藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
がんばれ!就活生
2011-01-30 Sun 00:54
最近は、一年中リクルートスーツ姿の学生を見かけます。ますます『就活』は厳しいようで、ことし春の新卒大学生の就職内定率が、去年12月1日時点で68.8%だったと発表されました。調査が始まった1996年以降で最悪の数字だそうです。3人に1人が内定をもらえていないわけで、まさに“超”就職氷河期。この時代に社会に出る学生たちは気の毒ですが、社会人の先輩としては「諦めずに自分のやりがいを追いかけてほしい」とエールを送りたいところです。ただ企業と学生のミスマッチも指摘されています。大学生の就職内定率が上がらない背景には、大手企業を希望する学生は多いのに、中小企業は人気がなく、人手不足が続いているというのです。このご時世、安定志向なのはわかります。でも・・・

私はアナウンサー志望の大学生から相談を受けることが多いのですが、「キー局(在京)にしか行きたくない」とか、「キーか、準キー(在阪)まで」という学生がいます。目標は高く、激戦のキー局を目指すことは、それはそれでいいのですが、そんな彼ら、彼女らに確かめるのが「アナウンサーになりたいのか、テレビ局に入りたいのか」ということです。細かく言えばアナウンサーでもどんな仕事をしたいかで、めざす放送局は絞られるでしょうが、キー局限定の理由が、いわゆるブランド志向や華やかなイメージからくるものだとしたら、まず採用の可能性は低いでしょう。

実力があればローカル局であっても、キー局並みの仕事はできるし、キー局ではできない経験も数多くできます。もちろん、キー局ならではの仕事もありますが、学生たちの志望動機を詳しく聞いてみると、何もキー局や準キー局でなくてもいい場合が多いのです。地上ローカル局だけでなく、BS、CS、さらには地元のケーブル局のほうが、やりたいことができるケースも多いのです。実際、そんな学生たち(今は現役のアナウンサーとして活躍している)を数多く知っています。また、これはアナウンサーに限った話ではなく、すべての就活に共通するような気がします。今一度、自分は何がしたいのかを分析し、企業選びの視野を広げてみると、意外と道が開けるかもしれません。

今、私はアナウンススクールで学生たちにアドバイスをしています。また局アナ時代には、採用する立場から、面接やカメラテストなどを通して、アナウンサーを目指す学生たちと関わってきました。その数は数百人にものぼり、その何倍ものエントリーシートを見てきました。実は「ここを、もうすこし変えればもっとよくなるのに」とか「なんか、損してるな」と感じる学生も少なくありませんでした。エントリーシートや面接についての質問も多数いただきますので、今後、このブログでも折を見てお答えできればと考えています。少しでも参考になれば・・・。就活中の学生たち、がんばれ!

直接私が就活アドバイスをするセミナーを開きます。3月19日(土)大阪・心斎橋です。興味がある方は参加してください。詳しくはこちら

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今どきの子役たち
2011-01-21 Fri 15:28
映画『犬とあなたの物語 いぬのえいが』があす公開されます。シリーズ第2作で、私のようなイヌ好きにはたまらない映画なのですが、さらに話題なのが、今や大人気の天才子役・芦田愛菜ちゃん(6)が出演していること。あどけなく、かわいらしい表情なのに、大人顔負けの堂々たる演技、見るたびに感心し、癒されます。ちなみにネコ好きにおすすめの映画もあす公開。テレビで人気のドラマを3D映画にした『ねこばん3D とび出すにゃんこ』です。奇しくもこの映画にも話題の子役が出演しているのです。奥田いろはちゃん(5)、先日、NHKの大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の1回目で、茶々の子ども時代を演じた芦田愛菜ちゃんの横にいた、お初役の女の子です。最近の子役たちの演技には圧倒されます。

