FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
続けることも才能
2010-05-16 Sun 20:20
『神戸まつり』はきょう、メインの“おまつりパレード”が行われ、青空のミナト神戸は踊りの熱気に包まれました。95年、震災の年は中止になり、去年は新型インフルエンザの影響で2か月延期されるなど色々あった市民のお祭りも、今年で節目の40回です。予算の都合などで中断していた名物の“花自動車”が10年ぶりに復活するなど、より神戸まつりらしさが戻りました。地元テレビでは、朝から6時間の生中継をしていて、そこに映し出される神戸っ子の笑顔を見ていると、つくづく続けていくことは大変だけど、乗り越えた時に生み出されるパワーの大きさを感じるのです。

実は、今から25年前、まだ学生だった私が、「しゃべること」で初めて“ギャラ”をいただいたのが、この神戸まつりでした。やぐらの上の放送席から、沿道のお客さんに向けて、パレードの出場チームを紹介するという役目。決してテレビやラジオの電波には乗りません。会場限定放送ですが、これこそ、私のアナウンサーとしてのプロデビューとなりました。右も左もわからない“ド新人”ですから当然、緊張はしたものの、目の前で楽しそうに踊る皆さんに後押しされ、私も元気さだけは負けないくらい声を張って、たのしい初仕事となりました。

気がつけば、あれから四半世紀です。いまだに実力とか才能には自信がありませんが、我ながら、ここまで続けてこられたことに驚きと感謝です。もしかすると、この25年で誇れることと言えば、しゃべる仕事を「辞めなかった」ことくらいかも・・・。でもこれが一番難しいような気もします。最近のアナウンサー志望の学生さんたちを見ていても、とても淡白です。1社、2社落ちると、さっさと見切りをつけてしまいます。これからなのに「もったいない」と思うことも少なくありません。

どこかで区切りをつけることも大事ですが、とことんこだわって、やめないこと、続けることも、立派な才能だと思います。あきらめたら、そこで終わりです。日々の積み重ねこそがチャンスを招きます。必ず・・・。やぐらの上のデビューから25年、気持ちはまだまだ新人の私が、毎年、神戸まつりのたびに、そんなことを思っています。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/