藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
舞台は楽し~二月花形歌舞伎
2012-02-23 Thu 19:56
二月花形歌舞伎
大阪松竹座で上演中の『二月花形歌舞伎』夜の部を観劇しました。片岡愛之助さん、市川染五郎さん、中村獅童さんという脂ののった“39歳同い年トリオ”そろい踏みでも話題の舞台。そのギラギラしたエネルギーに客席は圧倒されっぱなしでした。夜の部はおなじみ、古典の名作『義経千本桜・すし屋』と、大正末期に初演された新歌舞伎『研辰の討たれ (とぎたつのうたれ)』のラインナップ。前半はしんみり&感動、後半は休む間もなく大笑いさせてくれます。

『義経千本桜・すし屋』の困り者の息子“いがみの権太”を演じているのはラブリンこと片岡愛之助さんです。権太役はほかの役者さんでたびたび観ていますが、愛之助さんならではの権太が描かれていました。手の付けられないワルだけれど、根はやさしく、どこか憎めない男。そして最後は悲しい結末へ。荒々しく男っぽさの中に見え隠れする繊細さ。その表現には、うならされました。終演後にお会いした素顔の愛之助さんは、いつも通り気さくで優しくてさわやか。それでいて会話の中からは男らしく熱い情熱が伝わってきます。だからこそ優男の役もいいのですが、権太のような役が自然にはまるのかもしれません。

『すし屋』には魅力的な登場人物が多いのですが、中でも私のお気に入りが、お里ちゃん。一途なまでの恋心はかわいらしく、ほほえましい。でも、ちょっと天然キャラ・・・。その一方で、健気で献身的な女性の強さと哀れも感じさせるのです。今回は中村壱太郎さんが演じています。去年、国立劇場の『歌舞伎鑑賞教室』で、軽妙なトークで、歌舞伎の魅力を語ってくれたのが印象的で、それ以来注目している役者さんなのですが、若手のホープながら最近は大きな役も次々にこなしていて、この弾けるようなお里ちゃんも、見事でした。

後半の『研辰の討たれ』は、初めて観ましたが、完璧なコメディで、まぁ笑わせる笑わせる。3人とも初役とは思えないほどぴったりはまっていて、うまい。特に染五郎さんの辰次には驚きました。あの二枚目染五郎さんが、ここまでやるとは。舞台と客席がひとつになってとにかく盛り上がります。歌舞伎初心者には、ぐっと身近な存在に変えてくれるのではないでしょうか。上演機会は多くない作品ですが、チャンスがあれば、ぜひご覧ください。歌舞伎の幅広い魅力に改めて接した夜でした。

若手がいざなう歌舞伎の魅力(2011-06-12)
喝采!代役・愛之助さんの外郎売(2010-11-30)

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
スポンサーサイト
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舞台は楽し~ズボン船長
2012-02-19 Sun 12:01
「熱い思いがあれば、仲間が集まり、輪が広がり、夢が形になる」
そんなできそうでできない方程式を、目の前で見せつけられたような夜でした。
ズボン船長
神戸発のミュージカル『ズボン船長 FIFI AND THE SEVEN SEAS』が昨夜、神戸文化ホールで幕を開けました。『魔女の宅急便』で知られる角野栄子さんの童話『ズボン船長さんの話』を原作にしたオリジナルミュージカル。ひ弱な小学生の男の子ケンが、かつて船乗りだったズボン船長に出会い、船長から大切にしている宝物にまつわるエピソードを聞くことで物語は進んでいきます。船長の思い出話の中に、ケンが入り込み、さまざまな冒険をしていくと、観客もケンといっしょにファンタジーの世界に引き込まれていきます。ワクワク、ハラハラさせ、時にはほのぼのし、はち切れるダンスシーンあり、また“ドキッ”とさせられるセリフあり。ケンが「人は必ず死ぬのに、なぜ生まれてくるの」と尋ねるなど、根底には普遍的なテーマも流れています。

このミュージカルこそ、ある男の“熱い思い”が生み出した作品です。その男とは、俳優であり、演出家であり 振付家であり、アークスインターナショナル代表として未来のミュージカルスターを育てている岸本功喜さん。この作品では、演出、脚色、構成、振付を担当しています。演出家としては、若手の中でも若手の年齢ですが、実際に会って話してみると、誰もが彼の舞台に対する熱い熱い思いを感じるはずです。また、その行動力が半端ではありません。

