FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
お大事に・茂山千作さま
2007-11-08 Thu 16:30
11月3日のブログに、私のあこがれの人物、人間国宝の狂言師・茂山千作さん(87)が文化勲章を受章したことを書きました。高齢とはいえ、舞台ではいつも若々しい千作さんが、あの日、文化勲章の親授式では、車いすを使っているのを見て驚いたのですが、その理由が分かり、驚きました。

なんと、肋骨(ろっこつ)を骨折していたというのです。

千作さんは2日朝、公演先の東京都内のホテルで転倒。痛みをおさえて、その夜の国立能楽堂の公演をつとめ、さらに翌日の親授式に出席していたのです。そして5日の皇居・宮殿での茶会にも出席し、京都に戻ってから骨折が判明したのだとか。診断によると全治1か月半という大けがです。

骨折したまま舞台を務めていたなんて、さすが『プロ根性』といったところかもしれませんが、狂言独特の発声をするのに、どれほどの痛みをこらえていたのかというのは、想像に難くありません。年内の舞台は休演し、回復次第、舞台に復帰する予定だそうです。年明けの公演を観に行こうと計画していた私は残念でなりませんが、何はともあれ、十分養生していただき、そして再び、お元気な姿を拝見できることを願います。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<苦労は買ってでもすべきか | アナウンサー・藤村幸司BLOG | “まきふん”は芸術だ>>
この記事のコメント
#231 茂山 千作 さん
こんにちは。茂山千作さんの骨折の記事を読んでいて、ふとブログを読みました。岐阜県高山市で日之本元極という気功教室で講師をしています。

私たちの受講生にも茂山千作さんの講演を観るように勧めています、それは、天地のエネルギーを受け取って演技されているからです。

以下に、日之本元極を主宰している増田庸文先生の「気功講座」をご紹介します。詳細は、ホームーページにあります。www.hinomoto-genkyoku.com

見事な立ち方、歩き方(ホームページお知らせ)2007/2/1

階み」の教科書の中で、きちんと立ち方、歩き方の解説をします。
そこで、見事な歩き方、立ち方の人々をご紹介しています。以下転載しますので参考にしてください。  増田庸文

現代でこれらの立ち方、歩き方を、完全に出来る人は、世界にほぼ6名しかいません。

 天地に繋がっている、真っ直ぐに中脈が通っている、重心移動がぶれない、常に膝・足首に緩みがある、などの条件を満たすには、神仏の存在を信じ、高い徳性を保っていなければ出来ることではありません。

 それらの一つだけ、二つだけというなら、何人かは存在するでしょう。しかしそれでもそうなる為には並み大抵のことではありません。

 例えば、野球のイチロー選手は、立ったときには見事に天地に繋がってはいます。しかし走り方など速くは走りますが、現代的なスポーツ走法です。また、いろいろな所作のときまで、中脈の天地までの繋がりが確実ではありません。もっとも本人はそんな意識を持っているかも不明ですが・・・・。

 6名とは、歌舞伎の中村芝翫(しかん)さん、能楽の脇役・宝生閑(かん)さん、狂言の茂山千作さん、琉球舞踊の宮城能鳳(のうほう)さん、日本舞踊の花柳寿南海(としなみ)さん、そしてもうひと方も、日本舞踊をなさっている方ですが、全くの無名で知られていません。

皆さん、上に上げたような条件を満たしながらも、非常に個性的な歩き方をなさっています。それぞれ非常にご高齢です。機会が有りましたら、なるべく早い時期に、それらの方々の芸を見て、その歩き方・立ち方を比べてみてください。
2007-11-10 Sat 11:59 | URL | 細川 明美 #8efRrEo.[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/