FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
がんばれ!ああ、松島や
2011-05-03 Tue 22:16
「備えあれば憂いなし」今回の震災で、改めて非常用の準備が見直されています。そこで、きょうの『ミヤネ屋』では、最新の防災グッズを紹介しました。最新の~と言うだけあって、数年前と比べてもかなり進化しています。電池不要、手回し発電の懐中電灯は、ソーラー蓄電もできて、ラジオが聞けて、サイレンや非常灯もあって、携帯電話の充電もできるというスグレモノ。1台5役、6役をこなします。また手回し充電のLEDライトランタンはフル充電で丸一日使えます。余震が続く中、二次災害の危険のあるろうそくで夜を過ごしていた避難所に、これがあればどれほど安心だったのでしょうか。水をいれるだけでごはんになるのが『アルファ米』。30年前、高校の山岳部で食料として使っていた頃は、決しておいしいものではありませんでしたが、今どきのアルファ米は実においしいのにびっくり!種類も、白米だけでなく、五目ごはんやピラフ、ドライカレーなどさまざま。世の中、進んでます。さらに重宝しそうなのが、ガスや電気がなくても食品を温められる『あつあつ加熱パック』。発熱剤に水を入れると、水蒸気が98度まで上がって、レトルトパックも缶詰も温められます。このほかにも、普段でも利用できそうなアイテムがいろいろ出ています。ぜひ家庭の非常用袋も再点検してみてください。


松島のみなさん
そしてきのうの『ミヤネ屋』は、番組始まって初の試み、宮根さん、川田アナもスタジオを飛び出して全編を外から生中継。「東北を応援したい」という思いから、宮城県の松島からの放送です。松尾芭蕉が「松島や ああ松島や松島や」と詠んだ日本三景のひとつ。ここも地震や津波に襲われましたが、周辺地域と比べると比較的、被害は少なかった場所です。沖合の島々が天然の防波堤になったと言われています。 私はヘリコプターに乗って、そのようすを上空からリポートすることになっていたのですが・・・。きのうは強風警報が出るほどの風、結局飛べずじまいでした。

メッセージ
そのため、スタッフの一人として、出演していただく松島の皆さんに声をかけたり、メッセージを書いてもらったりしたのですが、どの方からも名勝地として復興に賭ける熱い思いを感じました。被害が少ないと言っても、津波で浮桟橋4基が流され、小型の遊覧船26隻が流されてしまいました。シャッターが津波でねじ曲がられたままの商店もあります。そんな中、遊覧船は震災の翌日から職員が復旧にあたり、ゴールデンウィークに間に合わせ運航にこぎつけました。園内は泥だらけで、マンボウが死ぬなどした近くの水族館も再開。ペンギンの赤ちゃんが生まれるなど、明るい話題もあって元気に営業しています。「松島が先陣切って、宮城の、東北の復興を勢いづかせたい」その声が、形として見えてきた気がしました。

焼きガキ
ブラブラと食べ歩きを楽しむのもひとつ。このあたりは、カキが特産品ですが、津波でカキのイカダがほぼ全滅してしまいました。でもおいしい松島のカキは全国で育っていたんです。『松島おさかな市場』では、松島の種ガキを使って育てたカキを全国から取り寄せ営業を再開しました。炭火で焼いた焼きガキが3個500円。大きくて、プリプリ。これだけでも「来てよかった」と思える一品でした。そのほか、牛タンつくねに牛タンまんじゅう、牡蠣カレーパンなど、おいしいにおいに、ついつい立ち止まってしまいます。まだまだ復興はほど遠く感じられる観光地も多いのですが、再スタートを切った観光地を訪れることも、大きな支援になることは間違いありません。松島は、景色も、食べ物も、そして“人”も、最高でした。
さかな市場
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


スポンサーサイト



別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/