藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
芸術、文化も仕分け
2009-11-30 Mon 21:10
上京して、観劇(マチネ・昼公演)と観劇(ソワレ・夜公演)の空いた時間には、よく美術館や博物館巡りをします。やはり東京はミュージアムの宝庫です。港区東新橋のカレッタ汐留にある広告の博物館『アド・ミュージアム東京(ADMT)』は、懐かしのコマーシャルの視聴ができたりポスターの展示、時代を映すヒット商品や江戸時代の広告など多彩な常設展示と、テーマを絞った企画展が魅力で、何度も行っています。『四季劇場・海』と同じビルにあり、入場無料ですから、演劇ファンにもおすすめ。港区愛宕にある『NHK放送博物館』にもよく行きます。放送の歴史を、古い機材や音源から知ることができ、この業界で仕事をしている身としては勉強になりますし、テレビ好きにもたまりません。こちらも入場無料。企画展もおもしろいですよ。そんなわけで、先日も観劇の合間に、前から気になっていた、ある施設を初めて訪れたのです。
伝統芸能情報館

『伝統芸能情報館』

その名の通り、歌舞伎や浄瑠璃、文楽など日本の伝統演劇の資料を展示する施設で、千代田区隼町の国立劇場に隣接して建っています。国立劇場が収集した博物資料を入れ替え企画展示しているそうで、ここもうれしいことに“入場無料”なのです。ところが・・・。

来年1月27日までは『新歌舞伎の世界』という企画展が開かれているのですが、展示品があまりにも物足りないのです。江戸時代の歌舞伎の錦絵や、公演案内、小道具など数点と、年表があるくらい。お世辞にも「見応えがある」とは言いにくい内容でした。おそらく、それぞれの品は貴重で高価なのでしょうが、展示の仕方自体に魅力がないのです。

さらに、この企画展の目玉的な扱いが、映像資料『新歌舞伎』。昭和61年に国立劇場が自主企画し、岩波映画製作所が作った35分の映画です。明治以降、坪内逍遥をはじめとする新しい作家たちが、新時代に合った演劇として生み出した“新歌舞伎”の歴史が紹介され、六代目・中村歌右衛門や十七代目・中村勘三郎などの懐かしい映像は興味深かったのですが、上映しているのが家庭用のテレビ。その前に、7~8人が座れるソファーがあるだけのシアタールーム。ちなみに、土曜日の夕方、35分間の上映中、誰も入ってきませんでした。見ていたのは私一人の貸し切り状態です。

以前、墨田区横網にある『江戸東京博物館』で見た歌舞伎関連の展示にインパクトがあったものですから、あまりにも差がありすぎました。まぁ“タダ”ですから、文句は言えないと思っていたら、実はそうでもないのです。

ここを運営しているのは、最近、めっきり評判の悪い“独立行政法人”のひとつ、『日本芸術文化振興会』という団体。そうです、こちらにも少なからぬ税金が、文部科学省の事業として投入されているのです。そう思って見てみると、企画展のチラシも立派。オールカラーのA4版の見開き仕様。小さな劇団が公演のチラシ作るのに、色数減らしたり、紙質を落としたりして苦労しているのと比べたら、無料の企画展にも、お金かけています。さらに残念なことに、このパンフレット、中身がない!ときています。外国人観光客に向けて英語を併記しているのはいいとして、歌舞伎ファン向けなのか、初心者向けなのか、誰に向けて書いているかもわかりません。
新歌舞伎の世界

ちなみに、伝統芸能情報館の2階は、演劇関係図書など約23万冊を収蔵する図書閲覧室、3階は、液晶プロジェクターと100インチスクリーンを備えた132席の講義室、4階、5階が事務室と立派。実は、演劇の図書資料を見たかったのですが平日しかやっていませんでした。

こんな伝統芸能情報館の運営をしている独立法人・日本芸術文化振興会は、今回、蓮舫議員らの“仕分け”の対象となりました。振興会が委託をしている新国立劇場運営財団と国立劇場おきなわ運営財団について「予算の圧倒的縮減」と判定されましたが、伝統芸能情報館のあり方も仕分けしたいくらいです。

