FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
寒さの中にも春が来た
2008-02-19 Tue 13:50
17日に投開票された京都市長選で、前の教育長・門川大作さんが初当選しましたが、次点の弁護士・中村和雄さんとの差は、わずか951票という大接戦。新聞やテレビのニュースは「薄氷勝利」と表現しました。極めて危険な状況に臨むことのたとえを「薄氷を踏む」と言います。冷や冷やしながらも、何とかしのいだ感じが伝わります。

ところで、春(2月)の季語にも『薄氷』があります。でもこの場合は「はくひょう」ではなく「うすらい」と読みます。春先、寒さが戻った朝などに、水たまりや池に張った薄い氷のことで、決して分厚い氷ではないあたりが、冬から春への季節の微妙な変化を表していると思います。

でも、江戸時代には『薄氷(うすらい)』は冬の季語でした。これを春に変えたのが高浜虚子だと言われています。「薄い氷」ということばから早春のほうがふさわしいと判断したのです。本格的な春を待つ気持ちもにじみ出る『薄氷(うすらい)』という響き、素敵だと思いませんか。

『寒中見舞い』はご存知でしょうが、『余寒見舞い』は聞いたことがありますか?暦は春なのに、まだまだ寒さが残っている今の時季の天候を『余寒』といい、『寒中見舞い』のあと、立春から2月末くらいまでに出す手紙が『余寒見舞い』というわけです。このほかのも『春寒』『冴え返る』など、冬と春の間の微妙な寒さを表すことばがいくつかあります。まだまだ寒いことに変わりはありませんが、その寒さの中にも、これらのことばを通して、小さな春を感じ取れるのではないでしょうか。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<まっ先に国が守るべきもの | アナウンサー・藤村幸司BLOG | もう、そんな季節ですね>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
京都市長選
【ダイエットブログ】愛されるHAPPYボディに大変身しちゃう魔法のレシピ実録96 …
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/