FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
舞台は楽し~コーラスライン(1)
2008-02-23 Sat 19:33
ふと気がつくと、ミュージカルナンバーを口ずさんでいます。自然と、その時の自分の心境に合った曲を選曲しているようです。局アナ時代、本番のスタジオに向かう廊下で、発声練習を兼ねてよく歌っていたのが、ミュージカル『コーラスライン』から『WHAT I DID FOR LOVE』、邦題『愛した日々に悔いはない』です。

♪悔まない 選んだ道が  どんなにつらく
  この日々が むくわれず 過ぎ去ろうと
  泣かないわ 好きだからこそ 
  命燃やした この日々に 口づけして
  別れよう  (中略)

  悔まない 好きだからこそ 命燃やし
  すべてを捨てて 生きた日々に 悔いはない
  ひたすらに この道を・・・ (劇団四季版より)

仕事をしていると、辛いこと、苦しいことにぶち当たります。やめたくなること、挫折も経験します。でも、そんなときにも、この歌のように結局は「好きだからこそ」頑張ってこられた気がするのです。だから自らを鼓舞するときに、どこからともなく聞こえてくるのが、このメロディなのです。

『コーラスライン』は、ダンサーのオーデションの話。華やかなショービジネスの裏側を題材にした、いわゆる『バックステージもの』です。ブロードウェイの新作舞台出演を目指す若者たちが、演出家で振付師のザックに“素の自分”をさらけだしていく過程が物語の軸になっています。

ですから豪華なセットもありませんし、ラストシーンを除いて華やかな衣装も出てきません。ミュージカルとしては、かなり地味な作品ですが、その分、心の奥にズシリとくる感動があります。何度も涙がこぼれそうになります。ダンサーの物語ながら、彼らの生き方が、観る人誰もの人生にオーバーラップできるからでしょうか。

オーデションの途中で一人のダンサーが足をけがします。そしてザックは、ほかのダンサーたちに「もし、自分が踊れなくなったらどうするか」と尋ねます。それに対して、演劇学校で劣等生扱いされていたディアナが「だれも安定を求めてここにいない。みんな好きだから」と『愛した日々に悔いはない』を歌うのです。くうっー!泣ける。

と、たしか何度か観た劇団四季の舞台を、このように記憶していますが・・・

つづく



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<かっこいい!おばあちゃん | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 同じ漢字でも読み方によって・・・>>
この記事のコメント
#305 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-02-24 Sun 23:37 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/