藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
安いキュウリに悲しみと怒り
2011-09-30 Fri 22:54
あすから10月、ようやく秋らしくなってきました。ところが、この急な冷え込みで野菜がまたしても高騰しています。台風被害による高値も相まって、安定的な生産ができなくなり、5割以上も上がっている種類もザラです。きのう、大阪卸売市場で取材したのですが、キュウリ1箱(50本)が、5000円!というのには驚きました。卸でこれですから、店頭に並ぶときにはどうなっているのでしょう。ただ、それでは売れないので、多くの小売店が赤字覚悟の値段で販売しているそうです。

その1箱5000円のキュウリの横に積み上げられていた、同じく50本入りのキュウリの箱。こちらは緑色がより鮮やかで、まるまるしていて、ブツブツも美しい。光沢が見るからにおいしそうなキュウリ。ところが高級品に思えるこちらのキュウリの卸値は1箱4000円。なぜか1000円も安い。とても不思議です。
福島キュウリ
実はその理由はただひとつ、「福島県産」だからです。検査も通り、安全が保障されていても「福島」とついただけで買い控えられるといいます。もともと福島は野菜の一大産地で、このキュウリも「ワンタッチ」といって、収穫の際に一度だけ手に触れただけで箱詰めされた“こだわり”野菜。どおりでブツブツが潰れずしっかりしているわけです。卸業者の方によると品質も一番よく、他の産地と比べて、スも入っていないし、痛みもなく上々の出来とのこと。素人の私が見ても、農家が丹精込めて育てた野菜だとすぐわかります。こんないいキュウリが風評で売れない現実。聞いていて悲しく、また腹立たしくなりました。

きょう、政府は福島第1原発事故を受けて設定していた『緊急時避難準備区域』を、原発による危険度が改善したなどとして、すべてを解除しました。しかし、肝心の除染作業も終わらず、その費用を国がどこまで面倒見るかでもめているなど、まったく喜べない状況が続きます。対象地域3万人近い避難住民が家に帰れるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。どれもこれも一刻も早い事故の収束が必要です。今さら「スピード感をもって」「一日も早く」という政治家の声が薄っぺらく感じてしまいます。震災から半年を過ぎ、もはや避難している方々に「もう少し辛抱してください」とは言えません。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
これがファン心理?
2011-09-28 Wed 01:40
週末は『大相撲秋場所』を開催中の両国国技館へ。もちろん4年ぶりの日本人大関誕生が確実となった琴奨菊関を取材するためです。実際に会って話してみると、「気は優しくて力持ち」を絵に描いたような人。いわゆるイケメンとは程遠いルックスですが(ごめんなさい)、礼儀正しく、笑顔が愛くるしくて、知れば知るほど応援したくなる力士です。しかも来場所は琴奨菊関の地元九州場所です。不祥事続きで人気に陰りが見えていた相撲界にあって、新大関の活躍があれば、再生にも勢いがつくというもの。さらに稀勢の里の大関挑戦もあるし、臥牙丸、隆の山ら個性的な力士もいます。今から11月13日の初日が待ち遠しいですね。

仕事とはいえ、本場所を見るチャンスはなかなかないため、千秋楽の朝10時過ぎ、序の口の取り組みから結びの一番まで、たっぷり見てきました。ただ早い時間帯は、お客さんはほとんどいません。結びまで7~8時間あるんですから。それでも熱烈なファンはいて、ひいきの力士に声援を送っています。ガラガラの館内ですから、声が余計に響くのです。それらは力士たちの耳にも届いているはずで、確実に力になっていると感じました。
午前中の国技館
長時間、国技館にいると、色々なファンの存在に気づきます。普通、結びの一番に向けて観戦するものだと思っていましたが、十両の取り組み中に席を立ったり、中入り後に帰ったりする人の姿が見られます。このあと、大関、横綱が登場するのにもったいない・・・突然の用事でやむなくかな・・・と思ったら、そんな人ばかりではないようです。前の席の二人連れは「お目当ての力士の取り組みが終わったので、これで満足」と言って帰っていきました。また隣のおじさんは、大きな声援と拍手を送っていましたが、その力士に一貫性がないというか、共通点がないような・・・。でもよく聞いているとわかったんです。みんな東北出身の力士ばかりなのです。実は「東北から出稼ぎにきているから、郷土力士の応援が楽しみ」なんだとか。そのほかすべての取り組みで「どっちもがんばれ」と応援する男性、悲鳴にも似た声で応援する女性など、ファン心理もさまざま、それを観察するのも楽しかったです。

ファン心理といえば、アイドルグループのファンの皆さんを取材したことがあります。「追っかけでアルバイト代全部使った」とか「チケットを手に入れるために数日前から徹夜で並んだ」とか、「アイドルが持っているものと同じものをそろえた」などなど、誰もが熱狂的で、一途でした。テレビでCMなどしようものなら「そればかり買う」なんていうのは当たり前。興味のない私などにはなかなか理解しがたいところはありますが、最近、その心理も少しわかるようになりました。というのも、毎日ファミマの彩りデリと、サッポロ一番KING CUP食べているんですから。

