FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
これって、どうなのよ
2008-02-05 Tue 08:54
空気が読めない人のことを「KY」、これは、かなり市民権を得てきました。発祥は若者ことばですが、最近はおじさんのほうが使っている気がします。それにしても、ちまたでは意味不明の『ローマ字式略語』が増殖中です。「JK」は「冗談は顔だけにして」、「SKN」が「そんなの関係ない」だって。雑誌で特集されたり、『笑っていいとも!』にコーナーが誕生したりと、一種のブームですね。

ついに、そんなローマ字式略語439語を収集したミニ辞典『KY式日本語』(大修館書店)が、今月7日に出版されます。編著者は、あの国語辞典『明鏡』の編者である北原保雄先生ですから、分析や解説もおもしろそうです。

例えば「パンツにシャツイン」の「PSI」。その項には、シャツの裾をパンツ(ズボン)のなかに入れて着ること。「ストーンウォッシュのダボダボジーンズ、これにPSIで完璧」野暮ったい着方の代表とされる。ことにジーンズやチノパンなどのカジュアルな服装ほど、「PSI」だとダサいとされる・・・との解説に加えて、さらに詳しい分析があります。

高校生の一部で使われている表現。「イカ東」(いかにも東大生)も、この着方が特徴とされる。昭和40年代、ジーンズにTシャツの若者は幅広のベルトをきっちり締めてシャツインしていた。ゴルフ場でパンツにポロシャツの年配男性は必ずと言っていいほどシャツインしているように、年配者はシャツの裾を外に出すことはみともないと考えがちだ。しかし「PSI」の受け取り方は世代や時代によって正反対の評価となる。なお、現在でもシャツの裾を出すことを禁じる校則を設ける学校があるようで、男子学生たちは危険を冒しながらもシャツインの原則に抵抗している。(以上引用)

こんなまじめな解説が笑えます。そうそう、私も子どものころはシャツはズボンの中が常識、ズボンは思いっきりひっぱり上げて、はかされましたっけ。ぽっちゃり系は「PCK」、ずっと待ってるが「ZM」、「ZZ」がずうずうしい、「OTK」は音立てて食うな、「MK5」はマジキレる5秒前、だそうです。まぁ、仲間内で使うには楽しいのでしょうが、本当に使っている人がいるんでしょうか?みなさんKDY(これってどうなのよ?)。


『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<まさかの再会 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | また1年の始まりです>>
この記事のコメント
う~んと年下の友達からのギャル文字、アキバ系メールよりかはマシかと・・・今日も略語のメールに軽い頭をフル回転で解読にがんばっている私・・・です。OTZ←がっくりの意(だと思います)
HK(話は変わって)、「PSI」ですが、スタイルの良い人のPSIはとてもお洒落だと思います。
あ・・・わたしはダメですけど(~_~;)
2008-02-05 Tue 18:38 | URL | AYA #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/