FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
レミゼのあとは・・・
2011-06-11 Sat 23:17
帝劇チケット売り場
どこでもドアがあったなら、今すぐ飛んでいきたい心境なのです。いよいよミュージカル『レ・ミゼラブル』オリジナル演出版が、あす東京・帝国劇場で千秋楽を迎えます。日本初演から24年、私がとりこになって10年。何回、何十回と観ても、色あせることなく新鮮な感動を与えてくれる作品でした。観るたびに深く、深く物語の中に引きこまれていく不思議なパワーがありました。よく言われる「神が地上に舞い降りて作った舞台」という表現は、決して大げさではありません。そんな四半世紀分の熱烈ファンが全国にいるわけで、楽日、前楽のチケットは超レア。私は手に入れることもできず、ただ千秋楽までカウントダウンをするのみなのです。
100年帝劇
というわけで、私の“レミゼ千秋楽”を先週、迎えてきました。ジャンバルジャンはSPキャストで観た別所哲也さん。2003年初登場では、若さが際立つバルジャンでしたが、今ではまるで、バルジャンの生涯を体に刻みこんだかのよう。演技の繊細さと大胆さが見事に融合して、迫力をもってバルジャンの心情を伝えてくれます。最後の告白のシーンでは、涙が光っていたように見えました。同じ2003年、少女であるエポニーヌを演じていた新妻聖子さんが、なんと母親のファンティーヌ役。彼女の美しい歌声が、幸せの薄い女性のはかなさも、愛情深い母親の強さも表現します。新妻ファンテ、いいです。2007年マリウスでデビューした山崎育三郎さんは、私のイメージするマリウスそのもの。ボンボンで頼りないけど、心はまっすぐ一直線でピュアなイケメン。今回観た育三郎マリウスからは、これまで感じていた単純なボンボンだけではない、葛藤する大人の顔も見せました。そのほか、今拓哉さんのジャベールは凄味を増していたし、毎回、観客を爆笑させるマダム・テナルディエの森公美子さんのアドリブ?は、全体的に暗い話の中での清涼剤、ますます面白くなっているし・・・。おなじみ笹本玲奈さんのエポニーヌは、すでに安定感たっぷりで、初アンジョルラスの上原理生さんは舞台経験は少ないながらも、劇場に響き渡る迫力ある声量と、すらりとした長身は役にはまっていて、次も楽しみ・・・なのに、終わってしうのですね。寂しい。

今後は新しい演出になって、レミゼは続くのですが、その主な変化は回り舞台(盆)がなくなることのようです。これほど“盆”を効果的に使った舞台はなかっただけに、「レミゼから盆を取ってどうするんだ」と、個人的には残念なのですが、まぁ次回、生まれ変わった新レミゼに出会えるのを楽しみに待つとしましょう。
風と共に去りぬポスター
ところで、100周年記念の帝劇はレミゼが終わったあとは『風と共に去りぬ』が開幕します(6月18日初日)。映画で有名な原作をもとに1966年、帝国劇場が新装開場記念として世界で初めて舞台化した作品で、このたび伝説の舞台の復活となります。よってミュージカル版もありますが、これはストレートプレイ。南北戦争動乱期のアメリカ南部で、激動の時代を自分らしく生きようとする女性、スカーレット・オハラの半生を描きます。その主役スカーレットを米倉涼子さんが演じることで話題を集めました。

実は、その『風と共に去りぬ』が帝劇公演の前に現在、大阪・梅田芸術劇場で上演中。先日、宮根さんに誘われて、おっさん二人で観てきました。気が強くて、わがまま、でも美しく情熱的で、しっかり前を見て生きていく女性、スカーレットはまさに米倉さんのはまり役。体当たりの演技でスカーレットを体現しています。舞台キャリアは『CHICAGO』『黒革の手帳』くらいですが、その舞台映えには圧倒されました。相手役、レット・バトラーの寺脇康文さんとの絶妙な息も楽しめます。そして岡田浩暉さん、元宝塚トップスターの紫吹淳さんら芸達者な面々が脇を固め、舞台を引き締めます。スカーレットが心を寄せるアシュレイを演じる岡田さん、私と同世代ながら、いつまでも品のある青年役がよく似合います。レミゼでは岡田さんのマリウスもいいんです。そしてスカーレットに嫉妬の炎を燃やされながらも彼女を姉のように思い慕っているアシュレイ夫人のメラニーを演じる紫吹さんの純粋さ、けなげさも光ります。

終演後、楽屋へごあいさつへ。この舞台、出演者が多く、豪華な衣装もいっぱいですから、途中の通路にまで衣装があふれていました。そして熱演後の米倉さんは、舞台のスカーレットのようにパワフルで、こちらでも圧倒されました。作品への熱い思いは日々、物語を熟成させていくことでしょう。それにしても、近くで見た米倉さんの顔の小さいこと。美しかったです。

『風と共に去りぬ』は梅田芸術劇場で6月12日(日)まで上演中

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト



別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/