なぜって?アイナック神戸のなでしこたちが宣伝しているんですもん。
ファミマデリ
サッポロ一番

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
レタスの価格にびっくり
2011-09-15 Thu 23:11
9月も半ばだというのにこの暑さ。先月の終わりから今月初めには、少し秋らしくなっていただけに、このところの“ぶりかえし残暑”は油断していた体には一段とこたえます。きょうの全国最高が熊本・玉名市で36.6度。兵庫・豊岡市でも36.0度の猛暑日。秋の運動会シーズンを控え、予行演習中に熱中症で倒れる人も続出しています。体調を崩しやすいのは、夏のはじめと、残暑のころなのだとか。みなさんも秋近しと体が油断しかかっていた今、もうしばらくご自愛のほどを。

人間だけでなく、野菜も暑さにまいっています。 そういえば、ファミレスのサラダバーからレタスが消えていることに気がつきました。コンビニでもレタスたっぷり野菜サンドイッチを置いていません。大手のサンドイッチ・チェーンでは、レタスの増量サービスを一時的に中止に踏み切りました。残暑に加え、ノロノロで長雨をもたらした台風12号の影響などもあって、全国的にレタス不足が深刻なのが理由です。きょうの『ミヤネ屋』でも、野菜高騰を取り上げました。近所のスーパーで買ってきた片手ですっぽり収まるくらいの超小玉レタスが1個「350円」。これにはゲストの姿月あさとさんや飯星景子さんも驚きの声。先週までなら100円から200円ほどだったそうですから、3倍ほどになっているのです。レタスだけでなく葉物を中心に値上がりしている野菜、来月には価格も落ち着いてくるだろうといわれていますが、しばらく野菜サラダは贅沢品になりそうです。

そんなニュースを伝えた後、先週オープンしたばかりの『バーガーキング・アメリカ村店』へ。アメリカで出会ってから20年近く、その味のとりこになっているのですが、最近、ようやく関西にも店舗が増え始めてうれしい限りです。ここはお客さんの好みで具を自由に増減できるのが特徴で、もちろんレタス多めもOK。それもワッパーとワッパージュニアなら無料。このご時世ですから、申し訳ない気持ちで「レタス多め」とリクエストしてきました。きょうのレタス増量のワッパー、一段とおいしく感じました。
ワッパー
やっと会えたね(2007-11-22)
祝!バーガーキング復活(2007-06-07)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
近賀選手、魅力のルーツ
2011-09-01 Thu 13:10
大丈夫だとは分かっていても、なんだかドキドキします。まもなく、なでしこジャパンがロンドンオリンピック出場権をかけたアジア最終予選、タイとの初戦に挑みます。すぐにでも開催地の中国に飛んでいきたいのはやまやまですが、そうもいかず今回はテレビの前で正座して観戦しようと思っていたら・・・。このタイミングで日本に台風が接近中、その取材のためテレビ観戦すらかなわなくなりました(泣)。でも、いつもどおりのなでしこらしいゲームで、「初戦勝利」の報を待ちたいと思います。がんばれ!なでしこジャパン!!

きのうは、個人的にもうれしいインタビューができました。実は私も大ファン、なでしこ不動の右サイドバック・近賀ゆかり選手のご両親にお会いし、素顔の近賀選手について話を聞くことができたのです。その様子は『ミヤネ屋』でご覧いただいた方も多いと思いますが、ワールドカップで全試合フル出場し、世界一に大きく貢献した、そのタフな体力と精神力をはぐくんだ“源”を感じることができました。ご両親は、横浜市戸塚区で30年間お寿司屋さんを営んでいて、仕込み前の忙しい時間にもかかわらず快く取材にお応えいただきました。赤ちゃんの頃は、お母さんがおんぶしながらお店に出ていたということで、お腹を空かしたらスシネタを食べさせていたのだとか。今の近賀選手の強靭な体のベースを作ったのはお寿司だったんですね。でも「小さいころから魚ばかり食べさせていたからか、今ではお寿司は食べてくれず、お肉が大好物になってしまった」とお父さん。
近賀選手のご両親と
気さくで楽しいご両親で、その話しぶりからも近賀選手が愛情たっぷりに育ったことが分かります。近賀選手が試合での入場の際、また祝賀会やサイン会でファンの子どもたちに見せる優しい気遣いや行動に、私は取材しながらいつも感心していて、そこも近賀選手の魅力なのですが、このご両親にしてこの娘あり!というべきでしょうか。

さすがにワールドカップでは、守りの場面での活躍が目立った近賀選手ですが、もともとはFWの選手。先日のなでしこ選抜との試合や、INAC神戸でのなでしこリーグの試合では、どんどん前に出て本来の攻撃力で見せ場を作ってくれます。実際、目の前で試合を追いかけていると「最初から最後まで、あれだけ走って走って大丈夫なの」と心配してしまうほど。このアジア最終予選でも、そんな縦横無尽な近賀選手のプレーで、オリンピックのきっぷを持って帰ってくれることは間違いないでしょう。
近賀選手サイン
公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。