そう言いながらも、私は個人的には、芸術、文化への国の支援は絶対に必要だと思っています。、舞台でも映画でも、観客収入だけで成り立っているのはごく一部。「収支を度外視してもいい」とは言いませんが、それらを商業的に自立できないからと言って切ってしまえば、文化も芸術もありません。数字だけでは判定できないのが文化です。

一方で、財政が厳しくなると、真っ先に切られやすい文化政策へのお金。「税金で芸術するなよ」との意見もあるでしょう。だからこそ、変な団体を数多く迂回することなく、必要としているところ、足りないところに、無駄なく助成が出る仕組みを作ってほしいと思います。文化のための税金を無駄に使っているところがあるとすれば、絶対許せません。今回の仕分け作業が、文化、芸術の衰退ではなく、活力になることを期待します。そんなことを伝統芸能情報館のチラシを見ながら感じたのでした。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舞台は楽し~【予習】グレイ・ガーデンズ
2009-11-26 Thu 00:00
2007年のトニー賞と言えば、のちに劇団四季が日本版を上演した『春のめざめ』が最優秀作品賞など8部門の最多受賞をして話題を集めました。この同じ年、主演女優賞など3部門を取ったのが、ミュージカル『グレイ・ガーデンズ』でした。主演のクリスティン・エバーソールが受賞のあいさつで「年だと言われてハリウッドを去った。もう下り坂のはずだったのに、(この受賞で)力が湧いてくるわ」と語っていたのが印象的でした。

その日本版の初演が12月6日まで東京で上演中です。演出が宮本亜門さんで、主演は大竹しのぶさんと草笛光子さん。私のひいきの吉野圭吾さんや光枝明彦さんも出演しているので、近々遠征してきます。その後またレビューするとして、この作品は大竹・草笛の二大女優対決も話題のひとつながら、特に原作が異色なことで注目されています。

これが、実話に基づいたミュージカルだからです。ケネディ元米大統領の妻だったジャクリーンの叔母と、その娘という実在した人物の物語で、2人は28も部屋がある豪邸を“ゴミ屋敷”にしてしまい、あまりの異臭に近所の人に通報されてしまう騒ぎを起こしています。そんな生活ぶりを記録したドキュメンタリー映画『グレイ・ガーデンズ』(1975年)をミュージカル化した作品がこれなのです。映画をミュージカルにしたり、その逆も当たり前のようにありますが、ドキュメンタリー映画をミュージカルにするのは異例中の異例だと思います。

アメリカの舞台の賞が『トニー賞』なら、テレビの賞が『エミー賞』。今年のエミー賞で6冠に輝いたのが、4月に全米で放送されたドラマ『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』。1975年のドキュメンタリー映画の撮影エピソードも交えながら、再現風に仕立てたテレビドラマです。先日、WOWOWで放送があったので、ミュージカル版の予習として見ました。

こんな人がいたなんて、初めて知りました。ゴミ屋敷に保健所の立ち入り検査が入るシーンなど、リアルで生々しかったです。ある意味、強烈な個性を貫き、数奇な人生を送った母と娘。この話、ドキュメンタリーや再現ドラマでにするのは“あり”なんでしょうが、これがどのようにミュージカルに仕上がっているんでしょうか、想像できません。ただし、キャストの大竹さん、草笛さんが、はまり役だというのは間違いなさそうです。

舞台は東京の後、大阪、名古屋でも公演されます。またドラマは、12月20日(日)午前8辞15分からWOWOWで再放送があります。興味のある方は、ぜひ!



