、手筒をやり終え、協力してくれた西八町の皆さんに迎えられて泣いてしまったのですが、今回の涙はまた違います。
手筒挑戦

実は手筒花火は、毎年7月の第3金曜日から日曜日に行われている吉田神社の祭礼の初日(宵祭)の行事で、祭りは翌日も、翌々日も続くのです。去年、地元の皆さんからは「あした(2日目)もすごいから見物していけばいいのに」と勧められたのですが、仕事の予定があり、後ろ髪を引かれる思いで、手筒が終わったらすぐ新幹線に飛び乗ったのでした。

あれから1年、そのリベンジ?のため豊橋に戻りました。7月18日(土)、祭りの2日目(前夜祭)のメインは、1万2000発の打ち上げ花火が夜空をこがす花火大会。市内を流れる豊川の南側河畔には桟敷席が設けられ、すぐ目の前の北側河畔から打ち上げられます。さらに川にも水上舞台が浮かべられ、そこからも趣向を凝らした花火が上がります。桟敷席から打ち上げ場所の近さは、ほかの花火大会とは比べ物になりません。これは許可ギリギリのラインだとか。

爆音とともに目の前で打ち上がる花火。手筒花火とのコラボレーションもあれば、水上を金魚のように泳ぎまわる色とりどりの金魚花火や噴き上げ花火。「これでもか、これでもか」と言わんばかりに繰り広げられる様々な花火の競演。その迫力と言ったらありません。大げさではなく「生きててよかった」と思いました。そして関わった人たちの祭りへの熱い思いが、この花火に凝縮されたように感じて思わず涙・・・。画像は携帯で撮ったのでぱっとしませんが、実際は数百倍の美しさと迫力です。
花火

この花火大会のすごいところは、10万人を集める大イベントにも関わらず、ほとんどが吉田神社の氏子である町の皆さんが運営していること。花火の構成や製作、打ち上げ、スポンサー集め、さらには桟敷席の管理や案内、チケットの販売にいたるまで、前の日には手筒花火をあげていた人たちがやっているんです。

打ち上げ場所
今回は、西八町の皆さんのご厚意によって、その舞台裏も見せてもらいました。まずは、ヘルメット着用で打ち上げ場所へ。漂う独特の緊張感。もちろん、専門の花火師もいますが、地元の青年団が準備をし、打ち上げも行います。次々に打ち上げるのを「早打ち」と言うそうで、その様子を初めて見ました。真っ赤に熱した鎖を筒に入れ、そこに花火玉をテンポ良く落としていくのです。まるで、わんこそばをつぐように。でもコンマ何秒かのずれで、腕が飛んでしましそうな危険な技です。元来ビビリな私は、その爆音とともに、見ているだけで全身硬直状態でした。
鎖を焼く

川に浮かんだ舞台の上から仕掛け花火や手筒花火が上がるのも大きな見せ場のひとつ。そこに人や物を運ぶためにはモーターボートを使うのですが、それにも乗せていただきました。船の上から見る打ち上げ花火は格別。ファンタジーの世界でした。
噴射

花火大会の花火って、バンバン打ち上がったと思ったら、しばらく間が空いて、また上がる・・・を繰り返すのがほとんどですが、ここのは、ほぼ常に上がっているような気がしました。バリエーションも豊富で2時間飽きさせません。それら1万2000発の打ち上げを、一番高い場所にある本部席から無線で指示していたのが、去年、私に手筒を指導してくれた荒川さん。今年から全体の責任者になられたのです。打ち上げ場所の準備状態はもちろん、場内のナレーションや音楽に合わせたり、上空の風や煙の様子を見て打ち上げのタイミングを指示していくのです。

西八
手筒花火では上げるポーズがかっこよく、私も秘かにお手本にしていた藤倉さんは、花火大会では全体の桟敷担当。入場者への案内や出入り口の確認、警備の警察官との連携など、テキパキ指示していて、手筒がなくても、やっぱり決まってました。このほかにも、町の青年団中心にした、文字通り手づくりの祭りです。存続していくのは並大抵のことではないと思いますが、すばらしい伝統がいつまでも続くよう、心から願い応援します。まだ、この花火大会を知らないという皆さん、来年はぜひどうぞ、おすすめです。そうそう、3日目こそが祇園祭の例祭でした。ことし見られなかったので、来年は3日間フルコースで行けたらいいなぁ・・・

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
イケメン海女は、中身も男前
2009-07-17 Fri 19:52
かつて長崎・壱岐で、ウニ漁を取材したことがありますが、潜るのはもっぱら女性たち。「海女」と書いて“あま”ですから、本来、海女さんとは女性の仕事です。ところが「三重県の伊勢志摩には、“男の海女さん”がいて、それも若くてかっこいいらしい」というので、さっそく噂の“イケメン海女”の取材に出かけました。

海女コスプレ?
いわゆる“海女ルック”に身を包み、通行人に笑われながらも訪ねたのは、志摩市甲賀地区。伝統的に海女漁が盛んな地域です。まず何よりも、海が美しいのには感激しました。透明度バツグンで、絵にかいたような青い海原が、どこまでも広がっています。

