FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
とりあえずの精神
2008-01-12 Sat 01:37
先日、ファミリーレストランで、まだ4~5歳くらいの男の子が、注文を取りにきたウェイトレスに「とりあえず、コーラ!」と言っているのを聞いて噴き出してしましました。それはまるで、仕事帰りのお父さんたちが居酒屋で「とりあえず、生中!」と言っている口調そのままだったのです。たぶん大人の「とりあえず」を真似してみたのでしょうが、まったく子どもの観察力はあなどれません。

ところで、この「とりあえず」ということば、何となく「その場限り」で「いい加減」といった悪いイメージがありませんか。本腰を入れて何かをする前の、中途半端な状態が「とりあえず」のような。でも実は、人が生きていく上で「とりあえず」って、とても重要な考え方だと思います。したい仕事が見つからないから「とりあえずフリーター」という若者が、バイト先で天職と出会うこともあるでしょう。そんな大きな話ではなく、何から手をつければいいか分からない部屋の掃除でも、目の前のものから「とりあえず」片付けはじめるっていうのは基本です。

何をしたらいいか分からなくなるときは誰にでもあります。優先順位を思案するあまり、いつまでも足踏みしていれば、一向に前進しません。あれこれメニューで悩んでいて宴会が始まらないのと同じように。そんな時は「とりあえずビール」と注文すればいいのです。

最近、若い人たちに相談されたら「とりあえず、やってみたら」とアドバイスしています。嫌なこと、気が乗らないことは、無理する必要はありません。嫌々やってもうまくいくはずがないのですから。でも、「できるかどうか自信がない」とか「どちらでもいいかな」とか思っているなら、迷わず「GO!」です。先のことなんか、誰にも分からないのです。とりあえずやってみて、ダメだと分かったら、それでよし。違うと感じたら、それもよし。分かっただけでも収穫、つまり前進したことになるのですから。

振り返ってみると、私も今まで「とりあえず」の繰り返しだったような気がします。とりあえず目の前のことを、ひとつひとつこなしてきただけです。ところが、そのときは「とりあえず」だったことが、積み重なると、いつのまにか案外、大きなものに成長していたりします。やりたいことが、すぐできるのが一番ですが、私のような、いつも「とりあえず」でも、なんとかなります。

迷ったり、じっとしているよりは、「とりあえず」の精神で一歩前に出てみませんか。

『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~ユタと不思議な仲間たち(1) | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 点と丸の話(2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/