FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ごきげん!映画『マンマ・ミーア!』
2009-01-30 Fri 23:56
これこそ「待ちに待った」というのでしょう。ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』が、ようやく日本にやってきました。2年ほど前、制作が発表されたときからワクワクドキドキ。そして去年7月には欧米をはじめ世界各国では、とっくに公開されていたのに・・・。噂だけを耳にしていて、まだかまだかと待っていました。そして世界で最後に、夏の映画にもかかわらず、真冬の日本で、きょう待望の公開初日を迎えたのです。

というわけで、どしゃ降りの中、たった今レイトショーを観てきました。この映画は、言わずと知れたABBAの曲を使った“ジュークボックス・ミュージカル”を映像化したもの。このブログでも何度も書きましたが、私の大好きなミュージカル作品のひとつで、舞台版は日本の劇団四季をはじめ、アメリカ・ブロードウェーでも、イギリス・ウエストエンドでも幾度となく観てます。はたして映画は、舞台では限界のあるエーゲ島の小島の風景や、物語の奥行きを、どんなふうに見せてくれるのか?そして何より、作品の持つ魅力をしっかり表現しているのか?やや心配しながら座席に腰をおろしました。

でも始まってしまえば、そんな細かいことなど考えず、ABBAのナンバーに身をゆだね、とことん楽しんでしまいました。途中で何度も“拍手”しそうになりましたし、知っているフレーズは口パクで歌っていたり、自然と体でリズムを取っていたり。今も、ABBAのナンバーが頭の中で鳴り響いています。映画ならではの味付けや演出はありましたが、作品の持つテンポとリズム、ノリノリ感は舞台版そのまま。それもそのはずで監督は舞台版を演出したフィリダ・ロイド。これが長編映画初メガホンだとか。さらに振り付けも舞台版を手がけたアンソニー・ヴァン・ラーストです。

私が今まで観たドナ(主役)の中では、一番の年長であるメリル・ストリープですが、さすが。パワフルながら繊細なドナ像を作り出していました。またソフィ(ドナの娘)のアマンダ・セイフライドは、まさにソフィのイメージ通りです。元気でかわいい。舞台版で一番好きなシーン“♪ヴーレ・ヴー”も、一緒に腰を振りそうになりましたし、舞台での名物カーテンコールも用意されていて、舞台を見慣れているファンも納得するでしょう。エンドロールが流れ、終わるのが寂しくなった映画はこれが初めてかもしれません。

最近、時間がなくて映画はDVDで観ることも多くなっていたのですが、、やはりこの作品は、大スクリーンで、大音響で観るのが一番です。実はきょう、無理して初日に映画館に行ったのは、ちょっと元気をもらい気分だったから。同じように、近頃、充電不足の人、ぜひ映画館へ。パワーをもらえますよ。帰り際に「サントラ買おう」とか「明日も見に来よう」という声をたくさん聞きました。

DATA
映画『マンマ。ミーア』原題:Mamma Mia!
2008年アメリカ映画
監督:フィリダ・ロイド
脚本:キャサリン・ジョンソン
振付:アンソニー・バン・ラースト
出演:メリル・ストリープ/ピアース・ブロスナン/コリン・ファース/
ステラン・スカルスガルド/アマンダ・セイフライド/ドミニク・クーパー/
ジュリー・ウォルターズ/クリスティーン・バランスキー
上映時間:1時間48分



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<裸の男と炎のまつり・蘇民祭 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 仰天!まことちゃんルーム>>
この記事のコメント
#386 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-25 Wed 22:48 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/