FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ダチョウが人類を救う!?
2009-02-09 Mon 00:00
日本中でインフルエンザが猛威を振るっています。『ミヤネ屋』のスタッフにも、インフルエンザが蔓延していて、順番に次々とかかっているような状況です。ですから、外でのロケよりも、社内でのマスクのほうが欠かせません。さらに今年は、抗インフルエンザ薬のタミフルが効かないウイルスが広がっているそうですし、近い将来に出現するとみられる『新型インフルエンザ』の恐怖も高まるばかりです。

そんな不安を解決してくれる研究が進められていると聞いて向かったのが、神戸市の山の中。その場所には、遠くから見ても、かなり大きくて黒い生き物がうじゃうじゃ動いていました。そして近づいてみてびっくり。その生き物とは、これ!
ダチョウ

ダチョウです。

京都府立大学大学院の塚本康浩教授が、さまざまなウイルスを撃退するための抗体を、ダチョウに作らせる方法を見つけたのです。これまでは、マウスやウサギに無害化したウイルス(=抗原)を注射し、体内で作られた抗体を取り出していました。これだと取れる量が少なく、手間もかかっていたのですが、ダチョウの卵から取り出すことで大量生産でき、コストは4000分の1になるそうです。そのほかにも、ダチョウならではのメリットがたくさんあって、本格的に実用化されれば、いいことだらけ。30年後、塚本教授がノーベル賞受賞なんていうこともあるかもしれません。塚本教授は、研究者だから気難しい人なのかと思いきや、まったく逆。とても気さくで楽しい先生でした。ロケの合間には、同世代でもあるので子どものころ見たアニメや特撮ヒーローものの話で盛り上がってしまいました。
マスク

薬となるのは、もう少し先のことになりそうですが、ダチョウ抗体を使ったマスクはすでに発売され、品切れ続出の大人気となっています。これまで高機能のマスクは繊維の目を細かくして、ウイルスの侵入を防いでいたのですが、そのため息苦しさがありました。一方、ダチョウ抗体マスクは考え方から違います。マスクに染み込ませた抗体が、入ってくるウイルスや病原菌を弱めたり退治したりしてくれるのです。だから実際に、つけてみるとフィットしているのに、息苦しさはまったくありません。

詳しくはきょう2月9日の『情報ライブ ミヤネ屋』で。
集団ダチョウ

ところで、ダチョウって近くで見ると、怖いんです。その大きさもさることながら、目がギョロっとしていて、大きなくちばしには噛まれるし、ものすごい勢いで走ってくるし・・・。突進されそうにもなったのです。それまで怖がっていた私に「大丈夫です」と言っていた塚本教授ですら、真っ先に逃げたんですから、その時の私のパニックぶりは想像できるかもしれません。撮影していたカメラマンは、よだれたらして笑ってましたが・・・。薄情な!


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』



別窓 | お仕事履歴 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<みどり先生からのチョコレート | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 四半世紀ぶりの味>>
この記事のコメント
#382
あれは、演出ではなかったのですね。
冷静な藤村さんが、慌てふためくなんててっきり。。。
と思ったんですが(>_<)
2009-02-12 Thu 22:51 | URL | たま #-[ 内容変更] | top↑
#383 たまさん
動物相手ですから、打ち合わせもできませんし・・・
あんなに暴れるとは、先生も想定外だったようです。
だからこそ、おもしろいんですけどね。
2009-02-16 Mon 20:44 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/