この海を仕事場に、海女としてアワビやサザエを素潜りで採っているのが、杉山裕介さん(27歳)=画像左=と清水健太クン(21歳)=右=の二人。杉山さんは俳優の坂口憲二さんをほっそりしたような、健太クンも俳優の平岡祐太さんをちょっぴりワイルドにしたようなイケメンです。最近、なんでもかんでもイケメンの形容詞をつけがちですが、彼らこそ正真正銘のイケメンです。
イケメン2ショット

海女歴3年目の杉山さんは、大阪の出身。リゾートやダイビングの学校を卒業後、沖縄の西表島や石垣島でダイビングのインストラクターをしていましたが、ペンション経営を目指して志摩に移住。そこで海女の仕事を知り、興味を持ったのだとか。でも伝統を大切にする海女漁のこと、よそ者であり、ましてや男の杉山さんは、すぐには受け入れてもらえませんでした。そこで、甲賀漁協の勧めもあり、1年間、地元の定置網漁を手伝いながら漁師を体験し、ようやく認められ海女となったそうです。始めたころは、まったく漁にならず、連日の“収穫ゼロ”にあせったこともあったと言いますが、いまや立派な海女さんです。

「いったん決めたことを、途中で投げ出したくない」「志摩の皆さんの協力に報いたい」という強い思いが、過酷な海女の仕事を続けさせる杉山さんの原動力です。そして、もうひとつ忘れてならないのは家族への愛情。実は、2児のパパでもある杉山さん、収穫がなければ収入もなしという漁師の世界で、家族を養っていくためにも、手を抜けません。そんな彼も家では、とても子煩悩なパパ。奥さんも美人で、これこそ幸せ家族!って感じでした。ほんと、生き方までも男前なのです。
杉山さん一家

一方の健太クンは、生粋の地元っ子。お父さんとともに、ダイビングショップを運営していますが、漁が解禁されれば海に潜ります。若いけれど、海女歴は杉山さんより1年先輩、小さいころから、身近に海女漁を見ていて、海女さんたちを尊敬していたそうです。健太少年の目に、海女の女性たちは「かっこいい」と映っていました。

よその地区では男性の海女を「海士」と呼ぶところもありますが、彼は、あくまで自分たちも「海女でいい」と言います。そこには、甲賀地区の伝統である海女漁を守り、受け継ぎたいという思いと、先輩海女さんたちへの尊敬の気持ちが表れているように感じました。健太クンは、今風のイケメンで、もしかすると“チャラ男”に見られがちですが、話していると、一本びしっと芯の通った男らしさが伝わります。よく気がついて礼儀正しく、ハートまで男前ないいやつ!なのです。

漁に同行した感想は、「海女漁とは、とてつもなくきつい仕事である」ということ。素潜りで10メートルほどの海底にいるアワビやサザエを探すんですが、1時間半、休むことなく、潜水を繰り返します。これを1日2回。時には海底の岩場に体が引っ掛かり動けなくなるなど、命の危険を味わうこともあるそうです。普段、食卓に並ぶものを、何も考えずに食べていましたが、船の上から漁のようすを見ていて、こんな危険と背中合わせの過酷な漁の末に口にできる海の幸は、感謝の上にも感謝していただかなくてはと感じた次第です。

海が大好きで、海女という仕事に誇りを持っているという杉山さんと健太クン。見た目のイケメン度よりも、さらに中身はイケメンのふたりでした。彼らは夏場の週末、ダイビングのインストラクターもしています。直接指導してほしい方は、ダイブステーション35(サンゴ)に問い合わせてみては・・・  


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
話題の婚活してきました
2009-07-07 Tue 22:22
人生そこそこ年を重ねてきたものの、世の中には、まだまだ知らない世界があるものです。これも、かなり驚きの空間でした。それは・・・

お見合いパーティ!
お見合いパーティ

ちまたは“婚カツブーム”。この種のパーティは、テレビでは見たことがありましたが、正直、特に関心があったわけでもなく、いったいどこで開催され、どんなシステムで、料金はいくら位で、誰が参加しているのかなど、まったく未知の世界でした。そんな私が、お見合いパーティを初体験したのです。一応、取材としてです(念のため)。その様子は、きょうのミヤネ屋で紹介しましたが、それは想像していた「コンパのようなもの?」「ねるとんパーティ風?」とは、まったく違う世界でした。だってゲームもなければ、食事も飲み物もなし。目的はただひとつ、結婚相手探しなのです。

参加費は、主催する会社や、募集対象(30代限定とか、バツイチのみ、医者や公務員だけ、年収1000万円以上など)によってばらつきがありますが、だいたい男性が4000円~1万円近いものまで、女性は無料から数千円程度が多いようです。私が参加したのは男性6000円、女性1500円で、一人参加限定というパーティ。男女とも約50人ずつが参加していました。

