FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
五輪代表になるまでには・・・
2008-03-11 Tue 11:13
北京オリンピックのマラソン代表選手が、きのう発表されましたね。女子は野口みずき選手、土佐礼子選手という有名アスリートとともに、前日の名古屋国際で、マラソン初挑戦にして初優勝を果たした中村友梨香選手(21)の名前がありました。中村選手は兵庫県立西宮高校(県西)の卒業生。県西には5年先輩にアテネオリンピックの代表、坂本直子選手もいて、陸上の強豪校です。

県立西宮高校
私はきのう、『情報ライブ ミヤネ屋』の取材で、その県立西宮高校に行ってきました。そして日本陸上競技連盟による代表選手の発表を、校長室のテレビで、校長先生、中村選手のお母さん・宮子さん、それを取り囲んだ大勢の報道陣と一緒に見守りました。ちなみに、そのとき皆が注目していた番組が『ミヤネ屋』です。

発表時刻は午後3時の予定。15分前にはテレビの前にスタンバイしたお母さんは、じっと『ミヤネ屋』の画面を見つめています。まだ芸能情報のコーナーでしたが、お母さんは司会の宮根さんのギャグにも、ひとつひとつうなずきながら真剣に見ていました。その様子を見ていたら、こちらまで緊張と期待感が高まってきます。

ところが、会見がなかなか始まりません。「あと10分」「あと5分」と延びるたびに、溜息がもれます。その間、『ミヤネ屋』は別のお気楽なコーナーを放送していきましたが、それらもすべて、校長室に詰めかけた全員が、静かに真剣に見つめていました。これ、冷静に考えると、ちょっと異様な雰囲気です。

そして約25分遅れで、ようやく日本陸連の会見が始まったのです。中村選手の名前が発表された瞬間、お母さんは、喜びというより、ほっとした表情に見えました。そして感謝のことばに加え「これからが、もっと大変。より一層練習に打ち込んで欲しい」と話されたのですが、ここに長年、中村選手の厳しい練習を見守り、陰で支えたお母さんならではの思いを感じました。

私はきのう朝、8時前には県立西宮高校に到着したのですが、その時間にはすでに陸上部が朝練で学校周辺をランニングしていました。後で聞くと、朝7時からの練習が、陸上部の伝統だそうで、中村選手も高校時代は毎朝、ここを走っていたのだそうです。

陸上部の顧問の先生から、「朝7時に練習をスタートするためには、6時30分には登校していなければならず、そのためには、部員は何時に家を出なければならないか、それを毎日続けることはどんな大変なことなのか」との話を聞きました。放課後の練習に加えて、早朝の練習。それが一部の特別な選手だけではなく、当り前のこととして毎日続けてきたところに、県立西宮高校の強さの秘密があるのでしょう。

私は中村選手のお母さん・宮子さんに、そのことを聞いてみました。電車で通っていた中村選手は毎朝5時50分の電車に乗っていたそうです。お母さんは、「起きられなくて、行きたくないと言って、私に怒られ泣いたことも何度もありました」と教えてくれました。これはほんのひとつのエピソードですが、数々の努力を積み重ねて代表に選ばれた中村選手と、それを見守り支えてきたお母さんの姿を想像して胸が熱くなりました。

ところで、この宮子さん、実に明るくて楽しいお母さんなのです。私は今回の取材で、中村選手とともに、すっかりお母さんのファンにもなってしまいました。北京オリンピックが楽しみです。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<待ってました! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 風邪ひきました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/