FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
帝劇と震災
2011-05-30 Mon 16:55
一歩、足を踏み入れた瞬間に日常から夢の世界へ。ゆっくり椅子に腰を下ろして待っている時の、じわじわ高まる期待と高揚感。私は劇場独特の“空気”が大好きです。近代的な大劇場や公共のホール、東京・下北沢に代表される小劇場、歴史を重ねた芝居小屋、工場や倉庫を改装した劇場など、どこにも、その劇場ならではの表情があります。ブロードウェイの古い劇場などは、本当にオペラ座の怪人が住んでいそうですし、今年開場100周年を迎えた熊本・山鹿市の八千代座では、壁や柱にあるシミや焼けが、名役者たちの“魂”を刻んでいるように感じます。仕事柄、開場前や終演後の劇場を訪れる機会がありますが、そこには華やかな舞台とは違う、また別の顔が見られます。劇場にもそれぞれに“人格”のようなものがある気がしてなりません。
帝国劇場
そんな劇場の中でも、一番の風格や貫禄を誇るのが東京の帝国劇場、通称・帝劇。私にとってはミュージカルの殿堂、憧れの舞台として、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『屋根の上のバイオリン弾き』など数多くの名作を何度も観劇した劇場です。1911(明治44)年の開場ですから、こちらも今年でちょうど100年となりました。今、エントランスでは100年を祝う花のアーチが観客を迎えてくれます。そこで最近、読み返しているのが嶺 隆・著『帝国劇場開幕~今日は帝劇 明日は三越』 (中公新書)という本。副題となっているのは、当時の流行語ともなった三越の宣伝文句。あの頃は劇場がモダニズムの象徴だったわけです。
帝劇エントランス
建物は何度か変わっていて、今ある帝劇は1966(昭和41)年に建て替えられたもの。本では1923(大正12)年の関東大震災で被災し、改装するまでの帝劇の歴史がつづられていますが、これも波瀾万丈な“人生”のように思えます。首都圏をマグニチュード7.9の大地震が襲った関東大震災では、首都圏の数多くの建物が全壊、半壊する中、帝劇は揺れでの被害を受けませんでした。設計者の横河民輔は、アメリカで学んだ鉄骨構造を日本に初めて取り入れた建築家として知られ、地震にも詳しく、帝劇は耐震性を重視した最新構造となっていたからです。さらに防火壁、消火栓、避雷針など防災設備にも力を入れて作られていたのです。ところが地震に耐え、内部の火災も起こさなかったにもかかわらず、風上に合った警視庁の火災が飛び火し、劇場内部を燃やしつくしたのだそうです。

その惨状は外電で世界に伝えられ、官公庁や銀行の被害は1行で片づけられたのに、帝劇だけは見出し付きの記事になりました。そのため海外でもチャリティ演奏会などが開かれ義援金が集まったといいます。一方、帝劇自体も被災10日後には復興計画をまとめ、その後、帝国ホテルを間借りし公演を始め、何と翌年には劇場を再開しているのです。今、東日本大震災の甚大な被害を前に肩を落としがちですが、歴史から我々の先達たちが、多くの苦難を驚くべきパワーで乗り越えてきたことを知り、勇気がわきます。そこに文化、芸術、スポーツの後押しがあったことも間違いありません。

そして今、帝劇は100周年記念公演『レ・ミゼラブル』の真っただ中。ロビーには出演者から被災地に向けた手書きのメッセージボードと義援金の募金箱。「頑張れ東北!! きっと夢見た明日が来る」その思いは、必ず届くはずです。観劇レビューはのちほど・・・
レミゼ東北メッセ

マリウス役の山崎育三郎さんのメッセージ
育三郎メッセ1

『レ・ミゼラブル』 カンパニーによる応援メッセージ



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

スポンサーサイト



別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/