藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
たおやか・・・玉三郎さん
2010-12-10 Fri 10:11
玉三郎玉三郎1

「たおやか」とは、しなやかで優しいさま。また、しとやかで優美なさま(明鏡国語辞典)を表すことば。まさに、昨夜お会いしたこの方こそ「たおやか」を実在化したような存在でした。歌舞伎役者・稀代の女形、五代目・坂東玉三郎さんです。市川海老蔵さんの無期限謹慎によって、東京・ル テアトル銀座で来年1月に予定されていた『初春花形歌舞伎』が中止になり、制作の松竹が“代打の切り札”にしたのが『坂東玉三郎特別公演』(来年1月2日~20日)だったのです。

きのう、その制作発表記者会見が京都市内のホテルであり、私も取材に行きました。現在、玉三郎さんが京都・南座の『顔見世興行』に出演中ということもあり、東京での公演の発表を京都でするというのも非常にまれなこと。玉三郎さんは舞台を終えて会見に駆けつけました。何もかもが急で、突然で、まわりはドタバタの中、会場に姿を見せた玉三郎さんだけは、しっとりとして優雅。スターのオーラとは、このことなのか、その気品にまず圧倒されてしまいました。

そこで発表された演目が『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』の『阿古屋』と、舞踊『女伊達』。これには、歌舞伎ファンが声を上げて喜んでいるに違いありません。特に『阿古屋』は、玉三郎さん演じる平景清の愛人・阿古屋が、役人から、逃亡中の景清の居所を問いただされる際に、琴、三味線、胡弓を順に弾かせられ、音色の乱れで動揺していないかを試される場面が見どころ。女性の気品とプライド、心意気を、3種の楽器を演奏しながら細やかに演じなければならないという難役。今、演じられるのは玉三郎さんただひとりです。

これは人気の海老蔵さんの公演中止というアクシデントをも吹き飛ばすほど、ファンにとっては、ビッグでサプライズなプレゼントになりました。しかし3年ぶりに阿古屋に挑戦する玉三郎さん、この要請を受けたときの心情はどうだったのか、聞いてみました。すると「実のことを申しますと、1月はほかの役者さんは皆、出払っていて(出演中で)、私しかいなかったのです(笑)。準備の時間もなく、ちょっとためらいましたが、気持ちよくお受けしました。役者は声をかけてもらううちが華」とサラり。その受け答えから伝わってくる“腹の座り方”“芸への執念”はさすがです。会見に同席した松竹の迫本淳一社長が「女形の玉三郎さんに対して言うのもなんですが、快諾いただいたときは“おとこ気”を感じた」と話していましたが、それも納得できます。

「あわてて東京に連絡して(阿古屋で使う)楽器のツメを送ってもらった」「心配していたけれど、少し触れば思い出してきて大丈夫」「本来なら1月はゆっくりお芝居や映画を観て過ごそうと思っていた」「役者は舞台でお客様に喜んでいただくのが最高の幸せ」と、質問者の私の目を見て、にこやかな表情で、ていねいに答えてくれる玉三郎さんに、私までうっとり。世の奥様方が熱狂するわけが、十二分に理解できました。「たおやか」とは、漢字では「嫋やか」。女へんに弱いと書きますが、弱いだけではなく、一本芯が通った強さと懐の広さがあってこそ、美しい「たおやかさ」になるんだと感じます。海老蔵さんには、もしかするとそこが欠けていたのかもしれません。でも彼自身が、玉三郎さんに穴埋めをお願いすることの重みを一番感じているはずです。「歌舞伎界を担う後輩として一生懸命やっていただきたい」という玉三郎さんに対して、海老蔵さんは舞台で答えてほしいと思います。

ル テアトル銀座の『坂東玉三郎 特別公演』は中村獅童さんとの共演で、来年1月2日(日)から20日(木)まで行われます。ほとんどが昼の公演(14時~)だけなので(9日、14日のみ18時30分~、11日は休演)、予定を立てにくいのが残念ですが、これはファン必見の舞台。一般発売は12月16日午前10時開始。またもや熾烈なチケット争奪戦になりそうです。

海老蔵さんの看板が消えた南座で(2010/12/08)
きょうも愛之助さんに会いに・・・(2010/12/03)
喝采!代役・愛之助さんの外郎売(2010/11/30)
海老蔵さんの降板で・・・(2010/11/29)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
海老蔵さんの看板が消えた南座で
2010-12-08 Wed 20:57
1208南座中村松江
突然の会見から一夜があけ、どのメディアも海老蔵さん一色です。出演予定だった『顔見世興行』公演中の京都・南座では、5日目まではそのままだった海老蔵さんの“まねき”看板が消えていました。『まねき上げ』は京都の歳末の風物詩ですが、『まねき下げ』は異例中の異例のこと。先週土曜日の深夜に取り外したそうで、その場所には代わりに中村松江さんの看板がありました。でもこの“まねき”、単純に入れ替えればいいというものではありません。歌舞伎の役柄や役者の格によって場所を決めるのが習わしです。イケメンのことを「二枚目」と呼ぶのも、男前の花形役者の“まねき”を二番目に飾ったことに由来します。

