FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
映画『悪人』もうひとつの衝撃
2010-09-16 Thu 15:43
観てから1週間近くなるのに、まだ頭の中からあのインパクトが消えないのです・・・、映画『悪人』。私にとってはなじみ深い長崎、佐賀、福岡の風景と九州弁に加え、鬼気迫るキャストの演技にすっかり圧倒されました。妻夫木聡さんが目の奥に見せた陰の部分、深津絵里さんの体当たりの演技などが衝撃的でした。先日、“ミヤネ屋のフカツエリ”こと間宮リポーターが、夕日が印象的なラストシーンの舞台となった五島列島・福江島にある大瀬崎灯台を取材していました。私は映画を観たときにすぐ「大瀬崎だ」とわかりました。「そうそう、長崎の夕日はきれいんだよ」と思いながら。でも見慣れぬ灯台小屋があったので半信半疑だったのですが、小屋は映画のために建てられたと知って納得。映画の撮影って手が込んでいますね。そんな裏話をもっと知りたいと調べてみたらメイキングビデオが出ていました。

その名も『妻夫木聡が悪人だったあの二ヶ月』。悪人というイメージから一番遠い俳優・ブッキーがどのように殺人犯・清水祐一に変わっていったかを追ったドキュメントです。「不器用な人間なので細かいところから入らないと役が染み渡らない」と撮影前に解体業の祐一と同じように実際の現場で働いたり、祐一の家がある長崎・平戸市まで足を運んで祐一に近づこうとしたり・・・。そんなスクリーンの外での準備もあったらこそ、あの祐一が生まれたのでしょう。そして撮影中にも苦悩し、もがき、自らを追い込んで作り上げたようすが伝わってきます。初日舞台あいさつで見せた妻夫木さんの涙のわけは、ここにあるのでしょう。

映画を観た方はぜひ、このドキュメンタリーDVDも見てください。さらに作品が深まること間違いなしです。そしてもう一度、本編を映画館で観たくなります。ただDVDで一番衝撃的だったのは、ラストの美しい夕日は長崎・五島ではなかったこと。神奈川県三浦市の城ケ島だそうです。ほんと、映画は手が込んでいます。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/