そもそも『ズボン船長』がミュージカルになったのも、岸本さんが原作の角野さんに直談判したことから。「自分の伝えたいことが詰まっているズボン船長を舞台にしたい」その思いは伝わりました。角野さんは「最初はお会いするだけのつもりだったけれど、岸本さんの“熱”を感じたから」と語っています。そうそう、この岸本さんは、劇団四季の役者さんだったんですが、そのきっかけも熱いのです。学生時代に、大阪MBS劇場(現・シアターBRAVA!)で劇団四季の『キャッツ』を観劇。その時に、今や伝説の蔡 暁強(サイ・シャオチャン)さんのミストフェリーズにビビビ!と稲妻が走り、そのまま劇場外で出待ちして、「自分もやりたい!!」と直談判したのだそうです。その後、劇団四季のオーディションに合格。『ライオンキング』ではムキムキの筋肉も話題となったハイエナ役をはじめ『美女と野獣』や『ジョン万次郎の夢』などに出演しているのですから、夢を実現させる達人と言える方です。

そんな彼のもとには、劇団四季時代の仲間をはじめ、多くの才能が結集しています。ダンス指導に加わったのは、岸本さんをビビビ!とさせた蔡 暁強さん。ダイナミックな群衆ダンスは必見です。また心に響くナンバーも数多くあります。作曲、音楽監督は小島良太さん。こちらも四季出身で『ライオンキング』『マンマ・ミーア!』に出演したあと、現在、作曲家、編曲家として活躍している方です。今回は船乗り役で出演もしています。また子役たちも素晴らしい。日本のミュージカル界の“金の卵”たちと出会えます。

荒削りだけれど、それぞれの熱い思いが、ステージで激突し融合している感覚。これこそ生のお芝居の魅力だと再認識させられた舞台です。昨夜は超満員の観客が詰めかける中での、文字通りの“船出”でしたが、これから荒波も、嵐もあるでしょう。でもそのたびに、さらに輝きを増すであろうミュージカル『ズボン船長』。「神戸から世界へ向けたミュージカル」のキャッチフレーズも夢ではありません。きょう2回ある神戸公演は完売で、追加公演が、ゆかりのシアターBRAVA!で2月26日に行われることが決定しました。熱いパワーをもらえます。ぜひ、観てみてください。
詳しくは、公式HPで。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トマトで痩せる??
2012-02-10 Fri 23:59
西洋のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる!?」と伝えられるくらい、トマトが健康にいいことは昔から知られていますが、「どうしていいのか?」となると、まだまだ分からないことが多いんだそうです。そんな中、京都大学農学研究科の河田照雄教授らが中心となった研究チームが画期的な発見をし、きょう発表されました。それが・・・

「トマトの中には、脂肪を燃焼させる成分が多く含まれている」ということ。
京大トマト

何度もダイエットに失敗している女性のみなさんや、メタボが気になる男性諸氏にとって、これは朗報!!・・・となるのでしょうか。実は、きのう一足先に京大で、研究チームのひとりである金英一先生に話を聞くことができたので、概要を紹介しましょう。基礎代謝を上げ、脂肪の燃焼に効果があるというのが、トマトに含まれる「13-oxo-9,11-octadecadienoic acid」という、長いだけではなく、われわれ素人にはちんぷんかんぷんの名前を持つ成分。略して「13-oxo-ODA」。マウスを使った実験では、肝臓での脂質代謝を促進させ、血中・肝臓中の中性脂肪を低下させ、血糖値をも下げたのです。つまり、単に体の脂肪を燃やし、太りにくい体にするだけではなく、肥満による生活習慣病への改善効果もあるというのです。トマトって、すごいんです。そして、数年がかりでこの事実を突き止めた研究チームもすごいです。

では、どれくらいのトマトを食べれば効果があるのでしょうか。マウス実験で得られたデータから人間に当てはめてみると、毎食にトマト2個、つまり1日6個。これはかなり大変ですよね。ただし、これをジュースに加工する過程で、「13-oxo-ODA」が増えていることがわかり、トマトジュースだと、毎食、大きめのコップ1杯でいいそうです。それから熱を加えても変化しないので、トマトソースにしても、おでんの中に入れてもOKだというのはありがたいですね。

しかし・・・、ここで注意が必要。この成分、脂肪を燃焼させたり、肥満からくる糖尿病などの予防には効果がありそうですが、すでに太った人を痩せさせる力までは確認されていません。金先生いわく「体の脂肪燃焼のスイッチをオンにするのが13-oxo-ODAの働き」なんだとか。よって単純にトマトだけ食べ続ける「トマトダイエット」はだめだそうです。ただ、トマトにはこれまでにも知られている「カロテン」や「リコピン」など、体にいいとされる成分が豊富な食品。健康的な生活を基本にし、新たに分かったトマトパワーを加えれば、効果は期待できそうです。
こだわりトマト
一方で、世の中には「トマト嫌い」の人が結構多いような気がします。でも、ここのトマトを食べたら、世界が変わるかもしれません。大阪・高槻市でトマトを生産している『谷口農園』。手間と時間と愛情をかけて育てると、トマトってこんなにおいしくなるんだと、驚きました。一口食べただけで、まず果物のような甘さにびっくり。そして水っぽさがなく味が濃いこと。それでいてみずみずしく、程よい酸味が口に広がります。でも、品種自体は、私たちが普段食べているのと同じなんです。そのおいしさの秘密を谷口農園の谷口幸隆さんに聞くと「いじめていじめて、いじめぬくこと」だとか。それは、ほとんど水を与ない栽培法。枯れる手前、ギリギリのところで管理して育てることで、水っぽくなく果物に負けない糖度とうま味を持つトマトになるんだそうです。当然、そのためには手間も技術も必要です。土壌の管理、ハウスの室温など、試行錯誤を繰り返した成果です。なかなか味わえないトマト、高槻市柱本の農園では直売もされています。お近くの方はぜひ一度お試しあれ。

