FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
「、」は大事です
2007-07-06 Fri 18:43
放送で「キラボシのゴトク」ということばを聞きました。そうそうたる顔ぶれが集まった時などに使われる表現ですね。これ、かつては“間違った表現”と教えられていました。でも今は辞書にも採用されていて、放送で使っても間違いではないようです。ただし、本来は「キラ、ホシノゴトク」、漢字で書くと「綺羅、星の如く」なのです。

ちなみに綺羅とは美しい衣服のことで、「キラ、ホシノゴトク」は『着飾った装いがキラキラと光って、まるで星のようだ』という意味だそうです。同じように「間髪を入れず」も「カンパツ」ではなく「カン、ハツヲイレズ」が正しいんですが、誤用が一般化しています。

“星”と言えば、あすは七夕ですね。年に一度、“おりひめ(織女 )”と“ひこぼし(牽牛)”が、天の川を渡ってデートすることを許された日。子どものころは、私も短冊に願い事を書いて笹に飾り付けるのが楽しみでした。

tanabata.jpg最近は、家庭で七夕をすることは少なくなったようですが、幼稚園の前や商店街では、色とりどりの七夕飾りを見ることができます。願い事を覗いてみると「おこづかいが、あがりますように」「仮面ライダー電王になりたい」「ニンテンドーDSがほしい」「ケンちゃんの、かのじょにしてほしい」など、ちょっとおませなお願いもありましたが、私たちのころと大して変わらないようです。

そんな中で、目に止まった願い事がこれ。

「おかあさんが、やさしくなりますように」

思わず笑ってしまいましたが、「もしかして幼児虐待?」とも心配になったり・・・、1枚の短冊に、しばし、さまざまな物語を想像してしまいました。そして最後は、この子の願いがかなうことを私も祈ったわけです。

考えてみると、最近、夜の空を見上げたことがありません。時にはのんびり星を眺めてみるのもいいかもしれません。あなたは、どんな願い事をしますか?

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | テレビに物申す | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し『宝塚BOYS』 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 「自信がない」だって?>>
この記事のコメント
#130 七夕飾り
毎年、わが家は笹を買い七夕飾りを娘と作ります。短冊に願い事を書き、笹に結び付けます。願い事は、ナイショですが(笑)。七夕当日は、雨が多くて…(残)。都会では、綺麗な夜空は見れないけれど七夕当日は、夜空に輝く星をみたいと願います。
2007-07-06 Fri 21:43 | URL | ひろまま #-[ 内容変更] | top↑
#131 ひろままさん
考えたら七夕って、素敵な行事ですよね。
はるか昔、子供のころの七夕の記憶もしっかり残っています。娘さんも、おかあさんとの七夕の思い出は、ずっと大切にすることでしょう。
くれぐれも「おかあさんが、やさしくなりますように」とは書かれませんように(^o^)
2007-07-06 Fri 22:54 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
#132 大丈夫でした(><)
「おかあさんが、やさしくなりますように」本当に、七夕の短冊に書かれる事のないようにしないと(笑)。メッセージを見て「そうだなぁ…」と。最近ちょっと、バタバタしていたので…(反省)。「星に願いを」の曲のように、心をゆったりとして、子ども達と接していきたいと思いました(笑)。何気ないメッセージも、感じ方ひつで違ってくる。本当に言葉は、不思議ですね!勉強になりました。藤村さん、ありがとうございました。m(__)m
2007-07-07 Sat 04:52 | URL | ひろまま #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/