FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ことばのプロとしたことが・・・
2007-03-18 Sun 00:00
前を走っていた車に書いてあった「特撰・県産品」の文字を見て、隣にいた友人が、ぽつり。

「特撰と特選はどう違うんだろう?」

「しんにょうの特選は、特別に選びぬいたっていうニュアンス、手偏の特撰は、選び抜いたうえに、人に推薦するという意味がこめられているんじゃないの?」

と、実に適当に答えたら、「さすが、ことばのプロフェッショナル!」と持ち上げられてしまいました。だから気になって帰ってすぐ『広辞苑』を開いたら、全く違ってました。(泣)

【特選】
①特別に選抜すること。特別に選抜されたもの。
②美術展覧会などで特に優秀と認めた作品をいう称。

【特撰】
①特に入念に作ること。また作られたもの。
②念を入れて選び出したもの。

わかったようで、よくわかりませんが、手偏のほうには、「作ること、作ったもの」という意味があるようです。

スッキリしないので、今、私のお気に入りの辞書『明鏡国語辞典』を引いてみると、こちらのほうがまだ明瞭。

【特選】
①多くの中から特にすぐれたものとして選び出すこと。また、そのもの。特撰とも。
②展覧会・コンクールなどで、審査の結果、特にすぐれていると認められたもの。

【特撰】
すぐれた銘柄として特に念を入れてつくること。また、そのもの。

とあって、やはり手偏の撰には「つくる」という意味合いが入っているようです。だから県産品は『撰』のほうが、手間隙かけてつくった逸品!という感じが伝わっていいのでしょう。ただし『撰』は常用外漢字です。

これまでにも原稿を書くときに、使い分けに悩んだ漢字は少なくありません。「混ざる」と「交ざる」とか、「卵」と「玉子」、「交代」と「交替」など。今は、パソコンで入力していると、似たことばの意味まで教えてくれ、その中から適当なものを選ぶだけでよくなったので、なかなか覚えなくなってしまいました。また漢字は書くのではなく打つ時代ですし。それだけに、あえて辞書を引く癖、つけないといけませんね。


別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<財産<名誉<勇気 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 夢はパラダイス・その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/