FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
アナウンサーになるには・・・
2007-08-14 Tue 10:16
「アナウンサーになるためには、何をしたらいいんですか?」

よく受ける質問です。相手は、大学3年生でいよいよ就職活動を始めようという人もいれば、高校生、中学生からも尋ねられます。就職が切羽詰った学生以外には「今のうちから目標ができたことは、あなたにとって幸せなこと。まずはボランティア、地域のイベント、アルバイトなど、何でもいいから、積極的に学校外の活動に参加してみよう」と答えています。学生の本分は勉学ですし、学生同士の関わりが深くなるのは当然ですが、私は最近の学生は、あまりにも『他の世代との関係』が希薄だと感じます。

それは面接をして、ひとこと、ふたこと会話すると、すぐ分かります。『ひとりよがり』の主張に、『ひとりよがり』のしゃべり。一方的に「自分はアナウンサーになるために、こんなことをやってきました」とアピールされても、しょせん学生活動の延長にしか聞こえません。アナウンサーにとって『ひとりよがり』は一番の敵です。

そんな学生よりも、社会の中で違う世代の人たちと関わり、何かを学んできた人の話は、面接官をしていても、つい聞き入ってしまします。保育園で実習した保育科の学生、介護ボランティアを通して出会った人たちのことを話した学生、地元商店街のイベントを手伝った学生・・・。決して、その話自体が特別に、おもしろかったわけではありませんが、発することばが活き活きとしているのです。伝えるために話しているので、『ひとりよがり』ではありません。子どもや、お年寄り、地域の人たちと関わってきた実体験が、そうさせているのは間違いありません。

上手にしゃべったり、読んだりするのがアナウンサーの仕事ではありません。『いかに相手に伝わるか』こそ大事です。そのためにも、さまざまな人たちとの出会いや関わりの経験が必要だと思うのです。もちろん、卒業すればいやというほど社会と関わっていかねばなりませんが、若い時代に、その経験をするのは特別なことです。私も、あの頃、多くの方々と出会ったことが、今の人生の原点になっています。その話は長くなるので、また別の機会に・・・。

「アナウンサー養成所で、アナウンスの実践的な勉強をしておいたほうがいいのか」とも聞かれます。これは一概に、どちらがいいとは言えませんが、それも社会との関わりだと思えば、私は勧めます。養成所ではアナウンサー受験の情報を手に入れやすいですし、何より同じ目標を持った仲間であり、ライバルたちと切磋琢磨できるメリットがあります。

実は私も今、大阪にあるアナウンススクールで、時々、講師をしています。ここでは、プロのしゃべり手を養成するために本格的なカリキュラムを組んで授業を進めていますが、生徒はアナウンサーを目指す学生はもちろん、すでにプロとして活躍している若手アナウンサーから、人前でじょうずにしゃべりたいという一般の方もいます。

出身地も年齢もさまざまな彼ら、彼女らに共通しているのは「目標を持って、がんばっている」ということ。そうすると「人間は輝いてくるんだ」ということを、教壇に立ってあらためて実感しています。興味がある方はぜひ、教室を覗いてみてください。刺激をもらえると思いますよ。

⇒サン放送アカデミー・ホームページ

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | テレビに物申す | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<誕生日です! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | アナウンサーにとっての記念日>>
この記事のコメント
#158 TBSの
世界陸上タスキリレーキャラバン中継をご存知ですか?
TBSの新人男子アナが全国を回ってタスキを集める中継なんですが、昨日熊本城からで出てきました!(笑) 1分足らずの中継ですが、チームワークのよさを感じました。男子アナの方も、とても気さくでアドリブがうまいというか、言葉の引き出しを多くもっていらっしゃるというか、やっぱり何か違うオーラを感じました。
2007-08-17 Fri 13:14 | URL | けい #-[ 内容変更] | top↑
#168 けいさん
全国各地をまわりながら、かけがえのない経験をし、アナウンサーとして成長しているんだと思います。それらは彼らにとって、おそらく一生、記憶に残るような体験のはずです。
2007-08-20 Mon 22:05 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/