FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
その記事、ちょっと待った!
2007-09-26 Wed 19:36
来年、設立55周年を迎える『劇団四季』は、その記念公演として、1月6日から『ミュージカル・ライオンキング』を福岡シティ劇場で再演すると発表しました。実は、私がミュージカル初心者に、まずお勧めする演目が、この『ライオンキング』です。ミュージカルの命であるダンスと音楽、そしてストーリーはもちろん、演出も衣装も装置も、どれをとっても万人を満足させてくれるエンターテイメントがコレ。ミュージカル食わず嫌いの人を“改心”させるだけのパワーが十分だからです。

また公演地の方言を取り入れたセリフも話題で、私も久しぶりに『博多弁バージョン』を観てみたいと思っていたので、福岡での再演は大いにけっこうなことなのですが、それを伝える新聞記事に、個人的に気に入らない表現があるのです。それは、今、公演中の『マンマ・ミーア!』についてのくだり。

「前売りがふるわず、今月末で公演を終える」(朝日07/09/11)
「入場者が伸び悩み、9月30日で千秋楽となる」(西日本07/09/11)

マンマ!ファンの私としては、これには黙っていられません。確かに、「劇団四季は福岡シティ劇場で上演中のミュージカル『マンマ・ミーア!』の公演を9月30日で終了する。マンマ・ミーア!は5月19日に開幕したが前売り券販売の不振で10月以降の公演継続を断念した。同劇場での後継の演目は未定。」(日経ネット九州 07/07/31)と報道された通り、入場者が伸びなかったことは事実ではありますが、「振るわず」「伸び悩み」と、こんなふうに書かれると、作品自体がおもしろくないと思われてもしかたありません。もちろん、けっしてそんなことはありません。これは、先に書いたミュージカルの命、ダンスも音楽も最高で、間違いなく、ハッピーな気持ちにしてくれる作品なのですから。

かと言って、福岡での不人気の理由は、一部に言われる「九州人は文化・芸術に疎い」なんていうことでもありません。やはり、そのクオリティの問題が一番だったのではないでしょうか?たぶん、どこでやっても、同じだったような気がします【マンマ・ミーア!については過去の記事を参照ください・・・  。劇場の存続すら危ぶまれる福岡シティ劇場、だからこそ、次回の『ライオンキング』は、四季の言う「舞台に立つことが許されたレベルの高いキャスト」によって、ミュージカルファンをもっと増やしてほしいと願うのです。来年の開幕に期待です。

そして、繰り返し言いますが、『マンマ・ミーア!』は、本来打ち切られるような作品ではありません。こちらもパワーアップした次回の再演に期待します。ああ・・・保坂知寿さん、お元気ですか?

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<アンチ石川遼? | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 吉か凶か、その味の組み合わせ>>
この記事のコメント
#205 同感です
またまた保坂さんのお名前に惹かれてお邪魔します。
今回のご意見、読みながらつくづく納得しました。
私も「マンマ・ミーア」は大好きです。
なぜ好きなのかと考えれば、
舞台を見ている間のどきどきわくわくに
ラストのカーテンコールで入り込めるような感覚を持てるからかもしれません。
四季があれほど大所帯になった今、
そのレベルの高さを維持するのはとても大変かを思いますが、
日々、その世界を目指してる子どもたちもいます。
だから福岡で是非ライオンキングが大盛況になってくれることを
祈りたいと思っています。
藤村さんのがんばってるお姿(お声?)を見せていただいて、
ありがとうございました。
2007-09-29 Sat 21:27 | URL | tizu #-[ 内容変更] | top↑
#207 tizuさん
そういえば、きょうが福岡マンマの千秋楽でしたね。今度はいつ保坂ドナに会えるでしょうか。いずれにしても磨きをかけた、再演を楽しみにしましょう。

ブログ拝見しました。私も久々に、今夜はふとんの中で『35ステップス』を聴いてみようと思います。
2007-09-30 Sun 17:44 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/