FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
半世紀たっても世界の・・・
2007-11-04 Sun 14:13
日本のアクションスターと言えば、千葉真一さん、倉田保昭さんくらいしか思いつきませんが、アメリカのエンターテイメント誌『Entertainment Weekly』が、最新号で「世界のアクションスタートップ25」という企画をしました。そのランキングは、以下の通り。

1位 ブルース・ウィリス(ダイ・ハード 1988年)
2位 シガニー・ウィーバー(エイリアン 1986年)
3位 ハリソン・フォード(レイダース 失われたアーク 1981年)
4位 メル・ギブソン(マッドマックス2 1982年)
5位 キアヌ・リーブス(マトリックス 1999年)
6位 ラッセル・クロウ(グラディエーター 2000年)
7位 チョウ・ユンファ(新・男たちの挽歌 1992年)
8位 アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター2 1991年)
9位 ウィリアム・ホールデン(ワイルドパンチ 1969年)
10位 ピーター・ウェラー(ロボコップ 1987年)
11位 ブルース・リー(燃えよドラゴン 1973年)
12位 マット・デイモン(ボーン・スプレマシー 2004年)
13位 エロール・フリン(ロビンフッドの冒険 1938年)
14位 ユマ・サーマン(キル・ビル vol.1 2003年)
15位 ジャッキー・チェン(酔拳2 1994年)
16位 ジャン・レノ(レオン 1994年)
17位 トム・クルーズ(M:i:III 2006年)
18位 シルベスター・スタローン(ランボー 怒りの脱出 1985年)
19位 バート・ランカスター(真紅の盗賊 1952年)
20位 アントニオ・バンデラス(デスペラード 1995年)
21位 アンヌ・パリロー(ニキータ 1990年)
22位 カート・ラッセル(ニューヨーク1997 1981年)
23位 ショーン・コネリー(007/ゴールドフィンガー 1964年)
24位 スティーブン・セガール(沈黙の戦艦 1992年)
25位 三船敏郎(七人の侍 1954年)

日本人として、唯一ランクインしたのが『世界のミフネ』でした。それも、50年以上前の作品で。改めて、「ミフネ」「クロサワ」の世界での評価が分かります。先月放送されたフジテレビの「SMAP×SMAP」にゲスト出演したアラン・ドロンさんが、かっこいい男として名前をあげたのも三船敏郎さんでした。「彼は私にとって神のような存在だった。とても尊敬し、忘れることのできない人。ミフネは日本の兄だった」と語っていました。

三船敏郎、アランドロン、そしてチャールズ・ブロンソンという日仏米のスターが共演した映画『レッドサン』を、子どものころテレビで見ました。ストーリーは、西部劇に日本のサムライが登場して、刀と銃が闘う・・・というくらいしか覚えていませんが、「日本人なのに外国の映画に出て、それも対等に演じている」ことに、幼いながら誇りを感じました。

最近では『三船美佳さんのお父さん』と言われることが多い『世界のミフネ』ですが、強くて、すごみがあって、それなのに愛嬌もあって、魅力的な俳優さんでした。アメリカの雑誌で取り上げられて思い出すのは申し訳ない気がしますが、無性にミフネの映画を観たくなりました。



『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<人生を左右した一冊(1) | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 祝・茂山千作さま>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
ダイ・ハード4.0
 あの“運の悪い男”ジョン・マクレーンが帰ってきた! シリーズ最新作『ダイ・ハード4・0』特別編(初回生産分限定特典ディスク付2枚組/3990円・税込み/20世紀FOX)が、好評発売中。  今度の敵は、交通、通信、金融などアメリカのインフラをジャック... …
2007-11-09 Fri 19:38 本ナビ!by Tamecom
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/