FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ラッキーバンクにチャリン!
2007-12-14 Fri 15:18
『電車にて(2)』のつづきです。私が電車で席を譲るのは、偽善でもなければ、高尚な理由があるわけでもありません。単に『自分のため』です。なぜ自分のためなのかを紹介します。

実は、こう考えるようになったのは、ある人のことばがきっかけです。その人とは今、舞台『座頭市』(演出・三池崇史)で、初舞台にして初座長を務めている俳優の哀川翔さん。彼が、その舞台のPRのために出演していた番組で言っていた話です。

哀川さんを慕って集まってくる仲間たちの間には“ルール”があるのだそうです。そのひとつが「ゴミをまたぐな」。つまり、ゴミに気づいているのに、そのまま見過ごすのは許さない。「またぐなら、拾え」ということです。さらに「トイレットペーパーが無くなっているのに、そのままにしていたらボコボコにする」なんていうのも。つまり「自分だけが良ければ、それでいい」というのを戒めているわけです。その理由として、哀川さんは、こんな説明をされました。

ラッキーバンク(直訳すると幸運銀行かな)っていうものがあって、人は、ひとついいことをすると、1個のラッキーコインが、チャリン!と貯金されていて、逆に、何か幸せなことが起きたときには、そのコインを使っている。だから、ラッキーなことを起こすためには、いいことをしてラッキーコインを貯めておかなければいけない」

日本のことわざで言えば、情けをかければ回り回って自分に返ってくる「情けは人のためならず」ということでしょうが、哀川さんの言う、この『ラッキーバンク』という考え方が、分かりやすくて、ストレートに伝わってきました。その話を聞いてから、行きの電車で席を譲ったら、その日、帰りの電車に乗り遅れたのですが、事故があったとかでダイヤが乱れていて、まったく待つことなく乗れた上に、いつもより早く着いてしましました。また、おばあちゃんの荷物を網棚に上げてあげて、自分の荷物を下ろした瞬間に、無くしたと思っていたアクセサリーがサイドポケットからポロッと出てきたりもしました。

単純な私は、これは「ラッキーバンクだ」と信じました。そして、何か「ついてるな」ということが起きたら、コインを使ってしまったので、また貯めねばと思うのです。だから席を譲るのも、「本当に疲れているときには座れますように」という下心がある貯金、『自分のため』なのです。

大したことでなくてもいいのです。下心を持っていてもいいのです。ちょっとだけいいことをしてみてください。その瞬間に、チャリン!と音が聞こえるはずです。


『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ちょっぴり精神医学を学ぶ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 電車にて(その2)>>
この記事のコメント
#251
哀川翔さんって、考え方も男前でかっこいいんですね。
昔、おばあちゃんが「 良いことも悪いことも全部お天道さんが見よってやから、自分に返ってくるんやで。誰かがどこかで見よってやから、普段から良いことするんやで」とよく言ってたです。ラッキーバンクとなんか似てます。
ラッキーバンクの話を教えていただいたことも、私にとってのラッキーです。ラッキーをひとつ使ってしまったのでまた何か良いことをして貯金しておこうと思います!
2007-12-14 Fri 19:03 | URL | 姫ちゃん #-[ 内容変更] | top↑
#252 姫ちゃん
そうです、こういう人を「男前!」って言うような気がしました。今度、哀川さんの著書を読んでみますから、いいことばがあれば、また紹介しますね。
2007-12-16 Sun 11:18 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/