FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
喝采!代役・愛之助さんの外郎売
2010-11-30 Tue 23:37
いよいよ京都・南座で、年末恒例の歌舞伎の顔見世興行が始まりました。直前に市川海老蔵さんが暴行事件で大けがをしたことで降板、急きょ代役を立てるという、別の意味でも話題の公演となっています。初日を迎えた劇場の朝は、独特の緊張感が漂う一方、続々と運び込まれる楽屋花に、さすが東西の人気役者がそろったことを感じさせ、華やかさも一段と増します。芝居ファンの私などは、この雰囲気はたまりません。
本日初日楽屋花搬入

ところで、きのうのブログでも書いた『外郎売』。難しい早口言葉が続く長セリフを、突然の指名で片岡愛之助さんは演じることができるのかと、やや心配していました。残念ながら、私は観劇することはかなわなかったのですが、出てきたお客さんたちによると、一様に「すばらしかった」との声。よどみなく見事にやりとげ、その瞬間は場内から大きな拍手が沸き起こったのだとか。外郎売をご覧になったことがある方なら分かると思いますが、これは、ほんとうにすごいことです。
外郎売夜の南座

終演後に、愛之助さんに話を聞くと、必死に取り組んださまが伝わってきました。また「市川宗家に伝わる外郎売を汚さぬよう勤める」という言葉からは、並々ならぬ決意とプロ根性を感じました。そんな愛之助さんですが、代役を指名されたときは、少し時間をもらって考えた末に、一度は断ったんだそうです。「演目が演目だけに、あまりにも時間がなさ過ぎて自信がない」と。それは当然だと思います。しかし、初日が迫っていて、やむなく引き受けたんだとか。それでも「やるからには、お客さんに満足いただけるものを」という思いが、きょうの大拍手につながったのでしょう。

海老蔵さん目当てのファンからは降板を残念がる声も聞かれましたが、通の歌舞伎ファンからは「いつも初日は、まだまとまりが悪くしっくりこないんだけど、きょうの初日は締まってすばらしかった」「普通なら團十郎さんか海老蔵さんしか演じない外郎売を愛之助さんで観られたのは貴重だった」など別の評価もありました。まさに「禍を転じて福と為す」です。大変なプレッシャーの中、初日を見事に乗り切った愛之助さん、12月26日の千秋楽に向け、ますます磨きがかかった外郎売になることは間違いなさそうです。それにしても、普段の笑顔も素敵で、紳士的で、かっこいい。私も愛之助さん=ラブさまのファンになってしましました。
たおやか・・・玉三郎さん(2010/12/10)
海老蔵さんの看板が消えた南座で(2010/12/08)
きょうも愛之助さんに会いに・・・(2010/12/03)
海老蔵さんの降板で・・・(2010/11/29)
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/