FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ジャパネットの高田社長はすごい
2007-03-14 Wed 00:01
あの時、テレビの前で手を合わせ祈りました。
「うまくいきますように・・・」

午前10時54分、高知空港。前輪が出ないままの全日空機は、二つある後輪だけで胴体着陸。乗客乗員合わせて60人に、けがはありませんでした。滑走路と機体との摩擦で火花を出しながらも、ゆっくりと止まった飛行機を見て、思わず涙がこぼれました。原因究明と再発防止は徹底的にやってもらわねば、おちおち飛行機に乗れませんが、とにかく皆さん、無事で良かった。

ところで、こんな突発の出来事があるときほど、速報性が武器のテレビ局は腕の見せ所。いわゆる『カットイン』と呼ばれるもので、突然画面が報道センターに切り替わり、アナウンサーが「番組の途中ですが・・・」と言って、臨時ニュースを伝えるアレです。悔しいですが、一番早いのはNHK。番組をすぐ切り替えて、速報体制を組みました。専門家や現地の記者の報告も入り、状況をタイムリーに伝えます。全国、ほぼ同じ放送をしているNHKだからできる対応といえるかもしれません。

民放局は、そう簡単にはいきません。一番は、スポンサーの問題。特にこの昼前の時間は、民放各局は、全国ネットではない独自の番組を編成していることが多く、中でもローカル局は、テレビショッピングが目立つ時間帯です。それを飛ばして、ニュースを放送するというのは、広告収入で成り立っている民放にとっては、かなり思い切った判断を必要とされるわけです。キー局や系列局との連携も必要だし、1分1秒を争う判断を下さなければ、放送事故にもなりかねません。

きょう、長崎の某民放局では、カットインをせずに予定通りの番組を放送しました。担当者に聞けば、今回はスポンサーの問題だけではなく差し替えが難しい状況もあったようです。そして番組表通り放送されたのが『ジャパネットたかたテレビショッピング』でした。この時間は佐世保のスタジオからの7局ネット・生放送。いつもは元気いっぱいの高田明社長は、番組の冒頭に、全日空機がたった今、無事に着陸したことを繰り返し伝え、戸惑った表情で、こんなことばを付け加えました。

「テレビショッピングをやっている場合ではないんですが、番組変更ができないのでやります」と・・・。

この時点で高田社長も、今どこで放送していて、どこで取りやめているのかは分かっていなかったと思います。私はこれこそが「ジャパネット人気の秘密」であり、また放送局に勤める人間にも求められるポイントを含んでいると思うのです。

「今、視聴者は何を求めているのか」「お客さんが必要としているものは何か」高田社長が常に考えていることが、今回とっさに出た「テレビショッピングどころじゃない」という発言になったのです。商売ありきの社長ならば、いくらポーズだけでも、あのことばはでないはず。それは言わずとも画面から伝わるものです。以前、高田社長にロングインタビューしたときに感じた「お客さん本位」の精神を、きょうの何気ないひとことで思い出しました。

別窓 | テレビに物申す | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<言霊・・・ことだま | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 懐メロなら自信ありますが・・・>>
この記事のコメント
#17
高田社長ですか!
やさしいですねぇ~

たまにみてて、いいな!って思う商品良くありますね!
海外の通販番組なんか見てられない。。

結構、じゃぱネット好きですね
でも一度も買ったことないですw
2007-03-14 Wed 16:32 | URL | a,t #-[ 内容変更] | top↑
#18 a,tさん
ジャパネットのテレビショッピングって、退屈しないですもんね。ジャパネットの自前スタジオで生放送の現場を見たことがあるんですが、それはもう、すごかったですよ。
また、機会があれば、その時のことも書きますね。
2007-03-14 Wed 21:57 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/