FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
誰のためのデジタル化?
2007-09-13 Thu 15:27
バブルの頃には、まさか「潰れる」などとは想像もできなかった銀行、ゼネコン、百貨店など、大手一流企業の倒産、合併、再編のニュース。最近では耳にしても、まったく驚かなくなりました。それでも「テレビ局だけは別」という確信のない安心がありましたが、今やそうは言っていられない時代になっています。その一番の理由は、国の施策によって2011年7月に完全移行する『地上デジタル放送』にほかなりません。

民放連はきのう、地上デジタル放送に伴う全民放テレビ局の設備投資額が約1兆440億円になる見通しだと発表しました。4年前の試算より約3割も増えた額です。試算は、まだデジタル放送が始まっていなかった時点なので、スタートしてみたら、予想以上にお金がかかりそうだというわけです。これはローカル局では、1社当たり平均54億円の新規投資になります。

実際、私もデジタル化に向けた作業をしていましたから、これは、とんでもないお金がかかる事業だというのを実感として理解できます。これまでのアナログ機器はすべてお払い箱で、まったく別に新しい放送局を作るのと同じことなんですから・・・。平成になって開局した、いわゆる『平成新局』などは、ようやく開局時の設備投資を償却して、「いよいよこれから」という時に、新たな、それも莫大な借金を抱えねばならないわけで、まさに「生きるか、死ぬか」の存亡の危機を迎えています。

だから管轄する総務省は、ひとつの企業がいくつものマスコミを独占することを認めない『マスメディア集中排除原則』を見直し、体力のない地方局の合併の可能性も探っています。それは、地域内での系列局同士のケースや、同県内の他系列同士など、さまざまなパターンが考えられます。

合併にせよ、再編にせよ、相手より有利な立場にいるために、経営基盤を固めるのが先決であるのは言うまでもありません。そのために、経営者にとっては「いかにコストをかけずに、儲けるか」が一番になります。テレビ現場の人間は「視聴者に喜ばれる、質の高い作品を作りたい」と常に考えていて、その目的のためだけに、徹夜も休日返上もいとわない者も少なくありません。でも経営者に言わせれば、「いい作品なんて必要ない。売れる商品(番組)を作れ」ということになります。当然、視点は視聴者でなく、スポンサーです。

これでは、いったい「誰のための、何のためのデジタル化」なのか分からなくなります。でも私は、現場から「いい作品を作りたい」という気概がなくなった局から、衰退の道に進んでいくと信じています。そう思わないとやっていられませんし。今後、テレビ局再編は、どうなるんでしょうか・・・。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | テレビに物申す | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<とんびに油揚げ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | なんという度量の狭さ>>
この記事のコメント
話題がそれて申し訳ないです・・・。

いまさら、ヒトに聞けなくて・・・(T_T)

「御用達」と書いてなんと読むのでしょうか?
わたしは「ごようたし」と言っていますが、「ごようたつ」と言うヒトが私の周りにはたくさんいます。
「へへん・・・アンタ間違っているゼ」と密かに心の中でつぶやいていましたが・・・・先日、テレビを見ていたところ、あるタレントさんが「ごようたつ」と言っていました。でも、失礼ながらタレントだったので「ごようたし」・・・すなわち「自分」が正しいと思っていましたが・・・別の番組で、なんとアナウンサーが「ごようたつ」と言っていました・・・・。私、間違っていましたか???。
2007-09-14 Fri 11:47 | URL | AYA #-[ 内容変更] | top↑
#190 答えましょう
結論から言えば、放送ではどちらでもいいことになっています。ただし、優先順位があって①ゴヨウタシ②ゴヨウタツです。

でも、私が勉強し始めた頃のアクセント辞典(昭和41年初版・58年発行版)には、ゴヨウタシしか載っていません。その次の改定新版からは、ゴヨウタツも(  )付きで認められるようになっています。ちなみに私は、ゴヨウタシと言っていますが・・・

2007-09-14 Fri 19:10 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
#191 藤村さん、初めまして!
こんばんは。私は仕事の関係で、この4月から
晴れて長崎県民になりました。
>銀行、ゼネコン、百貨店など、大手一流企業の
倒産、合併、再編のニュース
テレビ局の合併も地上デジタル放送により、より
現実味を帯びてきたように感じてます。
私も前は熊本に住んでいたとき地元局の番組
モニターをやらせて頂いたことがあるのですが、
その時某局編成担当の方が、
「ローカル情報を守るためにも系列局ごとに合併・統合するより、県域で合併・統合したほうが良い。」と仰っていたのを今でも覚えております。
↑少しうろ覚えですが…。
ローカル番組も、昔に比べて冒険する番組が少なく
なったように感じますし、今後どうなってしまうのか?
一視聴者として今後を見守っていきたいと思とり
ます。
これからも時々寄らせて頂きますので、宜しく
お願いいたします。
2007-09-16 Sun 18:58 | URL | お台場バンザイ #-[ 内容変更] | top↑
#192 ズームインも・・・
ズームイン!!も、デジタル化の影響をもろに受けた番組であると思っています。制作費が嵩むだけあって素晴らしい番組でした。何といっても系列局全てが参加する日本最大級の番組でしたから。
今日のズームイン!!SUPERは祝日バージョンで、朝!時代の名残りの天気リレーをしていました。敬老の日にちなんだお年寄りを参加させてのリレーでした。
温度計に画面切り替え音と、懐かしんで見ました。
2007-09-17 Mon 15:21 | URL | ひろしま #2NU31nKA[ 内容変更] | top↑
なるほど・・・・
どちらも間違いじゃないのですね!安心しました。では、私は今までどおり「ごようたし」で・・・いきます(*^_^*)
ありがとうございました。

時代の流れとでも言うのでしょうか・・・日本語の表現もだんだんと替わっていくのでしょうか・・・。
テレビが白黒からカラーへ、そしてデジタル放送へと替わるみたいに・・・(ちょっと違うけど・・・(~_~;))
2007-09-18 Tue 17:56 | URL | AYA #-[ 内容変更] | top↑
>お台場バンザイ さん
ようこそ、長崎へ!
といっても、私はもう長崎県民ではないんですが。でも、嬉しいです。長崎にはいい場所がたくさんあります。おいしいものも、親切な人もいっぱいです。
離れてみると、余計わかるものです。どうぞ、長崎を満喫してください。

>ひろしまさん
ほんと、ズームってアナログ的な番組でしたね。そこが温かくてよかったんですよね。

>AYAさん
今、自分の答えを読み返してみると、「シ」も「ツ」もカタカナで書くと、区別がつきにくいですね。失礼しました。
2007-09-18 Tue 19:36 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/