毎年まねきの順番が決まるのは『まねき上げ』の直前、ギリギリなのだとか。披露宴の招待客の席順がなかなか決まらないのと同じで、これだけ一流どころばかり、文字通りの『看板役者』が揃うと、その配列も一筋縄ではいかないようです。そして、ようやく上がったまねきでしたが、今回の海老蔵さん降板によって入れ替えることに・・・。現場は再び頭を悩ませたに違いありません。

海老蔵さんのまねきがなくなった南座の前には、けさも大勢の歌舞伎ファンが開場を待っていました。そこでインタビューすると「海老蔵さんはjしっかり反省して、早く舞台に戻ってきてほしい」という声が圧倒的でした。誰もが海老蔵さんの実力を認めていました。私もまったく同感です。舞台に登場するだけで、劇場全体の空気を変えられる役者はそうそういるものではありません。若いながら海老蔵さんはそんな役者のひとりです。無期限での出演見合わせは厳しいものですが、これを乗り越えてさらに大きな役者になってくれることを願います。まずは事件の全貌が明らかになることが先決ですが、体調を回復し、謹慎が解けた『新生・海老蔵』に期待です。一方で、片岡愛之助さんの見事な『外郎売』の代演もあり、顔見世興行は大好評です。この騒動によって、あらためて日々、鍛錬されたた歌舞伎役者の技や、400年続く歌舞伎界の“底力”を感じた次第です。
たおやか・・・玉三郎さん(2010/12/10)
きょうも愛之助さんに会いに・・・(2010/12/03)
喝采!代役・愛之助さんの外郎売(2010/11/30)
海老蔵さんの降板で・・・(2010/11/29)
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
きょうも愛之助さんに会いに・・・
2010-12-03 Fri 14:47
花街総見
京都・南座の顔見世興行、その評判が日に日に上がっています。片岡仁左衛門さんと坂東玉三郎さんの“孝玉コンビ”復活となった『阿国歌舞伎夢華(おくにかぶきゆめのはなやぎ)』、突然の配役変更ながら見事に演じきっている片岡愛之助さんの『外郎売(ういろううり)』と、くしくも海老蔵さんの急な降板によって実現した演目が話題をさらっています。連日満員御礼の大盛況で、チケットも残りわずかだとか。けさは芸子さん、舞妓さんが芸事の上達に生かすため歌舞伎を見物する『花街総見(かがいそうけん)』で、宮川町のきれいどころが集まり、南座の前はよりいっそう賑やかでした。

夜の部を観て出てきたお客さんに感想を聞くと、誰もが最初に口にするのが「愛之助さんの外郎売が素晴らしかった」という声。初日、楽屋入りの際、私に「お客さまをがっかりさせないようがんばります」と話してくれた愛之助さんでしたが、がっかりどころか大きな感動をくれています。それにしても長くて難しいセリフ回しの演目を、わずか3日で自分のものにしてしまった役者根性はあっぱれです。舞台には役者がセリフを忘れたときに陰から小声で教える『プロンプター』という人がいます。30年ほど前に咳止め薬の龍角散のコマーシャルがありました。プロンプターが裏方さんに龍角散を持ってくるように言ったのを、舞台上の役者がそのまま「ゴホォン、龍角散!」と言ってしまうというものですが、外郎売のような早口言葉のセリフはプロンプターに頼ることはできません。

「歌舞伎役者さんなら外郎売は演じなくても稽古しているものだ」ということを言う人もいますが、アナウンサーの滑舌教本とは違いますし、本来、市川家しか演じない演目のセリフを誰もが覚えているものなのか疑問です。でも、一から習得するには時間がなさすぎるのも事実。というわけで、けさ南座で直接、愛之助さんに聞いてみました。「とんでもない(笑)。今回、引き受けてから覚えました」とのこと。つまり、わずか3日でマスターしたということ。これは驚異的なこと、愛之助さん、すごすぎます。そんなことを涼しげな微笑みとともに話してくれたのですが、最後に「隆俊くん(海老蔵さんの本名)、早く良くなってください。南座は任せてください」ときっぱり。観客の盛り上がりが、愛之助さんのプレッシャーを自信に変えているようです。これは観ておかないと、のちのち後悔しそう。毎日、南座に行っていますが、取材じゃなくて、観客として行きたい・・・(泣)。
たおやか・・・玉三郎さん(2010/12/10)
海老蔵さんの看板が消えた南座で(2010/12/08)
喝采!代役・愛之助さんの外郎売(2010/11/30)
海老蔵さんの降板で・・・(2010/11/29)
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。