子役と言えば、前回のブログで書いた『レ・ミゼラブル』のガブローシュ役の加藤清史郎くん(9)がきのう記者会見し、舞台への意気込みを話したとスポーツ紙が伝えています。東宝の公式ページには子役キャストの4月分のスケジュールが発表されました。いよいよです。ほんとう楽しみです。また今、東京で公演中の劇団四季ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』(3月12日(土)千秋楽)でも子役たちが重要な役を演じ、舞台を盛り上げています。活き活きとして、表情豊かな子どもたち。日本の子役たちもここまできたのかと、しみじみと感じました。
四季劇場秋SOM
こうなると、あのミュージカルの日本版が観られるのも近いかもしれない・・・と期待してしまいます。第63回トニー賞で、作品賞など主要10部門を獲得した『ビリー・エリオット』。映画『リトル・ダンサー』のミュージカル版です。言うまでもなくバレエダンサーを夢見る少年ビリーが主役で、相当の演技力、ダンス力、歌唱力を持ち合わせていないと務まりません。ブロード・ウェイでは、ビリーをトリプルキャストで演じた10代の少年3人がトニー賞の主演男優賞に選ばれています。 日本版の噂はあるものの、なかなか現実にはなりませんが、最近の子役たちの実力を見せつけられ、夢ではなくなってきました。期待を込めて・・・

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
レミゼにサプライズキャスト
2011-01-11 Tue 15:34
いよいよ、きょうから帝劇開場100周年記念『レ・ミゼラブル』4月分の先行抽選予約のエントリーが始まりました。年末年始は忙しくて東宝のサイトをチェックできないでいたのですが、エントリーのために久しぶりに開いたレミゼ公式サイトで、ある記事を見つけびっくり!

新たに発表されたキャストの中に、こども店長でおなじみの加藤清史郎くんの名前があるではないですか!!一瞬、我が目を疑うとはこのことです。レミゼの男の子役といえば、浮浪児のワンパク少年・ガブローシュ役。かつて、87年の日本初演では山本耕史さんが演じていますが、すでに有名な子役が抜擢されるのは24年の日本のレミゼ史上、初めてのことだそうです。

この役は、公演によって小柄な女優さんが演じることもあるのですが、やはり子役が演じるほうが断然いいのです。さらに、NHKの大河ドラマ『天地人』の放送中にも、私は清史郎くんが「ガブローシュのイメージにぴったり」と思っていて、勝手に作った夢のキャストのガブローシュは清史郎くんだっただけに、まさに夢がかなったような気分。実際、40倍のオーディションを勝ち抜いた清史郎くん本人も、決まった時は「嬉しくて泣いてしまった」のだとか。その熱い思いが舞台にどう生きてくるのか、今から待ち遠しいばかりです。トリプルキャストのガブローシュ、あと二人は小宮明日翔くんと鈴木知憲くんが務めます。どちらもミュージカル『エリザベート』で少年ルドルフを演じている実力派ですから、こんどのレミゼはガブローシュにも要注目です。

こんどで、1985年のロンドン初演版の演出では最後となる『レ・ミゼラブル』。2011年4月8日から10日がプレビュー公演、4月12日の初日、6月12日の千秋楽まで東京・帝国劇場で上演されます。

レ・ミゼラブル25周年記念コンサート(2010-11-06)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新年は向上の好機
2011-01-01 Sat 00:00
あけましておめでとうございます。

31日から1日へ、いつものように一日が経過しただけではありますが、大晦日から元旦への一日となると、特別な思いが生まれます。みなさんは、どのように新年を迎えられたでしょうか。田山花袋の小説『田舎教師』の中で、主人公の林清三は明治37年元日の日記にこう記しました。

「新しき生命と革新とを与ふべく、新しく苦心と成功と喜びと悲しみとをくだすべく新年は来たれり。若き新年は向上の好機なり。願はくば清く楽しき生活を営ましめよ」

新年は向上の好機、単なる一日の経過ですが、ステップアップのチャンスにしたいものです。そして悔いのない日々を・・・。日記を書いた清三は、その年の秋に肺病で短い生涯を終えました。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。