FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
アナウンサーにとっての記念日
2007-08-13 Mon 14:35
今やアナウンサーの仕事は、さまざまなジャンルに及びますが、中でも昔から『花形』と言われているのが、スポーツアナウンサーです。最近は「バラエティや芸能系アナウンサーになりたい」「ニュースキャスター志望です」という新人もいますが、私のころは、アナウンサーを目指す男子学生のほとんどの憧れの的は『野球実況』。私のような情報番組志望は、少数派でした。

実はきょう、8月13日は、そんなアナウンサーにとっては記念すべき日なのです。今から80年前の1927(昭和2)年のきょう、甲子園球場から第13回全国中等学校優勝大会(現在の全国高校野球選手権大会)が、初めて実況放送されたのです。もちろんラジオ放送ですが、これが、現在のスポーツ中継のさきがけとなったわけです。

私の“積読図書”の中の1冊、『アナウンサーたちの70年』(講談社・1992年)に、当時ならではのエピソードが書かれています。それによると、NHK大阪放送局(BK)は、中継が実現する前の年から、甲子園球場を持つ阪神電鉄と交渉をしていたにもかかわらず、阪神側が、ガンとして許可をしなかったのです。反対する理由は「ラジオで放送されては、電車に乗って球場に来てくれる客が減ってしまう」というもの。今では当たり前の『甲子園中継』ですが、黎明期にはそんな心配をしていたんですね。年が明けて、主催の朝日新聞社が仲介し、ようやく話がまとまったそうです。

初の野球中継の電波に乗ったのは、札幌一中と青森師範の試合で、担当したのは魚谷忠アナウンサーでした。ちなみにこの方、元は銀行員で、アナウンサー応募の保証人は、銀行の支店長だったとか。『アサヒスポーツ』(特集号・1927年)には、当時の魚谷アナの実況が記録されています。

「ソラ、ボールツウ。ソラ、飛びました。3塁へ」

なんだか時代を感じますが、初のスポーツ中継で、メリハリをつけようと工夫した結果のようです。そして今では考えられませんが、大会8日間の実況をすべて、この魚谷アナウンサーが、ひとりで務めたそうです。さすがに4日目あたりから、声がかすれてきたと言います。

そんな苦労や努力のおかげで、少しずつ今のスタイルができあがったと思うと、大先輩たちに敬意を表さずにはいられない8月13日なのです。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | テレビに物申す | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<アナウンサーになるには・・・ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 半年を突破!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
今、ネット上で噂になっている安田美沙子のお宝ビデオ映像。以前からそんな噂はちょこ …
2007-08-16 Thu 17:12 安田美沙子のブログ。
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/