FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
一件落着?新常用漢字
2008-07-16 Wed 09:07
「子どもに教えるべきなのか」と、もめた漢字「俺」も結局、“当選”となったようです。日常使う漢字の目安として決められている『常用漢字』1945字が27年ぶりに見直されていましたが、ようやくその内容が決まりました。文化審議会の漢字小委員会は、普段よく使う「誰」や「頃」「闇」「溺」など188字を新たに加え、一方で、あまり使われなくなった「銑」「錘」「勺」「匁」「脹」の5字を外しました。以前、このブログでも取り上げた大阪の「阪」、奈良の「奈」、熊本の「熊」など、府県名の漢字も、ようやく常用入りを果たしました。

漢字小委員会は2004年から3年間、新聞や雑誌、書籍864点から漢字を全て抜き出し、よく出てくるものから順位を付け上位3500位までの中から、追加候補を選んでいました。私は文化庁の担当者に直接、話を聞きましたが、作業には大変な手間と時間がかけられています。その分析の結果、常用外にもかかわらず、一番頻度の高かった漢字は、私の苗字の一字「藤」。これは、主に固有名詞で使われていることから今まで外されていたそうですが、晴れて常用漢字となりました。
常用漢字調査

先日、『ミヤネ屋』の『ニュースアサ漬け』のコーナーで取り上げた際には、現在常用漢字となっていて除外候補になっている「匁」「錘」などについて、意見が分かれました。ゲストの松尾貴史さんや高木美也子さんは、文化的な意味もあるし「残すべき」との主張。一方、司会の宮根さんは「こんなん、どこで使いますのん?ひらがなで書けばよろしいやん」との意見。結局、当初は除外候補だった「斤」(パンを数えるときに使いますよね)は、食品業界で使われていることから残りましたが、他は除外となって、宮根さんの意見が通った?かっこうになりました。

かつて「漢字をやめてしまおう」という時代もありました(ブログ『もしも漢字がなかったら 』参照)。でも、新常用漢字選定のニュースのおかげで、改めて漢字について見直した方も多いのではないでしょうか。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大変なことに・・・ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | くいだおれ最終日のこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/