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
仕分けで生き残った離島航路
2009-11-25 Wed 09:39
マスコミは連日、来年度予算の概算要求の無駄を削る『事業仕分け』のようすを伝えています。、きのうからは後半戦がスタートしました。どうもここまで蓮舫議員の間髪を入れぬ質問攻めと、仕分けられる役人の準備不足の受け答えばかりが目立っているような気がします。問答無用でバッサバッサと予算を切っていく“必殺仕分け人”たちですが、きのうはある事業について「見直さず」との結論を出しました。仕分けで生き残った貴重な2例目です。

それが『離島航路補助金制度』。国内の離島航路=約300航路のうち、赤字の119航路について国が補てんする制度で、国土交通省は来年度も47億7100万円の予算を要求しています。これが生き残ったことに、「仕分け人にも、血も涙もあったのか」とほっとしました。これは船の航路ですが、『ミヤネ屋』でJAL問題に絡んだ日本の航空行政見直しや不採算路線廃止議論について取り上げた時も、「代替のない離島路線は別」だと強調してきました。それは、離島の人々にとっての交通インフラは“命をつなぐ綱”に違いないからです。

有人離島の数が日本一で、25の航路が補助を受けている長崎県。私は局アナ時代の17年間、長崎県内をくまなく取材し、離島にとって、いかに航路が大事なのかを身をもって感じました。「食料品が毎日買える」「その日の新聞が朝に届く」「病院に通う」など、誰もが当たり前に思っていることが離島では当たり前ではありませんでした。食料品が入るのは週2回だとか、新聞は一日遅れだとか。病気して医者にかかるのもままならない。とはいえ、それが成り立っているのも離島航路のおかげでした。ただ、どう見ても採算がとれるような状況ではありません。補助がなければ、たちまち廃止となるでしょう。

会議では、仕分け人から「離島は、海の老人ホームだ」として、離島を切り捨てるような発言が出ていたのには愕然としましたが、このときばかりは国交省の役人も「不便な場所の住人にこそ手を差し伸べるのが国の政策だ」と反論していました。至極ごもっともで、これには思わず拍手。仕分け人の指摘通り、離島が高齢化、過疎化しているのは間違いありません。といって、経費削減のため、みんな都会に住めばいいという話ではありませんし、航路予算を残したからといって、それだけでいいはずもありません。

取材で訪れた人口、数百人とか数十人という離島。振り返れば、そこで出会った方々が一番人間らしく生きていたような気がします。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
宝くじ連続当選の神社?
2009-11-24 Tue 20:33
早いもので、今年もこんな時季なんですね。1等と前後賞を合わせて3億円が当たる『年末ジャンボ宝くじ』が、きょう全国一斉に発売されました。1等2億円が70本、1等の前後賞5000万円と2等1億円が各140本に加え、今年は『元気に2010年賞』の100万円が7000本も用意されているのが話題です。私も出勤前に、さっそく買ってきましたが、大晦日の抽せん日までは「当たったらあーしよう、こーしよう」と、わくわくドキドキが楽しめます。

そんなわけで、きょうの『ミヤネ屋』では、宝くじの話題を紹介したのですが、中でも問い合わせが殺到したのが、京都にある“ありがた~い神社”のこと。その名も・・・
御金神社2ショット

御金神社!

これ、おかね神社と書いて、みかね神社と読みますが、お金や資産運用にご利益があるそうです。場所は京都市中京区、二条城の東側で歩いてもすぐのところ。周りをマンションやビルに囲まれ、埋もれるようにして建つ小ぢんまりした神社なんですが、とりわけ金色の鳥居が異彩を放っていました。
御金神社外観

鳥居から数歩で本堂という小さな神社ながら、次から次へとお参りの人たちが訪れます。聞くと、「東京から」「愛知から」「岡山から」「長崎から」と、全国からお見えのようです。というのも、数年前に、ここにお参りに来た人がジャンボの3億円当たったとか、ロト6で2億円が出たとか、景気のいい話がいっぱいあるからなんです。今や旅行ガイドブックにも紹介されるスポットになりました。

奉納された絵馬には、「ジャンボで3億当たりますように」「パチンコ、スロットで運がつきますように」「年収1000万」など、みなさん具体的にお願い事を書いています。当然、私もしっかりお祈りしてきました。さて大晦日、ますます楽しみ!かな・・・。
御金絵馬

