FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
多用禁止「~であります」
2007-08-29 Wed 11:30
「出ました!新記録達成であります」

スポーツ実況で口にすると、それっぽく聞こえ、ついクセになってしまうのが「~であります」ということばです。最近の放送では少なくなってきたように思いますが、それでもまだまだ健在です。そして新人アナウンサーたちは、どうしても形から入ろうとするので、この『あります実況』に陥りやすくなります。「~で、あります」と言えば、力強く聞こえたり、いかにも実況ぽくなるのですが、多用されると耳について不快です。

そもそも普段の会話の中で「~であります」なんて使うことは、ほとんどありません。元は幕末の江戸の町人が男女ともに使っていたことばらしいのですが、「自分は・・・兵団、・・・隊、二等陸士、○田×太郎で、あります」のように、明治以降、太平洋戦争までは軍隊ことばとして定着しました。1962(昭和37)年の『文研月報』(NHK放送文化研究所)によると、放送用語委員会において、「放送では、です、ますを原則とする」と決めたと書かれています。そのほうが、よっぽどスマートで、聞きやすいはずです。

今、普段の会話の中で「~であります」なんて使わないと書いたばかりですが、これが好きな方がいました。

「進めていく決意で、あります
「これも当然最重要で、あります
「私からは以上で、あります

改造内閣発足後の安倍総理の会見でのことばです。慎重にことばを選んでいるのはわかりますが、小泉前総理のことばが、コンパクトだったのに対して、いつも、だらだらとインパクトがないしゃべりに聞こえるのは、この「で、あります」も原因になっているのではないでしょうか。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | テレビに物申す | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<多用禁止「~でございます」 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | ひとり・一人・独り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/