京大の研究チームによる新成分の発見は数年がかりで、それまで何度も挫折しかかったうえでたどり着いた発見でした。谷口農園さんのこだわりトマトも、長年のノウハウを積み上げて、ようやく生まれたおいしさでした。「トマトは一日にしてならず」そして「ダイエットも一日にしてならず」です。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
新!ミヤネ屋始動
2012-02-06 Mon 20:00
新スタジオ
きようから『ミヤネ屋』は、リニューアル。新コーナーがスタートし、セットも黄色を基調にしたものに一新、記念した「冬のミヤネ屋まつり」も開催中です。

いつもと同じスタジオでも、セットが変わっただけで、なんだかワクワクしました。学生時代の新学期か、進級をしたような感覚です。これからもっとワクワクするような番組をお届けできればと思います。

ちなみに先週、スマホデビューした私。これが初めてのスマホからの書き込みです。こっちはワクワクではなく、使いこなせずヘトヘトです・・・

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ボランティアがいないほうがいい?
2012-02-05 Sun 22:06
今週は、日本列島に強い寒気が入り込み、6年前の「平成18年豪雪」にも匹敵する大雪になりました。皆さんの地域は、大丈夫だったでしょうか。私は、その中でも3メートル近い積雪となった新潟・十日町市周辺へ・・・。普段、積もった雪を見ることののない我々関西からのスタッフは、到着し一面の雪を前に嬉しくなっていたんですが、それもつかの間。集落を少し歩いただけでも、雪国で暮らすことの過酷さ、抱える問題の深刻さが見えてきました。
新潟豪雪地帯
まず、家の周りや道路の雪かき、屋根の雪下ろし。してもしても、降り積もります。それを日中、こつこつ除雪しているのは、ほとんどがお年寄りでした。80歳代や90を超えたおじいちゃん、おばあちゃんが、スコップや雪を運ぶスノーダンプを手に、黙々と雪と戦っているのです。「屋根に上ったら危なくないの?」と心配した私に、80歳になるおじいちゃんは「何が危険なもんか、昔からやってて慣れてるから大丈夫さ、年季が違う」と自信満々に答えてくれました。でも雪で亡くなる人の多くが屋根から滑落するなど、除雪中の事故が原因なのは事実で、特に高齢者の比率が高いのです。息子たちは都会に出ていき、高齢のご夫婦だけで暮らしているとか、一人暮らしだというお年寄りが、やむなく自宅の除雪をしているのです。また、地元に残った子どもたちも、日中は働きに出ていて、結局、雪かきは年寄りの仕事になっているのが現実です。でも、この大雪では限界です。
雪かき
私も生まれて初めて、雪かきを体験しましたが、これが想像以上に体力を使い、全身運動なのです。それまで寒くて震えていたのに、10分もすると、ぽかぽかしてきます。でも、20分、30分と続くと、今度はへとへとです。年配者にはきつい仕事です。また、空き家など管理が行き届かない建物は、一度も雪下ろしがされず、倒壊の危険のあるケースもありました。業者に頼んでも、順番待ちでなかなか回ってこないという声も聴きました。行政の金銭的支援や都会からのボランティア派遣もありますが、とにかく、高齢化が進んだ地域では、圧倒的に若い人手が足りませんでした。
倒壊の危険
一方で、地元で共に助け合うシステムが機能しているところもありました。例えば、十日町市の川西地区。地元の商店会や青年団などの有志が集まって除雪ボランティア『夢雪隊(むせつたい)』を結成して17年です。高齢で雪下ろしができない地区の家を回って、7~8人で一斉に除雪をします。夫婦ふたりでやれば丸一日かかる作業が、数時間で完了します。まったくの無報酬で、お茶の一杯ももらわないので「夢雪隊=無接待」とかけてあるんだとか。代表の綿貫さんは「ボランティアのシステムを借りずに、地域で自然と助け合えればそれが一番。夢雪隊がなくてもいいような。支え合う地域になって、隊を解散するのが最終目標」とおっしゃっていました。日本中がそうなればどんなにいいでしょうか。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。