FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
誕生日です!
2007-08-15 Wed 10:40
20070815103725.jpg中が茶色く変色してしまった1冊の文庫本。30年ほど前、中学生の時に買った『世界原爆詩集』です。児童や被爆者、詩人、学者などによる原爆詩180編あまりを集めた本です。

私の誕生日はきょう8月15日、終戦記念日です。そのためか、被爆地の広島や長崎のように特に平和学習が盛んでもない関西で育ったものの、子どもの頃から漠然と「自分は平和のために何かしなければいけない」と思っていました。原爆詩集を買ったのも、そんな思いの表れだった気がします。

しかしながら何か具体的な行動を起こすわけでもなく、過ぎていった学生時代。そして、偶然にも仕事で住むことになったのが、広島と長崎でした。そこでは、今でも街のいたるところで被爆の事実を感じることができましたし、すぐ身近におぞましい体験をした被爆者の方たちがいました。

特に長崎では、取材を通して多くの被爆者の方たちの話を聞き、その思いをテレビを通して伝えることができました。子どもの頃から感じていた「何かしなければ」のうちの、ほんの少しは実行できたのかもしれません。でもまだ消化不良で、モヤモヤして腹の底がすっきりしないのです。

『世界原爆詩集』の序詩の一編として、長崎の被爆詩人・故福田須磨子さんの作品『原爆を作る人々に ―抄』が掲載されています。

原爆を作る人々よ!
暫し手を休め 眼をとじ給え

もしもあなたの国で実験されたら・・・・・
やはりあなた方は私達を笑うだろうか。
父母も姉妹も そして親しい友も
実験用のモルモット以上に
生命を粗末にされ惨酷な死をとげた
あの原爆が 永遠の平和の警鐘なら、
人類の礎と むやみに嘆かないけど
何故に依然と その手を休めず
昨日よりは今日 今日よりは明日と
全人類の破滅へ急テンポに進むのだ。

原爆を作る人々よ!

今こそ ためらうことなく
手の中にある一切を放棄するのだ。
そこにはじめて 真の平和が生まれ
人間は人間として蘇ることが出来るのだ。


福田さんがこの作品を作ってから、そして私が初めてこれを読んでからでも、すでに何十年も経っているというのに、現実は何も変わっていません。個人の無力さ、被爆国としての日本の非力さ、そして人間の愚かさ・・・。それがモヤモヤの原因です。

ではいったい、今の自分に何ができ、何をすべきなのか。また『ふりだし』にもどって考え直します。毎年、そんなことをぼんやり考える誕生日です。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<「帰省」の意味を知ってますか | アナウンサー・藤村幸司BLOG | アナウンサーになるには・・・>>
この記事のコメント
#156 誕生日おめでとう!
誕生日おめでとう!何かステキなことがあるといいですね。藤村さんは、お兄さんです。藤村加桜里より
2007-08-15 Wed 18:07 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/