FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
がんばれ!就活生~オリジナルこそ強み
2011-02-13 Sun 17:44
この春卒業を控えた大学4年生がまだ就活をしているという異常事態の中、来年春卒業の3年生の就活も始まっています。仕事柄、アナウンサー志望の学生たちからの質問や相談を受けることが多いのですが、先日も「2次の集団面接で、ほかの人たちがこんなことを言っていたけど、私もそう言ったほうが良かったでしょうか」などと聞かれ困りました。また「エントリーシートの自己PRに何を書けばいいですか?」とたずねてくる学生や、「面接で、大学で打ち込んだことを聞かれましたが、どんなことを話せば良かったんでしょうか」という学生までいます。どの場合でも、一般的な自己PRについてのアドバイスはできますが、彼らひとりひとりの学生生活をすべて見ているわけではないので、「何を」には答えようがないのです。「例えば・・・」と前置きをして、私が適当に自己PRを話すと、「それ、いただきます」という輩までいてびっくり。そんな学生に限って、いかにも就活マニュアル本に載っていそうな例文を、ちょっとだけアレンジし、丸暗記していたりします。

実はそんな学生は少なくないのです。だから、面接でもエントリーシートでも、似たような答えに出くわすことがよくありました。年度によっても特徴があって、「いまどきの流行?」と思うことすらありました。突飛なことをして目立ってやろうと思う必要はまったくありませんが、『自己PR』なのですから、あくまでオリジナルでなければなりません。そうでなければ数多いエントリー者の中で埋没してしまいます。実際に、あなたが体験したこと、感じたこと、身に付けたことを、採用する側は具体的に知りたいのです。あなたしか言えないこと、書けないことから、その人ならではの人柄、考え方、意欲、本音までを、企業は知ろうとしています。逆に一見良さそうでも、借りてきた自己PRでは、間違いなく突っ込まれてボロが出ますから要注意です。

学生たちの不安はよくわかります。だから、面接問答集やエントリーシートの模範例などでイメージトレーニングしておくのはいいと思います。とはいえ、本に書いてあることだけが、決して正解ではありません。一般論をそれらしく話す学生に魅力を感じません。あくまで一番の武器は『自分ならでは』だということを忘れないでください。私が面接官をしていて、もっと聞きたくなるような自己PRは、体験をもとにしたオリジナルエピソードです。それをどう話すのかは、もちろん工夫がいりますが、まずは自信を持って、人や本に振り回されないようにがんばってください。

そんなアナウンサー志望のみなさんに、私の体験をもとにした就活セミナーを来月19日(土)大阪・心斎橋で開きます。興味のある方はぜひ参加してください。詳細はこちら

がんばれ!就活生(2011-01-30)
檄・アナウンサー志望の皆さん(2008-02-02)
自己PRできますか?(2007-10-11)
アナウンサーになるには・・・(2007-08-14)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/