FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
「時の人」を同時に目撃した日
2007-09-24 Mon 10:40
3年前の、2004年9月12日(日)は、劇団四季の“昭和の歴史三部作”の第3弾となる『ミュージカル南十字星』が開幕した日。『四季の会・先行予約』によって、幸運にもチケットを手にできた私は、東京・浜松町にある『四季劇場・秋』にいました。新作の、それも初日という特別な日、劇場内は何とも言えない緊張感が漂っていました。

幕が開いた舞台は、演出や装置のあちこちに人気のミュージカル『ライオンキング』や『アイーダ』の要素を取り入れたのかと思わせました。また脚本が、長ゼリフで、歴史を順番に説明しているだけ、ストーリーと音楽が融合されきっていない印象でした。正直、ミュージカル作品としての“力の無さ”に、がっかりしたのです。それでも『ブンガワン・ソロ』に代表される美しいメロディと、主演の阿久津陽一郎さん、樋口麻美さんら役者さんたちの熱演が光っていたのが救いでした。あくまで、これは初演初日の私の感想なので、その後、演出や脚本にも手直しが加えられたと思われます(再演を観ていないので何とも言えませんが)。インドネシアの日本軍兵士の物語は、テーマ自体はすばらしいので、チャンスがあればまた観てみようと思います。

きょうはミュージカルの話をしたかったのではありません。その初日の観客席で、今をときめく?『時の人』2人に遭遇したのです。ひとりは、きのう自民党総裁に選ばれた福田康夫さん。もちろん“ご招待”でしょうが・・・。そして、もうひとりは、福田さんとはかなり離れて、私の斜め前で観劇していた民主党の現代表・小沢一郎さんです。先日の会見で福田さんは小沢さんについて、「個人的にお話ししたことがない。エレベーターですれちがうぐらいだ」と語っていまいたが、その時も、お互いに(お付きの人たちが)上手に避けているように見えました。

このままいけば、福田さんが衆議院で、小沢さんが参議院で、それぞれ首相に指名されます。憲法の規定により、衆院の議決が優先され、福田総理が誕生して、いよいよ小沢民主との対決が始まります。はからずとも3年前に、たまたま劇場で見かけたお二人が、日本の政治のトップで戦うことになるのです。立場が変わり、状況も変わり、あの時のようには、避けて通るわけにはいかなくなりました。

さっそく福田さんは、小沢民主党との話し合いを強調していますが、政権奪取を狙う相手は、たやすく受けはしないでしょう。そこは国益優先で、火花を散らすことを大いに期待したいと思います。一方、お二人が観劇したミュージカルが訴えた「昭和の戦争と人間を語り継ぐ」というテーマは、与党、野党関係なく忘れないでいていただきたい。「日本は何をしてきたのか、そして今、何をすべきなのか」「政治が間違った方向に舵を取った時、国はどうなるのか」を。いびつな原爆症認定制度も、力を合わせて早く改善して欲しいものです。

そのためにも今度は、残る“昭和の歴史三部作”『李香蘭』と『異国の丘』でも、お二人、隣同士で観劇してみてはいかがでしょうか?

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<吉か凶か、その味の組み合わせ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 切っても落とせません>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/