DATA
御金神社 京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
動揺広がる、のどかな町
2009-11-13 Fri 15:16
大阪から車で6時間、島根県浜田市に行ってきました。そこは日本海に面したのどかなところ。町の人は素朴でやさしく、道を尋ねても、インタビューをしても皆、親切でした。そして県境の広島県臥龍山に向かう道は山深く、紅葉が見事でした。そんなゆったりとした時間が流れる癒しの場所とは似つかわしくない残虐無比な事件、『島根・女子大生殺害遺棄事件』は、少しずつ状況が明らかになるにつれ、ますます怒りとおぞましさが湧いてきます。

島根県立大1年の平岡都さん(19)の切断された遺体の一部が広島県北広島町の臥龍山で見つかってから、きょうで1週間。警察は、犯人は地元の事情に詳しい人物と見て捜査していますが、謎だらけで進展を見せていません。一方で、平岡さんの遺体の状態はわかってきました。執拗に暴行を加えられた形跡があり、亡くなったあとにも体を傷つけられているようです。

焼かれていたとか、内臓が取り出されていたという報道もあります。なぜそこまでする必要があったのか、異常者としか思えません。浜田の町は、不安に包まれています。平岡さんがアルバイトをしていたアイスクリーム店が入っているショッピングセンターのレストランで食事をしたのですが、さわやかな笑顔で対応してくれた女の子も県立大生でした。そんな彼女の笑顔も、事件のことについては曇り、「外に出るのが怖い」と話していました。そして犯人像や捜査の状況などについて、我々に逆取材するなど、不安と動揺が高まっているのが伝わってきました。

ごく普通にアルバイトをし、大学に通っていた女の子を襲った犯人は絶対に許せません。取材を始めた時には、解決は早そうだという印象を持ったのですが、どうも突破口が見えません。このまま逮捕が長引けば長引くほど、町の暮らしにも深刻な影響が出ます。今は一刻も早い逮捕を願うしかありません。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
名物は数々あれど・・・
2009-11-07 Sat 20:36
食欲の秋です。そこで食べ物の話でも。この仕事をしていると、ありがたいことに全国各地、さまざまな場所を訪れます。仕事とはいえ、せっかくその土地に行ったのだから、やはり“名物”を味わいたいと思うのが人情ですよね。ところが、時間に余裕があることは稀で、名物を横目に、駆け足で移動しなければならないこともしょっちゅうです。

栃木県宇都宮市では、
ぎょうざ
餃子像を見ただけでしたし・・・

静岡県浜松市では、せめて駅弁でもと思ったら、
浜松駅
うなぎ弁当売り切れてるし・・・

飛行機での移動なら、搭乗までの時間が最後のチャンスです。宮城と岩手を取材後、「今回も名物を食べられなかったか・・・」と肩を落としているときに、仙台空港のレストランで出会った、“宮城の牛タンと岩手の冷麺セット”なんて、最高でした。
仙台空港

ところで、わが故郷・兵庫県加古川市にも名物があります。15年ほど前に『ズームイン!!朝!』で、地元だけのローカルメニューとして紹介したことがあったのですが、ここ何年かで突然、有名になりました。それが・・・

かつめし!

お皿のご飯の上に、ドミグラスソースがかかったビフカツがのっていて、付け合わせには茹でたキャベツというのが基本形。加古川出身の私にとっては、ごく当たり前のメニューなんですが、町おこしのアイテムとして地元では宣伝に力を入れているようです。餃子像にも負けない、かつめしのキャラクターの像まで建ってます。
かつめしキャラ

きょう大阪市内でファミリーマートをのぞいたら、加古川名物かつめしの文字。うれしくなって思わず買ってしまいました。
かつめし1かつめし2

近頃は加古川市内でも多くの店が、かつめしを出していて、いろいろ食べました。どれも特徴があっておいしいのですが、“私にとってのかつめし”は、一勝(いちかつ)食堂のかつめしに限ります。今は県立病院の近くにありますが、昔は加古川駅前にあって子どものころから、よく食べてました。香ばしく揚げた薄めのカツと、奥深いソースのバランスが絶妙で、ほかでは味わえないおいしさです。全国の名物数々あれど、最後の晩餐に食べたい料理をあげるとすると、故郷の味、一勝のかつめしなんです。みんさんにとっての、そんな味はなんでしょうか。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。