FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
おもしろ発言封印と言いながら・・・
2008-09-11 Thu 18:01
北京オリンピック柔道男子100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧選手と、体操男子団体で2位になった鹿島丈博選手が、けさ、母校である大阪市の清風学園に凱旋するとのことで、『ミヤネ屋』でも取材しました。いまや石井選手と言えば、ユニークで奔放なコメントを連発して「石井語録」ができるほどの人気者。マスコミ各社も、そんな石井ワールド炸裂を期待して集まっていました。

ところが、石井選手が到着して私が直撃インタビューしてみると、意外な答えが・・・。

「自分は路線を変えたので、おもしろいキャラクターはやめようと思います。もう、おもしろいことはしません。ふてぶてしいキャラでいきます」とのこと。

実は、きょうは“お目付け役”として、石井選手が恐れる?斉藤仁監督もいっしょだったのです。石井選手は「それは関係ない」と言っていましたが、最近の絶好調石井節に、「ほどほどに」と注意があったのだと思います。

石井慧選手
そして3300人の後輩を前にあいさつが始まりました。冒頭から今までのイメージとは違ったまじめなあいさつ。路線変更の宣言通り・・・かと思ったら、やはり持ち前のサービス精神がそうさせたのでしょうか。後輩たちにこんなことを話しはじめました。

「人生を生きるにあたって、いくつかのアドバイスをしたいと思います。ひとつは、絶対に保証人にならないこと。二つめは、たばこを吸わない。健康と財を失います。そしてネクタイは上までしめることです」

取材陣はみんな「??????」でしたが、清風学園の先生や生徒たちは大爆笑。この3か条は、校長先生が朝礼でいつも言っていたことだそうで、石井選手もずっと守っているんだとか。うーん、石井選手、笑いのツボわかってます。

斉藤監督は、何となく怖いイメージがありましたが、実際に話してみると、とても素敵な方でした。自由に石井選手におもしろいことをしゃべらせろという意見もあるでしょうが、「石井には人間的にも、金メダリストとして成長してほしいし、大事に育てていきたい」と語るように、「石井節封印」も、マスコミにおもしろ発言だけがクローズアップされている愛弟子を心配する親心を感じました。また会見では、汗びっしょりの石井選手の頭を斉藤監督がハンカチで拭いてあげるシーンも。実にほほえましくて、「監督は怖い」と言いながら、師弟の固い信頼関係を見た気がしました。

石井選手の意外な一面を知ることもできました。あいさつの中にたびたび出てきた「神仏に感謝して」ということば。家には仏像をコレクションしているそうで、北京から帰国後にもらった1週間の休みには、必勝祈願をした神社にお礼まいり行っただとか。とても信心深い若者なんです。何だか、あの坊主頭が、ありがたくも見えてきました。

母校訪問の後は、大阪市長特別表彰を受けるため、大阪市役所へ。ここでは、石井ワールドを披露していました。これまで「自分は侍、もののふなんで」と言っていた石井選手、今度は動物になりました。平松市長から「子どものころから柔道は得意だったの」と尋ねられ・・・

「例えば、トラやオオカミは、ウサギを狩りするのに、訓練はしません。自分はトラやオオカミなので、練習をしなくても勝てました」

これには、市長も大笑い。でも、人一倍練習熱心な石井選手だからこそ、さらっと言えるセリフなのかも知れません。おもしろいだけではない、人間的な魅力も感じさせる石井選手。まずは来月の国別団体戦での活躍を祈っています。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | お仕事履歴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「もしも・・・」が現実に! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し『宝塚BOYS』 再演>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。