最初に、受け付けを済ませ、自分の番号をもらいます。パーティでは、最後に気になる人の番号を投票する仕組みです。プロフィールカードに自分の住所、職業、趣味、好きなタイプをはじめ、年収や家族構成など、こと細かく自己紹介を書き込みます。パーティーが始まると、まずは目の前の異性とプロフィールカードを交換し、それを見ながら会話をするのです。なんだか、面接のような感じ。でも、およそ1分30秒ほど話すと、もうタイムアップ。男性は席をひとつずつ移動し、次の人との会話をスタート。これを1時間半ほど、50人全員と繰り返していくのです。司会者の「スタート」の合図が出るまでは、おとなしそうなみなさんでしたが、開始と同時に熱いトークが会場中で繰り広げられ、さながらここは、全員が“肉食系”に見えました。

一人との会話が終わると、その人の印象をメモしておくのですが、いくらなんでも、その人の目の前で書き込むこともできず、結局、慣れない私の場合、大勢と話しながら、後で誰が誰かわからなくなってしまうほどでした。一周して全員と話し終わったら、今度はフリータイム。気になった人のところへ行って、直接アプローチします。これも1対1で、3分間。それを4回(同じ人同士は2回できない)行います。ここでは男性の順番待ちが出る女性もいれば、誰も来ない人もいたり、男性も、狙った女性にアタックしようとして、別の男性に割り込まれたりと、あちこちで悲喜こもごもの人間ドラマが展開していました。

それが終わると、いよいよ投票です。好きな人の番号を第6希望まで記入して投票するのです。お互いに番号を書きあった人たちがカップル成立。大抵、1つのパーティで3~4割はカップルが成立するんだとか。コンパでは、男女とも様々な“駆け引き”をしますが、お見合いパーティは、いたってシンプル。「年収は?」「親と同居は?」など、ストレートに結婚前提に会話をするので、話が早いのも特長かもしれません。それにしても、全国各地いたるところで毎週末に、こんな熱いパーティが開かれているのには、つくずく驚きました。話ベタの男性も、こんなパーティに何度か出ると、トークテクニックが磨かれるかも。1分半の間に、次々に自分をアピールするという、しゃべりのトレーニングには絶好の場所でした。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | お仕事履歴 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
パチンコ店放火の現場で
2009-07-06 Mon 19:38
放火パチンコ店
一夜明けても、まだ周囲には焼け焦げたにおい・・・。きのう夕方、大阪市此花区のパチンコ店に何者かが火を放った放火事件は、客と派遣従業員合わせて4人が死亡するという、とんでもない惨事となってしまいました。この事件を『情報ライブ ミヤネ屋』で中継リポートするため現場に行ったのですが、青いシートに取り囲まれた雑居ビルの1階部分、その隙間から覗く焼けて溶けた建材の一部、時折漂う、すすけたにおい。去年10月、15人が犠牲となった大阪・ミナミの個室ビデオ店放火殺人事件の記憶が蘇りました。

個室ビデオの放火では深夜に起き、眠っていた人が多かったことや、出口が一方向にしかない建物の構造上の不備も災いして多くの犠牲者が出たのですが、今回は日曜日の夕方に起きた事件。また大きな出入り口が3か所もあるにもかかわらず、どうしてこんな惨事になってしまったのか疑問だったのですが、現場で取材を進めていくうちに、その謎が明らかになってきました。

当時、店内にいた人などの話によると、犯人の男が店に侵入し、バケツに入ったガソリンのような液体をまき火をつけた瞬間、一気に天井まで火柱が上がり、黒煙が店内に広がったそうです。ものすごい勢いで拡大する火の手、服に火が燃え移り火だるまになた人も複数いたといいます。20分ほどで鎮火したにもかかわらず、見る影もないほどの無残な店内が、火災のすごさを物語っています。さらに放火直後には、店の電灯が消え、真っ暗だったのです。それでなくても、通路が狭く、固定のいすや積み上げたドル箱などで、歩きにくいパチンコ店のフロア。100人ほどの客はそんな状況の中、逃げまどいパニックになったに違いありません。床に転がるパチンコ玉に足を取られて、転びそうになったという証言もありました。

このパチンコ店に、スプリンクラーは設置されていませんでした。この規模のビルでは法令違反ではないというのですが、不特定多数の人が集まる施設、ほんとうに不備はなかったのか、すさまじく焼け焦げた現場を前にすると、はなはだ疑問に感じます。犯人は、30歳代の細身で長髪の男と見られていますが、その日、パチンコで数万円負け、台をたたくなどして店員に注意され、店を出た男の情報もあります。どんな理由があろうとも、放火殺人は許されるものではありませんが、もし、パチンコに負けた腹いせの犯行だとしたら、犠牲者は死んでも死にきれません。負傷した方々の回復と、一刻も早い犯人逮捕、真相解明を望みます。

【追記】さきほど、此花区内に住む41歳の男が「自分が放火した」と、山口県警に出頭し、逮捕されました。またしても「誰でもいいから殺したかった」などと供述しているというのですが、こんな事件ばかりで恐ろしくなります。続報を待ちます。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。