FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
隣の家にも銃があるかも
2007-12-16 Sun 11:15
佐世保の銃乱射事件では、自殺した容疑者は、殺された男性とは無二の親友で現場に誘い出していたこと、家族や近所の住民は以前から、容疑者の異常な言動に気づいていたことなど、事件の輪郭が明らかになるたびに、ますます憤りと不安が募ります。いったい2人の間に何があったのか、真相の解明が待たれます。亡くなった方は無念でしょうし、現場にいた子どもたちをはじめ多くの人たちも、どれほど恐ろしい思いをしたのでしょう。十分な心のケアも必要です。

それにしても『無差別殺人』ではなかったと分かっても、こんな身近に『銃』が存在していて、市民が巻き込まれる可能性があることは、恐ろしくてなりません。長崎市の伊藤一長市長銃撃も悲しく、許せない事件でした。佐賀・武雄市の病院では、入院患者が男に拳銃で撃たれ死亡した人違い殺人も起きました。ただ、どちらも容疑者が暴力団員で、使われたのは不法の銃。だから暴力団と銃の取締りを強化すべきだと思っていました。でも今回は違います。『普通の家』『堂々と許可された銃』が何丁もあったのです。

日本は、世界でも銃の規制が格段に厳しい国だと思っていました。しかし今回、銃所持についての手続きや更新について初めて知りましたが、意外に簡単に持てるのだと感じます。職業として狩猟や射撃競技で銃が必要な人がいるのはわかりますが、この際、原則として『一切の銃所持は禁止』にできないのでしょうか。原則禁止の上で、持つための資格を強化すべきだと思うのです。長崎県警では容疑者に散弾銃所持の許可を与えたことについて「審査は適正だった」と繰り返しています。まさに今の制度に限界があることを証明しています。

この事件が起きるまでもなく、銃は大量殺人が可能な凶器にもなりえます。日本に存在する、許可された猟銃は30万5100丁空気銃は3万3900丁。知らないだけで私の近所にもあるかもしれません。はたして、このうち、本当に必要な銃は何丁あるのでしょうか。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アナウンサー的麻生太郎分析 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | ちょっぴり精神医学を学ぶ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/